国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine. 56(1)(648)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
    • 1940~1949 (36)
    • 1950~1959 (88)
    • 1960~1969 (123)
    • 1970~1979 (120)
      • 1970 (12)
      • 1971 (12)
      • 1972 (12)
      • 1973 (12)
      • 1974 (12)
      • 1975 (12)
      • 1976 (12)
      • 1977 (12)
      • 1978 (12)
      • 1979 (12)
        • 56(1)(648) [206]
          • 新しい老人医療特集/p1~144
          • 特集によせて / 相沢 豊三/p1~4
          • 老化の本態(老化学説) / 吉川 政己/p5~10
          • 老化とホルモン / 井林 博 ; 加藤 堅一 ; 土師 正文/p11~16
          • 生物学的年齢の推定をめぐって / 古川 俊之/p17~23
          • 老人の栄養 / 桂 英輔/p24~29
          • 老年病診断の問題点/p30~98
          • 精神障害 / 稲永 和豊 ; 永田 利安/p30~35
          • 脳血管障害 / 佐古 伊康/p36~42
          • 心疾患 / 杉浦 昌也/p43~47
          • 腎疾患 / 丸山 実 ; 八木沢 希樹 ; 木下 康民/p48~55
          • 代謝性疾患 / 平田 幸正/p56~60
          • 呼吸器疾患 / 原沢 道美/p61~64
          • 老年者消化器疾患診療の問題点 / 竹本 忠良/p65~70
          • 眼科領域 / 樋渡 正五/p71~77
          • 耳鼻科領域 / 隈上 秀伯/p78~81
          • 老人の整形外科的疾患--腰部脊椎管狭窄症について / 山本 真 ; 糸満 盛憲/p82~88
          • 尿路疾患 / 石沢 靖之/p89~94
          • 老年者における感染症の問題点 / 真下 啓明/p95~98
          • 麻酔 / 恩地 裕 ; 美馬 昂 ; 野坂 修一/p99~104
          • 高令者治療における特殊性 /
          • 手術適応と合併症 / 横山 育三 ; 平岡 武久/p105~111
          • 輸液 / 安井 俊行 ; 加藤 暎一/p112~118
          • 薬物療法 / 杉本 民雄 ; 梅原 千治/p119~125
          • 老人看護の実際 / 日野原 重明/p126~129
          • 新しい老人医療の試み--社会医学的側面から / 田中 多聞/p130~135
          • 老人の精神衛生 / 桜井 図南男/p136~139
          • 高齢者の死因と老衰 / 竹下 司恭 ; 尾前 照雄/p140~144
          • 痛風診療の問題点 / 御巫 清允 ; 西岡 久寿樹/p145~147
          • 食道・胃境界領域癌とその治療 / 西 満正/p148~156
          • 血友病の診断と治療 / 吉岡 章 ; 福井 弘/p157~163
          • 妊娠と再生不良性貧血 / 松浦 俊平 ; 西村 敏雄/p164~167
          • 老年者の慢性関節リウマチ / 奥田 正治/p168~172
          • 術後高カロリ-輸液における脂肪乳剤の至適投与法 / 加固 紀夫/p173~180
          • 山口県におけるHB抗原保持者に関する疫学的検討 / 宮崎 正子/p181~185
          • 腹腔内ヘルニアによる腸閉塞症の一例 / 奥平 恭之/p186~188
          • 胃空腸横行結腸瘻の一例--本邦報告例27例の文献的考察 / 原口 増穂/p189~193
          • 無菌性髄膜炎を伴う亜急性壊死性リンパ節炎の二例 / 佐藤 能啓/p194~198
          • 脳転移を来したヘパト-ム(私の診療経験から) / 山形 敞一 ; 当麻 忠/p199~200
          • 私のカルテから(私の診療経験から) / 大島 良雄/p201~203
          • 水分過剰の診療(治療の実際) / 篠田 晤 ; 由利 健久/p204~207
          • 肺癌と鑑別困難であった胸部大動脈瘤(胸部X線の診かた) / 加地 正郎 ; 市川 洋一郎/p208~212
