国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

医薬ジャーナル = Medicine and drug journal. 35(5)(412)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 医薬ジャーナル = Medicine and drug journal
    • 1960~1969 (13)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (120)
    • 1990~1999 (128)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
      • 1996 (13)
      • 1997 (13)
      • 1998 (13)
      • 1999 (13)
        • 35増刊号(407) [167]
        • 35(1)(408) [104]
        • 35(2)(409) [112]
        • 35(3)(410) [114]
        • 35(4)(411) [112]
        • 35(5)(412) [113]
          • グラフィック 連載・薬剤師のための画像診断(12)心大血管の画像診断~断層画像から三次元画像へ~ / 濵田星紀 ; 内藤博昭 ; 中村仁信 ; 高宮誠/p5~
          • 医薬ジャーナル論壇 薬剤管理指導業務は稼ぎの具なのか / 沼田稔/p31~33
          • メディカルトレンド・姉妹誌から //p34~43
          • 「アレルギーの領域」改題 アレルギー・免疫―特集・呼吸器疾患とマクロライド //p34~35
          • 「日常診療と血液」改題 血液フロンティア―特集・DLT(donor leukocyte transfusion) //p36~37
          • 老化と疾患―特集・高齢者の特殊感覚 //p38~39
          • CLINICAL CALCIUM―特集・アポトーシスとカルシウム //p39~42
          • 化学療法の領域―特集・今なぜ非定型抗酸菌症か //p42~43
          • 特集1・感染性下痢症――今月のポイント・p.1~2参照 //p67~81,83~104
          • 腸管感染症の現状 / 尾﨑米厚 ; 簑輪眞澄/p67~71
          • 原因菌と病態 / 柳原格 ; 本田武司/p72~76
          • 検査法 / 舘田一博/p77~81
          • 流行時期と対応――季節感染症,周年感染症 / 三浦大 ; 相楽裕子/p83~86
          • 診断と治療 / 岩田敏/p87~91
          • 抗菌薬の使い分け //p92~104
          • (1)抗菌薬の種類と適応菌 / 八木澤守正/p92~99
          • (2)化学療法施行時の注意 / 砂川慶介 ; 稲村陽子 ; 野々山勝人/p100~104
          • 学会レポート・トピックス――日本薬学会第119年会シンポジウム「21世紀に向けての医薬品承認審査のあり方」における報告と討議を通じての,今日のわが国における新薬承認の方向とそのポイント――第25回日本医学会総会シンポジウムで「全人的治療を目指した処方作成」について演述した東京大学大学教授の豊岡照彦氏は,循環器専門医師の立場から,薬物治療をめぐる外的環境と内的側面の問題点を指摘した――糖尿病治療薬ノスカール問題で,英国医薬品庁,トログリタゾンの再上市認めず。米FDA諮問委では有用性を再確認――米国,1998年に39種の新薬を承認,平均審査期間11.7カ月,新手数料制で大幅短縮――インターネット"医薬品情報提供システム"5月スタート,「プロポフォールによる覚醒遅延と心室頻拍」「天然ゴムアレルギー」などで注意喚起―厚生省・医薬品安全性情報153号 //p44~51
          • 薬学ニュース――ラットにおけるカルベジロールとアムロジピンの用量依存的相互作用――日本人被験者におけるオメプラゾール血中濃度推移の変動――マウスを対象としたインターフェロン-βの免疫能に及ぼす投与タイミングの影響――リン酸ナトリウム塩の錠剤化における添加剤としての無水リン酸水素カルシウム(フジカリンS)と結晶セルロース(アビセルPH-F20)の比較 / KT/p54~55
          • 特集2・抗うつ薬の新展開 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を中心に――今月のポイント・p.2~3参照 //p106~119,121~138
          • 現代におけるうつ病と新しい視点からの抗うつ薬 / 山脇成人/p106~108
          • 抗うつ薬の種類と特徴 / 石郷岡純/p109~114
          • SSRIの作用機序について / 市丸保幸/p115~119
          • SSRIの体内動態と血中濃度 / 川嶋義章 ; 鈴木雄太郎 ; 染矢俊幸/p121~126
          • SSRIの副作用・相互作用 / 西嶋康一/p127~132
          • うつ病の治療 / 本橋伸高/p133~138
