国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

専門図書館 = Bulletin of the Japan Special Libraries Association. (57)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 専門図書館 = Bulletin of the Japan Special Libraries Association
    • 1960~1969 (2)
    • 1970~1979 (37)
      • 1970 (2)
      • 1971 (3)
      • 1972 (4)
      • 1973 (4)
      • 1974 (4)
        • (55) [35]
        • (56) [34]
        • (57) [31]
          • 講演会 第一次情報の将来 / 湯川泰秀/p1~3
          • 情報の蓄積・検索について / 安藤龍男/p4~7
          • オプティマム・サービスの考え方とチエックリスト / 石井秀雄/p8~11
          • 専門図書館にとって技術とは何か / 飯田賢一/p12~14
          • マイクロフォームの導入方法 / 山本清/p15~17
          • 公害関係レファレンスの諸問題――中央資料室の事例を中心にして / 国分信/p18~22
          • 昭和49年度全国研究集会報告 //p23~30
          • アイデア・改善策発表会 //p24~28
          • 蓄積・検策会 / 川島勝 ; 安藤龍男 ; 広木守雄 ; 内田晴孝 ; 今川浩一/p24~25
          • サービス / 鴉諭 ; 丹藤マサヨ ; 石井秀雄 ; 浅田覚元 ; 吉沢素夫/p25~26
          • マネージメント / 鈴木通保 ; 飯田賢一 ; 岡本太郎 ; 鬼頭光哉/p26~27
          • 地方自治 / 夏目寿 ; 杉本英三 ; 山本清 ; 館野幸夫 ; 仲丸芳光 ; 仲原一裕/p27~28
          • 資料収集懇談会 //p22~30
          • 公害・環境情報の収集 / 水野鉦造 ; 稲垣豊茂 ; 稲本泰男 ; 国分信 ; 臼井一男 ; 小川恭子/p28~29
          • 資源・エネルギー情報の収集 / 井上如 ; 増井健吉 ; 笠原量治/p29~30
          • 物価・賃金情報の収集 / 茂木洋 ; 山上富三 ; 陸川キヨシ/p30~30,22~22
          • 昭和49年度総会議事要旨 / 三塚俊武 ; 渡辺宏 ; 永野重雄 ; 宮坂完孝 ; 酒井悌/p31~33
          • Aslib 50周年記念祭,Aslibの概要 / レズリー・ウイルソン/p34~39
          • 専門図書館を見る その19 経済企画庁図書館 / 森田稲二/p40~42
          • 専門図書館人を語る その20 防災専門図書館 小川恭子氏 / 末吉哲郎/p43~45
          • 書評 (1)情報管理研究委員会編:総合情報管理事典 / 飯田賢一/p46~46
          • 書評 (2)エリン.クリスチァンソン著 専門図書館における準専門および非専門職員(SLA技術の現状に関する観察報告第2号) / 増井健吉/p47~49
          • 全国研究集会に参加した感想・意見 / 内田晴孝 ; 内山和 ; 御園座・演劇図書室/p7~7,11~11,45~45,49~49
          • 中央事務局だより 記事訂正についてのお詫び //p50~50
          • 「資料管理ガイドブック―電子計算機の導入」 / 専門図書館協議会「図書館の機械化」編集委員会/p51~51
          • 出版物一覧 //p52~52
          • 機関誌編集委員会だより / 森田/p53~53
          • 編集後記 / 森田稲二/表紙3
        • (58) [33]
      • 1975 (3)
      • 1976 (6)
      • 1977 (3)
      • 1978 (4)
      • 1979 (4)
    • 1980~1989 (49)
    • 1990~1999 (53)
    • 2000~2009 (8)

専門図書館 = Bulletin of the Japan Special Libraries Associationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3444009/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。