国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Molecular medicine : 分子医学を臨床へ. 31臨時増刊号(421)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Molecular medicine : 分子医学を臨床へ
    • 1990~1999 (99)
      • 1993 (12)
      • 1994 (13)
        • 31(1)(409) [73]
        • 31(2)(410) [71]
        • 31(3)(411) [55]
        • 31(4)(412) [59]
        • 31(5)(413) [59]
        • 31(6)(414) [67]
        • 31(7)(415) [68]
        • 31(8)(416) [60]
        • 31(9)(417) [56]
        • 31(10)(418) [60]
        • 31(11)(419) [59]
        • 31(12)(420) [59]
        • 31臨時増刊号(421) [204]
          • I トランスジェニックマウスの基礎と方法論 //p8~59
          • 1. マウスの解剖図譜と器官系の発生 / 大谷浩/p8~20
          • 2. マウス初期胚発生の概略 / 中辻憲夫/p22~29
          • 3. マウス染色体地図の作製と応用 / 松田洋一/p30~38
          • 4. トランスジェニックマウスとターゲティングマウスの方法論概略 / 山村研一/p39~43
          • 5. トランスジェニックマウスの新しい方法論 //p44~59
          • 5-a マウス始原生殖細胞の性質と発生工学への応用 / 松居靖久/p44~48
          • 5-b 凝集法によるキメラマウス作製 / 森山真子 ; 山村研一/p49~53
          • 5-c 標的遺伝子組換えの新しい戦略―自在な標的遺伝子置換法 / 権藤洋一 ; 中村健司 ; 中尾和貴 ; 勝木元也/p54~59
          • II 疾患モデルマウスの実際 //p62~359
          • 1. 発生にかかわるモデルマウス //p62~81
          • 1-a Hox遺伝子関連のトランスジェニックマウス / 千坂修/p62~68
          • 1-b Wnt遺伝子関連のノックアウトマウス / 阿部訓也/p70~74
          • 1-c Pax遺伝子とそのミュータント動物 / 大隈-山下典子/p75~81
          • 2. ゲノムインプリンティングのモデルマウス / 佐々木裕之 ; 浜田剛/p82~87
          • 3. 脳・神経系疾患にかかわるモデルマウス //p88~113
          • 3-a 行動異常マウス / 八木健/p88~93
          • 3-b カテコールアミン神経系関連のトランスジェニックマウス / 小林和人 ; 永津俊治/p94~100
          • 3-c Alzheimer病のモデルマウス / 荒木栄一/p102~106
          • 3-d プリオン病のモデルマウス / 勝木元也/p107~107
          • 3-e 家族性アミロイドポリニューロパシーモデルマウス / 山村研一/p108~113
          • 4. Waardenburg症候群II型のモデル・microphthalmiaマウス――新転写因子遺伝子MITFのクローニング / 橘正芳/p114~121
          • 5. 皮膚疾患にかかわるモデルマウス / 若杉正司 ; 小野友道/p122~129
          • 6. 骨・筋・コラーゲンの疾患モデルマウス //p130~146
          • 6-a 筋疾患,筋細胞研究のモデル動物 / 鍋島陽一/p130~137
          • 6-b 骨軟骨コラーゲン異常モデルマウス / 中田研 ; 妻木範行 ; 木村友厚 ; 小野啓郎/p138~146
          • 7. 高血圧のモデル動物 / 深水昭吉 ; 杉山文博 ; 村上和雄/p148~154
          • 8. 肝疾患モデルマウス―肝癌,肝炎 / 樋野興夫/p156~160
          • 9. 生殖巣の発生・分化とモデルマウス //p162~174
          • 9-a テラトーマのモデルマウス / 花岡和則/p162~167
          • 9-b 生殖巣の発生・分化と生殖細胞形成関連のモデルマウス / 小清水右一・中辻憲夫/p168~174
          • 10. 腎・泌尿器疾患のモデル動物――腎癌 / 樋野興夫/p176~181
          • 11. 糖尿病モデルマウス / 宮崎純一 ; 田代文/p182~187
          • 12. 血液疾患のモデルマウス //p188~202
          • 12-a ヘモグロビン関連疾患のモデルマウス / 服巻保幸/p188~194
          • 12-b 白血病,悪性リンパ腫関連のモデルマウス / 本田浩章 ; 平井久丸/p195~202
          • 13. 免疫系のモデルマウス //p204~239
          • 13-a B細胞免疫不全症モデルマウス / 北村大介/p204~208
          • 13-b 免疫グロブリン遺伝子―再構成,発現と自己免疫モデルマウス / 清水章/p210~215
          • 13-c T細胞レセプターのトランスジェニックマウスとノックアウトマウス / 糸原重美/p216~222
          • 13-d HLA遺伝子トランスジェニックマウス / 高田肇 ; 猪子英俊/p223~231
          • 13-e TL遺伝子トランスジェニックマウス / 小幡裕一 ; 土井了 ; 笠井謙次 ; 高橋利忠/p232~239
