国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine. 53(5)(616)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
    • 1940~1949 (36)
    • 1950~1959 (88)
    • 1960~1969 (123)
    • 1970~1979 (120)
      • 1970 (12)
      • 1971 (12)
      • 1972 (12)
      • 1973 (12)
      • 1974 (12)
      • 1975 (12)
      • 1976 (12)
        • 53(1)(612) [187]
        • 53(2)(613) [185]
        • 53(3)(614) [198]
        • 53(4)(615) [188]
        • 53(5)(616) [181]
          • 急死特集/p1275~1351
          • 急死の実態/p1275~1282
          • 救急病院から / 三井//香児 ; 都築//正和/p1275~1279
          • 法医学の立場から / 牧角//三郎/p1280~1282
          • 急死の判定 / 松倉//豊治/p1283~1287
          • 急性心臓死 / 戸嶋//裕徳 ; 的場//恒孝/p1288~1293
          • ポックリ病 / 吉村//三郎/p1294~1298
          • 脳血管障害における急死 / 荒木//淑郎 ; 寺田//章/p1299~1304
          • 呼吸困難--喘息死を中心として / 吉田//亨 ; 光井//庄太郎/p1305~1310
          • 副腎不全 / 高岡//善人/p1311~1314
          • 急性中毒 / 徳臣//晴比古/p1315~1319
          • 異物誤嚥--最近10年間の国内報告例より / 高橋//政見 ; 森満//保 ; 柳田//とも子/p1320~1324
          • 検査と急死 / 丸山//俊之 ; 山崎//晴一朗/p1325~1330
          • 麻酔中の心停止 / 恩地//裕 ; 天野//勝 ; 武沢//純/p1331~1335
          • 外傷と急死 / 吉永//和正 ; 中作//修/p1336~1341
          • 小児の突然死 / 小田//禎一/p1342~1346
          • 激症感染症--致死的経過をとる小児感染症 / 藤田//虎夫/p1347~1351
          • 食道癌--私の歩んだ道(最終講義) / 中山//恒明/p1352~1358
          • 乳癌治療の現況 / 遠藤//敬一 ; 泉雄//勝/p1359~1364
          • 消化性潰瘍の治療適応 / 加藤//寛幸 ; 宮崎//逸夫 ; 西田//良夫/p1365~1368
          • 肺炎の治療 / 宇塚//良夫 ; 松本//慶蔵 ; 鈴木//寛/p1369~1375
          • 小児の悪性固形腫瘍の長期生存例--予後に及ぼす因子と生長発育の諸問題 / 池田//恵一/p1376~1384
          • 小脳テント上病巣による同側性片麻痺 / 石川//進/p1385~1388
          • 腎移植術の麻酔管理 / 田中//博文/p1389~1394
          • 慢性肝疾患の肝機能に及ぼすUrsodeoxychol酸の影響--一施設二重盲検比較対照試験ならびに肝血流に及ぼす影響による検討 / 宮地//一馬/p1395~1403
          • 福岡市における溶連菌の現状--小児患者における群・型分類および薬剤耐性パタ-ン / 小田//禎一 ; 新宮//光二/p1404~1408
          • Verapamilによる虚血性心疾患の治療 / 石川//兵衛/p1409~1413
          • 巨大陰性T波を示した肺結核合併糖尿病性昏睡の一例 / 大江//宣春/p1414~1417
          • ヒトの癌と遺伝(他科のために) / 宇都宮//譲二 ; 浜口//秀夫/p1418~1425
          • 新生児全身性HERPES SIMPLEX VIRUS(Typel)感染症の一剖検例(剖検所見から) / 矢野//応志/p1426~1430
          • 読者のページ 開業医としての私が思い考えた中から / 吉田澄彦/p157~158
          • 処方―私の考え方 肺線維症 / 長野準/p159~160
          • 処方―私の考え方 気管支拡張症 / 吉田稔/p160~161
          • 処方―私の考え方 慢性膵炎 / 安部宗顕/p161~161
