国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

医薬ジャーナル = Medicine and drug journal. 33増刊号(381)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 医薬ジャーナル = Medicine and drug journal
    • 1960~1969 (13)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (128)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
      • 1996 (13)
      • 1997 (13)
        • 33増刊号(381) [163]
          • 新薬展望 1997 //p20~23,25~45,47~87,89~103,105~132,134~139,141~166,168~229,231~243,245~254
          • 総論――ザルシタビン/GW100/MK639/ABT538/AJ-003/BMY-27857/MKC-442/KVX-478/アルグルセラーゼ/JC-0295/メサラジン/E3040/SI 350/TA-650/A型ボツリヌス毒素/クエン酸タンドスピロン/TN-912/フルボキサミン(SME3110)/セルトラリン/Y-23684/BMY13754/RO-11/LY248686/ORG-4428/AP521/ER20592/ムピロシンカルシウム水和物/トログリタゾン/AD-4833/塩酸タリペキソール/SKF101468/Ro19-6327/CG-101/Ro40-7592/BAM1110/SND919/ルリオクトコグアルファ/ポルフィマーナトリウム / 高杉益充/p20~23
          • 抗不安薬・催眠鎮静剤――アベカニール/Y-23684/タンドスピロン/イプサピロン/クアゼパム/ゾルピデム/ザレプロン / 中村雄作/p25~29
          • 抗てんかん薬――piracetam/lamotrigine/vigabatrin/gabapentin/clobazam/oxcarbazepine/felbamate/tiagabine/topiramate / 文元秀雄 ; 四宮滋子/p30~34
          • 抗精神病薬,抗うつ薬――risperidone/olanzapine(LY170053)/seroquel(IC1204,636)/sertindole(S-1991)/SM-9018/OPC-14597/fluvoxamine(SME3110)/sertraline(CP-51,974)/paroxetine/milnacipran(TN-912)/duloxetine(LY248686) / 佐藤啓二 ; 成田実/p35~42
          • 脳循環代謝改善薬――nicaraven/MCI-186/nebracetam(WEB 1881)/vinconate hydrochloride(OM-853)/nefiracetam(DM-9384)/nicorandil(SG-75)/E2020 / 森敏 ; 中島健二/p43~45
          • 抗パーキンソン病薬――L-ドパ製剤/ブロモクリプチン/ペルゴリド/タリペキソール/アマンタジン/抗コリン剤/L-threo-DOPS / 坂戸俊一/p47~53
          • 抗不整脈薬――SD-3212/ONO-1101/sematilide(RU-752)/dofetilide(UK-68,798)/gallopamil(D600)/otenzepad(AF-DX116) / 荒木優 ; 安部治彦/p54~57
          • 抗血栓剤――アルガトロバン/ナサルプラーゼ / 野村昌作 ; 福原資郎/p58~62
          • 強心剤――colforsin(NKH-477)/milrinone/olprinone/OPC-18790/MS-857/MCI-154 / 藤田祥子 ; 菅原和信/p63~70
          • レニン・アンジオテンシン系薬剤――トランドラプリル/キナプリル/エナラプリル/リシノプリル/ロサルタンカリウム(MK 954)/TCV 116/BIBR 277/DuP 753 / 中村和男/p71~77
          • カルシウム拮抗薬――アラニジピン/プラニジピン(OPC-13340)/フマル酸セモチアジル(SD-3211)/アゼニルジピン(CS-905)/レミルジピン(NB-818)/ニモジピン(Bay-e-9736)/ワタニジピン(AE 0047) / 政埜隆雄/p78~82
          • 高脂血症治療剤――フルバスタチン(XU62-320)/セリバスタチン(Bay-w-6228)/アトルバスタチン(CI-981)/NK-104/フェノフィブラート(GRS-001)/ゲムフィブロジル(CI-719)/MCI-196 / 林幸三/p83~87
          • 骨粗鬆症治療剤――ビスフォスフォネート/経皮吸収エストロゲンなど / 正橋鉄夫 ; 野口昌良 ; 中西正美/p89~94