          • 14. 代謝疾患のモデルマウス //p240~250
          • 14-a オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症のモデルマウス / 森正敬/p240~246
          • 14-b チトクロームP450関連のモデルマウス / 鎌滝哲也 ; 横井毅 ; 勝木元也/p248~250
          • 15. 0⁶-メチルグアニン-DNAメチルトランスフェラーゼ遺伝子(ada)高発現マウス / 中鶴陽子 ; 小田秀明 ; 松隈章一 ; 関口睦夫 ; 石川隆俊/p252~256
          • 16. シグナル伝達系のモデルマウス //p257~320
          • 16-a 活性型癌トランスジェニックマウス / 勝木元也/p257~260
          • 16-b 癌抑制遺伝子トランスジェニックマウス / 相沢慎一/p261~266
          • 16-c レセプター型チロシンキナーゼc-kitの変異による細胞の増殖・分化の異常 / 國貞隆弘 ; 西川伸一/p267~272
          • 16-d 非レセプター型チロシンキナーゼ遺伝子のトランスジェニックマウス / 相沢慎一/p273~278
          • 16-e c-mos癌遺伝子欠損マウスにおける卵の賦活化とテラトーマ形成 / 橋本有弘/p280~286
          • 16-f インスリンおよびIGF-I,IGF-IIに抵抗性を示すIRS-1欠損マウス / 為本浩至 ; 相沢慎一 ; 門脇孝/p287~295
          • 16-g 核内転写因子(c-Jun・Fos)発現異常マウス / 徳久剛史/p296~300
          • 16-h N-myc欠損マウス / 近藤寿人/p301~305
          • 16-i IL-6トランスジェニックマウスと形質細胞異常 / 末松佐知子 ; 平野俊夫/p306~313
          • 16-j サイトカイン共通信号伝達分子gp130遺伝子の解析 / 吉田寛二 ; 吉田進昭 ; 田賀哲也/p314~320
          • 17. ウイルス学におけるモデルマウス //p321~342
          • 17-a ヒトレトロウイルス感染症モデル: AIDS と慢性関節リウマチ / 岩倉洋一郎/p321~327
          • 17-b パピローマウイルス癌遺伝子トランスジェニックマウス / 近藤玄 ; 羽倉明/p328~332
          • 17-c ポリオウイルス感受性トランスジェニックマウス / 野本明男/p333~337
          • 17-d HBV遺伝子トランスジェニックマウス / 樋野興夫/p338~342
          • 18. HITECマウス――トランスジェニックマウスを用いた体細胞突然変異解析系 / 権藤洋一 ; 勝木元也/p343~347
          • 19. 挿入変異マウス / 山村研一/p348~353
          • 20. 遺伝子ターゲティングによるbce-2遺伝子の機能解析 / 鎌田真司 ; 辻本賀英/p354~359
          • III アペンディクス //p362~397
          • 1. 組換え実験としての遺伝子導入動物 (申請見本) / 鈴木操/p362~365
          • 2. 販売されているトランスジェニックマウス / 赤松晄 ; 森村栄一/p366~369
          • 3. トランスジェニックマウスの作製の依頼 / 鈴木操/p370~371
          • 4. トランスジェニックマウスの命名法 / 森脇和郎/p372~374
          • 5. 細胞関連製品の紹介 / 齋藤拓/p375~379
          • 6. 癌重点領域研究「総合がん」実験動物支援委員会の活動について / 山村研一/p380~382
          • 7. 発生関連遺伝子の種別相対表 / 黒岩厚/p384~389
          • 8. シンテニーマップ / 森脇和郎/p390~397
          • COLUMN 実験動物としてのゼブラフィッシュと遺伝子導入 / 武田洋幸/p21~21
          • COLUMN 実験動物としてのラットと遺伝子導入――マウスとの対比 / 横山峯介 ; 山田秀一/p69~69
          • COLUMN 実験動物としてのメダカと遺伝子導入 / 尾里健二郎/p101~101
          • COLUMN 実験動物としてのニワトリと遺伝子導入 / 餅井真/p147~147
          • COLUMN トランスジェニック動物の特許の現況 / 仙元隆一郎/p175~175
          • COLUMN Illmensee事件の検証:核移植実験など / 角田幸雄/p209~209
          • COLUMN N.M.Le Douarin博士の印象記 / 絹谷政江/p247~247
          • COLUMN B.Mintz博士の印象 / 西田育巧/p251~251
          • COLUMN 実験動物としてのカエルと遺伝子導入 / 塩川光一郎 ; 田代康介 ; 倉島麗理 ; 天野幸/p279~279
          • COLUMN Anne McLaren博士の印象 / 中辻憲夫/p360~360
          • COLUMN モデルマウスを用いた食物アレルギーの病態解析 / 大塚宜一 ; 羅智靖/p383~383
      • 1995 (15)
      • 1996 (15)
      • 1997 (14)
      • 1998 (15)
      • 1999 (15)
    • 2000~2009 (14)

Molecular medicine : 分子医学を臨床への書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3429310/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。