国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

新聞経営. 1996(1)(134)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 新聞経営
    • 1960~1969 (29)
    • 1970~1979 (40)
    • 1980~1989 (40)
    • 1990~1999 (43)
      • 1990 (4)
      • 1991 (4)
      • 1992 (4)
      • 1993 (4)
      • 1994 (4)
      • 1995 (6)
      • 1996 (4)
        • 1996(1)(134) [47]
          • 新聞社の人材育成 //p4~29
          • 時代の変化に即応した人材育成を / 為田英一郎/p4~7
          • 迫力ある社員を育てるために――“飲ミュニケーション”と研修 / 及川光弘/p8~10
          • インセンティブと自助努力と――望ましい営業部門の人材育成 / 加藤博久/p11~13
          • 自立する「"個"育て」をめざして――自己研修制度「アタック33プラン」の現状と課題 / 岩崎文正/p14~16
          • 自前の技術力を備える / 堤煇夫/p17~19
          • 自発性の尊重と動機づけ――「ネ・オ・ダ・マ」化時代の技術者養成策 / 中島敬治/p20~23
          • 期待しすぎず完ぺき主義に陥らず――毎日新聞社の「新任デスク研修」てん末記 / 羽田恒夫/p24~26
          • 中高年記者を奮起させよ――3大症候群からの解放と「新聞の英知化」 / 青木彰/p27~29
          • 第21回販売労務担当者全国会議の講演から //p40~51
          • 「流動化」時代,雇用主の課題は――「労働契約」のパラダイム転換 / 諏訪康雄/p40~45
          • 新聞販売所に若い人を引き寄せる――若者の職業意識の変化 / 大野誠一/p46~51
          • 再販問題をめぐって 規制緩和小委の報告書に遺憾の意表明 / 深澤亘/p52~53
          • 動き出した新聞広告EDI――共通の利益を得るために / 平野恭子/p54~56
          • ずいひつ 年金手帳 / 掛水俊彦/p30~31
          • ずいひつ 師弟 / 佐藤暢男/p31~32
          • ずいひつ 遊牧民族の交遊録 / 牧内良平/p33~34
          • ずいひつ 角栄さんの歌 / 松崎稔/p34~35
          • 世界のマスコミ //p36~39
          • ヨーロッパ 欧州新聞界の現状映す創・廃刊劇 / 広瀬英彦/p36~37
          • アメリカ 96年コミュニケーション法成立 / 橋本直/p38~39
          • 経営メモ //p57~63
          • 経営 さきがけスポーツの発刊/海外印刷拠点が増える/有価証券報告書提出義務なくなる / 山田健太/p57~57
          • 労務 96春闘と新聞界/朝日が年俸制編集委員制度を導入へ/朝日,日経が社内公募制度 / 官林祐治/p58~58
          • 公正取引 再販,販売正常化めぐり国会で質疑/国民生活センターが要望書/モニター調査に基づき公取委から要請/販売流通審議会が初会合 / 富田恵/p59~59
          • 業務 新聞小売業の交通労働災害数が減少/災害発生時の報道関係車両の通行確保を要望/活発だった95年度新聞配達業務のPR活動 / 仙石伸也/p60~60
          • 広告 求人・求職情報サービス計画で確認書/95年の新聞広告費は4.0%増に/医療機関の広告規制緩和を検討へ/反響呼ぶ読者向け紙面利用PRキャンペーン / 鈴木卓/p61~61
          • NIE NIE委員会が新事業を決定 / 吉澤正一/p62~62
          • 技術 「SGML等利用研究会」発足 / 神田俊英/p63~63
          • 経営資料 (1)日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(1995年) //p64~67
          • 経営資料 (2)第32回全国新聞販売店従業員総数調査(1995年10月現在) //p68~73
          • 経営資料 (3)新聞用紙の需給動向(1995年) //p74~76
          • 経営資料 (4)日本の広告費(1995年) //p77~79
          • 経営資料 (5)新聞広告動向(1995年) //p80~81
          • 経営資料 (6)新聞・通信社の初任給・賃金制度(1995年度) //p82~85
          • 新聞経営日誌(1995年12月~96年2月) //p86~87
          • 経営の先人たち / 春/p51~51
        • 1996(2)(135) [51]
        • 1996(3)(136) [51]
        • 1996(4)(137) [51]
      • 1997 (4)
      • 1998 (4)
      • 1999 (5)
    • 2000~2009 (4)

新聞経営の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3441913/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。