          • 抗潰瘍剤,胃炎治療剤――lafutidine(FRG-8813)/IT-066/T-593/E3810/Ieminoprazole(NC-1300-O-3)/ecabapide(DQ-2511)/mosapride(AS-4370)/MG111 / 田中照夫 ; 西岡豊/p95~100
          • 潰瘍性大腸炎治療剤――メサラジン / 津田基晴 ; 池谷朋彦 ; 杉山茂樹 ; 三崎拓郎/p101~103
          • 5-HT3受容体拮抗剤――塩酸ラモセトロン/トロピセトロン(ICS205-930)/N-3389/イタセトロン(DAU 6215)/塩酸アザセトロン〔経口〕(Y-25130)/塩酸ラモセトロン〔経口〕(YM 060)/塩酸オンダンセトロン〔小児用ドライシロップ〕(SN 307) / 吉沢房子/p105~110
          • 肝臓病用剤――プロスタグランジン,インターフェロンを中心に――ラミブジン / 井上和明 ; 関山和彦 ; 与芝真/p111~115
          • 膵炎治療剤――urinastatin/citicholine(CDP-choline)/IS-741/loxiglumide(CR 1505)/octreotide/vapreotide(RC-160)/lanreotide(BIM-23014)/HOE 140/FUT-187/ONO-3403/creon/SA-001 / 舩冨等 ; 三田村圭二/p116~121
          • 糖尿病用剤――トログリタゾン/ピオグリタゾン(AD-4833)/BRL49653 / 賀川義之/p122~127
          • 解熱・鎮痛・抗炎症剤――メロキシカム(UHAC-62)/ニメスリド(NIM-03)/ロルノキシカム(TS-110)/CS-670 / 村岡勲 ; 林英一 ; 長谷川高明 ; 鍋島俊隆/p128~132
          • 抗リウマチ剤――サラゾスルファピリジン/MTX(L-377)/KE-298/T-614/TA-383/TOK-8801/FK506/TA-650/TAK-603 / 北島恵子/p134~139
          • 抗アレルギー薬――エバスチン/フマル酸エメダスチン/塩酸セチリジン/ロラタジン(SCH29851)/E6123/Y-24180/BAY-u-3405 / 徳島裕子/p141~147
          • 気管支喘息治療薬――ロリプラム/ニトロクアゾン/サルメテロール/フォルモテロール/ツロブテロール/ザフィルカスト(ICI-204,219)/イミトロダスト(CS-518,RS-5186)/セラトロダスト/S-1452/Bay-u-3405/アパファント(WEB2086BS)/Y-24180/プロピオン酸フルチカゾン/ブデソニド/ネドクロミル/フロセミド〔吸入〕(HOE 058A) / 新妻知行 ; 林徹/p148~154
          • ニューキノロン薬――pazufloxacin〔経口〕(T-3761)/pazufloxacin〔注射〕(T-3762)/grepafloxacin(OPC-17116)/purulifloxacin(NM441)/AM-1155/CS-940/DU-6859a/HSR-903/CP-99219/CP-116517/SS732/SS734/WQ-2128 / 武田豊/p155~161
          • 抗生物質――タゾバクタム・ピペラシリン(YP-14)/セフォセリス(FK-037)/セフルプレナム(E-1077)/ビアペネム(L-627)/S-4661/セフカペンピボキシル(S-1108)/S-1090/AS924/E1101/スフロペネム(SY5555)/リチペネムアコキシル(FC/TA-89)/アジスロマイシン/テイコプラニン / 岸本寿男/p162~166
          • 抗ウイルス剤――stavudine(d4T)/lamivudine(3TC)/saquinavir/ritonavir/indinavir/valaciclovir(VACV)/penciclovir(PCV)/famciclovir(FCV)/ganciclovir〔経口〕/foscarnet(PFA)/regavirmab(TI-23)/GG167 / 出石通博 ; 五味田裕/p168~173
          • 植物由来抗癌剤――タキソール/タキソテール / 上坊敏子/p174~179
          • 泌尿器系癌治療剤――ネダプラチン/TRK-710/JM-216/アムルビシン(SM-5887)/乾燥BCG膀胱内用(イムノブラダー膀注用)/ブセレリン/ピカルタミド(ICI176334) / 池田龍介 ; 鈴木孝治 ; 津川龍三/p180~187
          • 光線力学的療法用剤――ポルフィマーナトリウム / 中村治彦 ; 古川欣也 ; 加藤治文/p188~192
          • 排尿障害治療剤――酢酸オサテロン(TZP-4238)/ナフトピジル(KT-611)/KMD-3213/フィナステリド(YM152)/エプリステリド(ONO-9302)/FK-143/メパルトリシン(S-160)/バミカミド(FK-176)/NS-21/トルテロジン(K-2234)/FK-584/塩酸イナペリゾン(HY-770)/NS-49/ウラピジル〔神経因性膀胱による排尿困難〕/塩酸タムスロシン〔神経因性膀胱による排尿困難〕/NC-1800 / 堀井明範/p193~197
