国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

新聞経営. 1992(1)(118)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 新聞経営
    • 1960~1969 (29)
    • 1970~1979 (40)
    • 1980~1989 (40)
    • 1990~1999 (43)
      • 1990 (4)
      • 1991 (4)
      • 1992 (4)
        • 1992(1)(118) [43]
          • 21世紀に向けての新聞経営 多メディア時代に生きる地方紙 / 大石益光/p36~38
          • 新聞の媒体価値を高めるために //p4~35
          • 「読者と友達になれる新聞」の試み / 佐藤毅/p4~6
          • 「日本の広告費」が意味するもの / 梅田重秋/p7~10
          • 若い世代はなぜ新聞を読まないか / 高山英男/p11~13
          • 教育からのヒントをどういかすか――NIE活動に携わる新聞人の一考察 / 野口元/p14~16
          • 独善的新聞広告活性化論 / 中嶋健二/p17~19
          • 大事に育てたいクーポン広告 / 平塚善伸/p20~22
          • スポーツ紙の経営戦略 / 林秀/p23~25
          • AERAの挑戦 / 西村秀俊/p26~28
          • 1965年~91年 新聞経営環境の軌跡――新聞社総売上高,地上民放営業収入,出版界推定販売全額,総広告費,新聞広告費,総発行部数,1紙平均購読料,1紙平均ページ数,販売店従業員数,輪転機台数など //p29~35
          • 台所から見た戦後新聞史 / 岡達男/p53~55
          • 新聞は困っているか?――新聞産業の傾向を概観して / ジュール・S・チューロー/p45~52
          • ずいひつ 百足の足も借りたくて / 小山洋八郎/p39~40
          • ずいひつ 庄内空港のこと / 伊藤浩一/p40~41
          • ずいひつ へそ談義 / 細川玖治/p42~43
          • ずいひつ 河豚 / 安部鋼一郎/p43~44
          • 世界のマスコミ //p56~59
          • ヨーロッパ 東ドイツ地域に進出するベルテルスマン社 / 広瀬英彦/p56~57
          • アメリカ 情報サービス参入をめぐる二大産業の戦い続く / 佐藤嘉男/p58~59
          • 経営メモ //p60~66
          • 経営 地価税1月1日からスタート/事業税と性表現/1991年下期決算社の収支構成比率調査結果発表/92年度税経研究会テーマ決まる / 平野恭子/p60~60
          • 広告 平成3年の新聞広告はマイナス成長/広告委員会の広告開発活動計画/郵政省郵便法改正案を国会に提出 / 小野隆助/p61~61
          • 業務 新聞メディアの強化に関する研究会発足/各紙が購読料を改定/新聞配達に関する読者の意見/平成4年度販売店労務の年間改善目標を設定/新聞輸送の現状と問題点 / 勝又義一/p62~62
          • 公正取引 公取委の再販に関する動き/中央協の正常化対策/公正競争規約の改正について/訪問販売の自主規制の継続強化について / 山﨑茂男/p63~63
          • 労務 総務庁に対する労働省の回答出る~女性の深夜業規制について/育児休業法施行を前に制度新設・改正相次ぐ/4月から納付金引き上げへ~身障者雇用 / 佐々木義信/p65~65
          • 電気通信 電波利用料,5年度から導入/選管提供FDデータ標準化へ取り組み/コミュニティ放送実用化へ / 官林祐治/p64~64
          • 教育文化事業 新潟県でもNIEパイロット計画を実施/「NIEセミナー」(仮称)の新設について/東京NIE推進委員会の活動/新聞博物館(仮称)創設計画に関する動き / 南部哲郎/p66~66
          • 経営資料 (1)日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(平成3年) //p67~70
          • 経営資料 (2)新聞広告動向(1991年) //p71~73
          • 経営資料 (3)第28回全国新聞販売店従業員総数調査(1991年10月現在) //p74~78
          • 新聞経営日誌(1991年12月~1992年2月) //p79~80
          • 経営の先人たち / 春/p55~55
        • 1992(2)(119) [49]
        • 1992(3)(120) [57]
        • 1992(4)(121) [53]
      • 1993 (4)
      • 1994 (4)
      • 1995 (6)
      • 1996 (4)
      • 1997 (4)
      • 1998 (4)
      • 1999 (5)
    • 2000~2009 (4)

新聞経営の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3441895/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。