          • 副作用ニュース――酢酸ブセレリン療法中に大量出血を来した粘膜下筋腫の1例――向精神病薬の長期投与により著明な角膜色素沈着をきたした1症例――悪性症候群類似の症候を呈した全身こむら返り病の1例――サラゾスルファピリジン(アザフィルジンEN錠)により再生不良性貧血を呈した慢性関節リウマチ(RA)の1例――23年後のメルカゾール再投与により無顆粒球症を発症したバセドウ病の1例――尿中薬物濃度測定によりfurosemideの乱用が原因と判明した偽性Barter症候群の1例――肺水腫を呈した小柴胡湯誘起性肺炎――遅発性錐体外路症状の発現を誘因にパニック発作が再燃した1例――硬膜外モルヒネ持続注入中にミオクローヌスを生じた1例 / T/p56~57
          • 治験薬・新薬ニュース――肥厚性はんこん・ケロイドに対するシリコーンゲルシートの臨床的研究――胃潰瘍に対するFRG-8813(Lafutidine)の臨床的有用性の検討―ファモチジンを対照薬とした多施設二重盲験比較試験―――ウルソデオキシコール酸(UR-PBC錠)の原発性胆汁性肝硬変に対する臨床効果―用量設定試験―――通年性鼻アレルギーに対するトロンボキサンA₂拮抗薬セラトロダストの臨床評価―テルフェナジンを対照薬とした二重盲験比較試験―――難治性皮膚潰瘍に対するデクラート(R)の臨床効果 / K/p58~59
          • MONTHLY PRESS――企業活動:アストラとゼネカが合併――三菱化学と東京田辺製薬が「三菱東京製薬」設立――ノバルティスファーマに新社長通筋雅弘氏4月1日より――三菱化学に新社長正野寛治氏,6月就任予定――田辺製薬「田辺平野町ビル完成」で部門移転――新薬承認:ジェムザール注(非小細胞肺癌)(日本イーライリリー)――製造承認取得:ブロプレス錠(持続性アンジオテンシンII受容体拮抗薬)(武田薬品)――トルソプト点眼液(緑内障治療剤)(萬有製薬)――効能追加:ディプリバン(R)注に「集中治療における人工呼吸中の鎮静」――スミフェロン300に「亜急性硬化性全脳炎」――オーアイエフに「慢性C型肝炎,慢性骨髄性白血病」――ルリッド(R)錠150に「座瘡(炎症を伴うもの)」――新製品:ティーエスワン(R)カプセル20・25(大鵬薬品工業)――アイオピジン(R)1%(日本アルコン)――測定用試薬ディーアールアイテオフィリン(第一化学薬品)――糖尿病データ管理ソフトウエアMEQNETTM D M Manager(ヘキスト・マリオン・ルセル)――霧吹式ネブライザーネスコジェット(アズウェル)――尿自動分析装置クリニテック500(バイエル・三共)――学会・研究会:日本薬学会第119年会(関連記事p.44,64,178)――第25回医学会総会(関連記事p.47,64)――第8回HIT(Home Infusion Therapy;ハイテク在宅医療)研究会8月21日開催,演題同時募集(締め切り5月31日)――薬物間相互作用国際会議10月29日~31日開催,一般演題募集(締め切り6月30日)――団体:持田記念医学振興財団,平成11年度研究助成金と留学補助金公募中――新刊書:がんを退治するキラー細胞の秘密(伊丹仁朗著) //p60~65
          • アトピー性皮膚炎に対する生薬軟膏の検討 / 河本敏貴 ; 大塚識稔 ; 弓手美代子 ; 藤田仁志 ; 下江敬生/p141~146
          • 問い合わせ業務の分析とDI業務への情報の運用について――広島市民病院薬剤部の場合 / 三奈戸敦子 ; 渡辺美和 ; 長崎信浩 ; 米澤うたえ ; 友田泰樹 ; 原田有年/p147~151
          • 抗菌剤配合液体石鹸の除菌効果 / 白石正 ; 仲川義人 ; 梶浦工 ; 小山泰正/p153~157
          • 薬剤師からみた処方解析(53)内科の処方(2) / 井尻好雄 ; 伊藤博 ; 吉成昌郎 ; 佐々木恵雲 ; 大澤仲昭/p160~167
          • 連載・薬剤師に必要な最新注射薬情報(2)pH特性曲線を用いた混合注射液のpH予測 / 浅原慶一 ; 宇野敏弘/p169~176
          • 医薬品情報室 日本薬学会第119年会報告 / 高杉益充/p178~181
          • 編集長VISITING(186)脳卒中の治療は全人的かつ包括的に 脳循環代謝改善薬の再評価の問題点 国立大阪南病院院長(現名誉院長) 額田忠篤氏 / 額田忠篤 ; 沼田稔/p184~189
          • 愛と憎しみと死のアリア(5)楽劇「トリスタンとイゾルデ」(ワーグナー) / 五島雄一郎/p191~196
          • ほん(97)『『日本人』という病』/『エルミタージュの緞帳―モスクワ特派員物語』 / 佐藤武男/p221~221
          • TXA₂拮抗剤・セラトロダスト / T/p177~177
          • 薬剤関連略語一覧 //p207~211
          • 薬価基準新規収載薬一覧――平成11年3月19日 / T/p216~216
          • 薬価基準新規収載薬識別コード一覧――平成11年3月19日 //p217~217
          • 次号特集内容予告――特集1・肝癌――特集2・肝不全の対策と治療 //p222~222
          • お詫びと訂正 //p43~43
        • 35(6)(413) [115]
        • 35(7)(414) [109]
        • 35(8)(415) [109]
        • 35(9)(416) [123]
        • 35(10)(417) [197]
        • 35(11)(418) [119]
        • 35(12)(419) [127]
    • 2000~2009 (12)

医薬ジャーナル = Medicine and drug journalの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3431328/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。