          • ホルモン剤・抗ホルモン剤――エストラジオール〔経皮〕(TZN-13)/dienogest(MJR-35/M-18575)/HOE766MP/cetrorelix(SB-75,NS75A)/ORG-32489/SJ-0021/cabergoline(CG-101) / 廣田穰 ; 大原聡 ; 奥村貴子 ; 河上征治/p198~204
          • 更年期障害治療剤――エストラジオール〔経皮〕 / 瀬川裕史/p205~210
          • 外用剤――皮膚外用剤を中心として――ムピロシン/アルプロスタジルアルファデクス(G-511)/トラフェルミン/SNK-863/SM-10902/ラノコナゾール〔軟膏〕/リラナフタート(M-732)/硝酸オモコナゾール(HOC-155)/TS-410/リンデロンDS(DS-2630)/ヒルドイドソフト/合成レチノイド(Am-80) / 松田吉弘/p211~217
          • 点眼剤・点鼻剤・点耳剤――塩酸セフメノキシム〔耳鼻科用〕/tranilast〔点鼻〕(N-5′点鼻液)/持続型チモロール〔点眼〕(timolol GS)/bunazosin〔点眼〕(DE-070)/dorzolamide〔点眼〕(MK-507)/latanoprost〔点眼〕(PhXA41)/ibudilast〔点眼〕(KC-404) / 豊田佳代子/p218~222
          • 輸液剤・経腸栄養剤――GA-1082/GA-1165/ネオアミユー/キドミン(R)/AO-90/GAB-88/プレアミン(R)-P/ARG-U/ARG-UI/ARG-UG/NI-01/TR-8030/ユニカリック(R)/GA-1080/TRN-50RF/OSN-001/FIBER-SS/リーバクト / 西川三喜男 ; 橋本久邦/p223~229
          • 造影剤――イオプロミド/ガドジアミド水和物/イオキシラン/イオジキサノール(DU-6807)/カドテル酸メグルミン(EK-5504)/ガドベルセタミド(MP-1177/10)/ガドブトロール/AMI-25/フェリキサン(SH U 555A)/SH/TA-508 / 杉山正 ; 吉岡史郎 ; 片桐義博/p231~236
          • 免疫抑制剤――ミゾリビン/シクロスポリン/タクロリムス水和物(FK506)/抗ヒト胸腺細胞ウマ免疫グロブリン(PMCJ-3,Atgam)/ミコフェノール酸モフェチル(RS-61443)/ラバマイシン/シクロスポリン・ネオーラル/塩酸グスペリムス/抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン(PMCJ-4)/抗LFA-1モノクローナル抗体/CAMPATH-1H / 川合真次/p237~243
          • 包装・容器・製剤などの改良――高カロリー輸液用ワンバッグ製剤/新素材カプセル/内服用ゼリー剤 / 水口和生 ; 芳地一/p245~249
          • 最近のDrug Delivery Systemの進歩――コントロールドリリース製剤/吸収改善剤/ターゲッティング製剤/高齢者用製剤 / 岩瀬利康/p250~254
          • 資料・薬価基準新規収載薬一覧――平成7年11月24日,12月1日 / T/p283~290
          • 資料・薬価基準新規収載薬一覧――平成8年4月24日 / T/p291~295
          • 資料・薬価基準新規収載薬一覧――平成8年6月14日,6月21日 / T/p296~303
          • 資料・薬価基準新規収載薬一覧――平成8年9月6日 / T/p304~309
          • 薬剤索引 //p318~322
        • 33(1)(382) [110]
        • 33(2)(383) [112]
        • 33(3)(384) [106]
        • 33(4)(385) [112]
        • 33(5)(386) [112]
        • 33(6)(387) [110]
        • 33(7)(388) [112]
        • 33(8)(389) [112]
        • 33(9)(390) [112]
        • 33(10)(391) [182]
        • 33(11)(392) [108]
        • 33(12)(393) [134]
      • 1998 (13)
      • 1999 (13)
    • 2000~2009 (12)

医薬ジャーナル = Medicine and drug journalの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3431297/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。