国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

医薬ジャーナル = Medicine and drug journal. 34(2)(396)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 医薬ジャーナル = Medicine and drug journal
    • 1960~1969 (13)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (128)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
      • 1996 (13)
      • 1997 (13)
      • 1998 (13)
        • 34増刊号(394) [152]
        • 34(1)(395) [110]
        • 34(2)(396) [114]
          • グラフィック 連載・目でみる薬疹(17)座瘡型薬疹 / 川内勉/p5~
          • 医薬ジャーナル論壇 認定薬剤師制への期待と一抹の懸念/米国でのサリドマイド蘇生と倫理・科学性の変化 / 沼田稔/p27~29
          • メディカルトレンド 姉妹誌から //p30~40
          • アレルギーの領域――アレルギー疾患のオーバーラッピング //p30~31
          • CLINICAL CALCIUM―特集・神経系とカルシウム //p32~33
          • 日常診療と血液―特集・血液腫瘍の遺伝子診断と臨床的意義 //p34~35
          • 心身医療―特集・高齢夫婦世帯のライフデザイン //p35~37
          • 化学療法の領域―特集・水道水によるクリプトスポリジウムの集団感染 //p38~39
          • 老化と疾患―特集・老年者の腸疾患 //p39~40
          • 学会レポート――第18回日本臨床薬理学会――「ファイアサイドディスカッション」"学会認定薬剤師は何を求められているか" 教育,有効性・安全性の評価,患者・医師とのパートナーシップ――「高脂血症治療による虚血性心疾患の1次予防効果試験」(MEGA study)の中間成果,治験におけるコーディネーターの好影響報告も //p41~45
          • 特集・アミノ配糖体系抗生物質~評価の見直し~――今月のポイント・p.1~3参照 / 清水喜八郎/p61~63,65~122
          • アミノ配糖体薬の歴史と現状 / 清水喜八郎/p61~63
          • アミノ配糖体の耐性機序 / 堀田国元/p65~74
          • アミノ配糖体の腎毒性軽減からみた投与法 / 戸塚恭一/p75~80
          • アミノ配糖体のpostantibiotic sub-MIC effect――PA SME / 長谷川裕美/p81~89
          • アミノ配糖体薬と他系抗菌薬の併用効果 / 辻明良/p90~98
          • アミノ配糖体による初日強化療法 / 荒川創一 ; 宮崎茂典 ; 松井隆 ; 片岡陳正 ; 守殿貞夫/p99~104
          • アミノ配糖体併用の意義 //p105~115
          • 1)呼吸器感染症 / 古賀宏延/p105~109
          • 2)敗血症 / 朝野和典 ; 河野茂/p110~115
          • ブレイクポイントから見たアミノ配糖体の有用性――尿路系 / 坂義人/p116~122
          • 薬学ニュース――ラットのカルベジロール血中動態に及ぼす塩酸タリペキソールの影響――ブナシメジの抗酸化作用に関する研究(第1報)ブナシメジ摂取マウス血漿の抗酸化活性――四塩化炭素による肝障害進展過程における病理組織学的変化と血漿アミノ酸濃度の変動――糖尿病性ケトアシドーシスモデルラットを用いた重曹リンゲル液の薬効薬理試験 / KT/p46~47
          • 副作用ニュース――茯苓飲合半夏厚朴湯による薬剤性肝障害――短期間の甘草内服により低カリウム血症,non-traumatic rhabdomyolysisを発症した一例――高カリウム血症を呈さなかったスキサメトニウム投与後の心停止――少量のlevomepromazineにより無症候性の好中球減少症を呈した1例――Triazolam離脱時に,けいれん発作および脳波異常を呈した1症例――ハロペリドールでジストニアが出現し,リスペリドンにより幻覚妄想が消失した後,陰性症状を残さず好転し得た精神分裂病の1例――柴朴湯が原因と思われた難治性膀胱炎――緩下剤長期連用患者に発生した酸性尿酸アンモニウム結石――ヒアルロン酸ナトリウムの角膜内誤注入によりDescemet膜剥離をきたした1例――ITPを合併した慢性腎不全患者におけるerythropoietin(rHuEPO)に起因すると考えられた骨痛の1例 / T/p48~49