          • 急死 / 古川//一郎/p1436~1446
          • 青ページ 医療の受け方教育 / 河盛勇造/p1~2
          • 赤ページ ヒポクラテス(5) / 森優/p1~2
          • 慢性肝炎(活動性)に対するSNMCの治療効果 / 岡上//武/p1447~1451
          • ラテックス凝集反応を応用したスライド法妊娠診断試薬(Gestate Slide)の臨床成績 / 中村//元一 ; 楠田//雅彦 ; 尾上//敏一/p1452~1454
          • 長期透析患者に対する乳糖分解酵素剤の効果 / 入江//康文/p1455~1459
          • 多剤併用療法の化療効果--特にMFC療法の延命効果を中心に / 鎌田//哲郎/p1460~1464
          • トラジロ-ルを使用した急性前骨髄癌症の症例--DICに対するトラジロ-ルの効果 / 伊藤//健次郎/p1465~1473
          • 急性白血病患者の細菌感染症に対するSulbenicillin大量療法 / 吉川//治哉/p1474~1478
          • 筋萎縮および脱力を示した神経疾患に対するPantethine投与と酵素化学的観察並びに筋病理所見 / 伊東//亨 ; 小沢//英輔 ; 二宮//嵩寛/p1479~1482
          • 鎮静催眠剤Flurazepamの使用経験 / 長浜//遠/p1483~1488
          • 尿自動分析器"オ-ションアナライザ-" / 織田//直/p1489~1492
          • Urokinase-DAIGOによる血栓溶解に関する基礎的研究 / 大原//到/p1493~1496
          • Spiroperidol注射剤の臨床評価 / 坂口//信貴 ; 西園//昌久/p1497~1501
          • 高尿酸血症の治療とアロプリノ-ル / 角田//博美/p1502~1507
          • リラシリンの臨床応用--特に子宮頚癌術後の投与 / 松山//敏剛 ; 杉森//甫/p1508~1512
          • Potassium Gluconate(Kalium gluconate)(グリコン酸カリウム)の使用経験 / 白井//洸/p1513~1520
          • 麻酔前投薬としてのクロキサゾラムの客観的評価--二重盲検法による副腎皮質機能を中心として / 松本//明知/p1521~1526
          • Butropium Bromide(コリオパン)の臨床的鎮痛・鎮痙効果 / 郡//大裕/p1527~1532
          • リゾチ-ムの喀痰漿液化作用の臨床的検討--二重盲検による比較 / 伊藤//文雄/p1533~1536
          • 胃潰瘍の再発に関する研究--gefanil投与症例の再発状況の調査研究成績 / 伊藤//綏/p1537~1543
          • Single Radial Immunodiffusion法におけるα-Fetoprotein測定の検討--特にFPプレ-トエ-ザイを用いて / 小山//富嗣 ; 大屋//敬彦 ; 大屋//文彦/p1544~1546
          • 悪性リンパ腫へのパラメゾンの使用--その電解質代謝に及ぼす影響 / 上川路//睦博 ; 東//秀史 ; 服部//行麗/p1547~1549
          • 胃潰瘍患者に対する薬物療法の検討--特に攻撃因子,胃液抑制因子としての頻回投与法の試み / 奥田//萩憲 ; 福井//興/p1550~1557
          • Peptostreptococcusによる亜急性細菌性心内膜炎の一例 / 村上//光/p1558~1561
          • レダコ-トクリ-ム新基剤(LC77A)の治験 / 須貝//哲郎/p1562~1565
          • 向精神薬投与中にみられる洞性頻脈に及ぼすβ-遮断剤アドビオ-ルの臨床効果 / 玉沢//昭/p1566~1570
          • 海外文献 前大脳動脈領域の硬塞による失語症ほか / 九州歯科大学内科/p297~299
        • 53(6)(617) [192]
        • 53(7)(618) [193]
        • 53(8)(619) [199]
        • 53(9)(620) [185]
        • 53(10)(621) [187]
        • 53(11)(622) [196]
        • 53(12)(623) [202]
      • 1977 (12)
      • 1978 (12)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicineの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3426733/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。