          • 心電図のページ 心電図一例一話(13) / 森博愛/p213~214
          • 老年者医療事故防止と安楽死問題の動向(医師の法律) / 穴田 秀男/p215~219
          • 処方―私の考え方― 気管支拡張症 / 原耕平/p220~220
          • 処方―私の考え方― 骨髄腫 / 小鶴三男/p220~222
          • 処方―私の考え方― 小児の大発作てんかんの治療 / 大田原俊輔/p222~222
          • プライマリ-ケアにおける現在の医療 / 平野 桂樹/p223~232
          • 青ページ 医療資源の開発と厚生行政の新しい展開 / 武見太郎/p1~2
          • 赤ページ 梅毒の歴史(1.日本の梅毒) / 森優/p1~2
          • 麻酔前投薬の経口化に関する臨床的研究 / 松木 明知/p233~235
          • 体液性抗潰瘍剤「ウガロン」の胃・十二指腸潰瘍に対する臨床評価 / 西原 春実/p236~239
          • 頭部CTにおける60%meglumine iothalamate(60%コンレイ)の使用経験 / 前原 忠行 ; 八代 直文/p240~247
          • Diphenylhydantoinが著効を奏したRapid Auricular Fibrillationの二例 / 安次富 郁哉 ; 本田 正節 ; 鈴木 信/p248~254
          • 臨牀経験 小児気管支喘息に硫酸ヘキソプレナリンの頓用成績 / 高崎好生/p255~256
          • 労作性狭心症に対するダイアリコ-ル(Etafenone hydrochloride)の効果 / 沢田 恂 ; 藤木 精二/p257~260
          • 慢性気管支炎,気管支喘息に対するBerotec(Thl 165a)錠の治験成績 / 小橋 泰之/p261~266
          • 二重盲検法によるSch 1000の気管支喘息に対する吸入効果についての検討--主として肺換気機能について / 直江 弘昭/p267~271
          • 気道感染症とTalampicillin Hydrochloride / 前田 文彦/p272~279
          • 振動病患者へのATP顆粒剤の臨床的効果 / 的場 恒孝 ; 楠本 尚夫/p280~284
          • トリアムテレン(トリテレン)の降圧効果に関する治験 / 高野 隆/p285~289
          • 慢性便秘症に対するVrsodeoxycholic Acidの使用経験 / 小林 昌樹/p290~293
          • アンダ-ムクリ-ムの尋常性乾癬に対する使用効果 / 松尾 聿朗/p294~296
          • Bromazepamの使用経験--神経症・うつ病群および精神分裂病に対する効果 / 山田 通夫/p297~304
          • 変形性膝関節症に対するボルタレン坐剤の臨床評価--多施設二重盲検法による検討 / 広畑 和志 ; 梁 復興/p305~316
          • Hexoprenalineの基礎的研究--そのβ刺激作用の評価 / 上羽 康之/p317~321
          • 狭心症に対する塩酸Diltiazemとβ-blocker併用効果の検討 / 内藤 政人 ; 本田 正節/p322~328
          • L-dopa単独による治療が困難となったパ-キンソンニズムに対するCarbidopaとL-dopaの長期併用療法 / 海老原 進一郎/p329~335
          • 骨髄腫に対するACNVを含む多剤間歇併用療法 / 菊岡 正和/p336~341
          • 海外文献 妊娠と高血圧,低血圧ほか / 九州歯科大学内科/p342~343
        • 56(2)(649) [197]
        • 56(3)(650) [207]
        • 56(4)(651) [207]
        • 56(5)(652) [210]
        • 56(6)(653) [210]
        • 56(7)(654) [211]
        • 56(8)(655) [215]
        • 56(9)(656) [215]
        • 56(10)(657) [215]
        • 56(11)(658) [215]
        • 56(12)(659) [216]
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicineの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3426765/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。