          • 治験薬・新薬ニュース――本態性高血圧症に対するGJ-0956の臨床評価―ニトレンジピンを対照薬とした二重盲検比較試験―――心室性期外収縮に対するMS-551注射剤の臨床効果―プラセボを対照とした多施設二重盲検群間比較法による検討―――Clobazam(NH-15)の小児難治てんかんにおける長期投与試験―多施設共同研究―――慢性動脈閉塞症患者におけるパミコグレル(KBT-3022)の長期投与試験成績――高脂血症患者に対するゲムフィブロジルの臨床的検討―クリノフィブラート錠を対照とする多施設共同二重盲検比較試験― / K/p50~51
          • MONTHLY PRESS――抗血小板剤の臨床試験を英国で開始(富山)――ACEII受容体拮抗剤を英国で発売(武田)――中国向け医薬品第1号を発売(吉富)――制吐剤で販売提携(ノバルティス・協和発酵)――湧水製薬の新抗菌剤開発で契約(大日本)――外用抗真菌剤の共同開発で合意(日本農薬・バイエル)――米国に持株会社設立(武田)――新切迫早産治療薬の臨床試験を開始(東京田辺)――米社に蛍光標識製造中間体でライセンス許諾(湧永)――2抗生物質の輸入承認を承継(中外製薬)――医療器材の滅菌代行事業へ進出(富山)――70周年を記念しブランドマークなど一新(エスエス)――第1回賞贈る(グラクソ・ウエルカム)――子会社卸11社が合併再編で合意(塩野義)――米国で新規抗生物質の承認取得(グラクソ・ウエルカム)――「臨床薬理学講座」の設置と要望(製薬協)ほか //p52~59
          • イトラコナゾールとリファンピシンの相互作用――症例報告と文献的考察 / 川田昌子 ; 川勝一雄 ; 小林政彦 ; 塚本仁 ; 川端美保 ; 山瀬康正 ; 田中栄作/p125~130
          • 大津赤十字病院における自己血輸血の現況 / 樹下成徳 ; 今井透予/p133~138
          • トロンボリーゼ注9000(ナサルプラーゼ注射剤)の配合変化 / 吉田真木 ; 三並教員 ; 今川昂/p139~145
          • 低血圧 わたしの勧める診かた治しかた(7)循環器における低血圧症~循環器系愁訴に潜む低血圧~ / 伊藤一輔 ; 前田至/p146~147
          • 薬剤師からみた処方解析(38)精神・神経科の処方〔神経性無食欲症(摂食障害)〕 / 井尻好雄 ; 古家鞆弘 ; 吉成昌郎 ; 横田伸吾 ; 米田博/p149~153
          • 医薬品情報室 薬物の相互作用――臨床例(160) / 高杉益充/p155~158
          • 編集長VISITING(171)バンコマイシン耐性MRSAの出現とその対策 日本における抗生物質開発の方向性を見直す 順天堂大学医学部細菌学教授 平松啓一氏 / 平松啓一 ; 沼田稔/p162~168
          • わがオペラ談議(110)スロヴァキア国立歌劇場公演「ラ・ボエーム」・「トスカ」,新国立劇場開場記念公演「ローエングリン」,東響定期公演「利口な女狐の物語」を聴く / 五島雄一郎/p172~176
          • ほん(82)『お医者さんの食卓』/『私のフランス』 / 佐藤武男/p223~223
          • 高脂血症治療剤・ゲムフィブロジル / T/p154~154
          • 薬剤関連略語一覧 //p201~205
          • 社会保険診療報酬改定・新設等要望事項より――1.適応拡大を要望する薬剤リスト――2.30日及び60日投与の許可を要望する薬剤リスト――3.特定疾患に加えることを要望する疾患名リスト //p206~209
          • 薬価基準新規収載薬一覧――平成9年11月20日,12月12日,12月19日 / T/p212~220
          • 薬価基準新規収載薬識別コード一覧――平成9年12月19日 //p221~221
          • 次号特集内容予告――特集・甲状腺疾患の治療 //p224~224
          • お詫びと訂正 //p220~220
        • 34(3)(397) [110]
        • 34(4)(398) [108]
        • 34(5)(399) [115]
        • 34(6)(400) [112]
        • 34(7)(401) [120]
        • 34(8)(402) [123]
        • 34(9)(403) [120]
        • 34(10)(404) [184]
        • 34(11)(405) [122]
        • 34(12)(406) [104]
      • 1999 (13)
    • 2000~2009 (12)

医薬ジャーナル = Medicine and drug journalの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3431312/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。