国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本眼科学会雑誌. 7(11)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本眼科学会雑誌
    • 1890~1899 (31)
    • 1900~1909 (125)
      • 1900 (13)
      • 1901 (13)
      • 1902 (13)
      • 1903 (13)
        • 7(1) [64]
        • 7(2) [58]
        • 7(3) [38]
        • 7(4) [64]
        • 7(5) [53]
        • 7(6) [58]
        • 7(7) [40]
        • 7(8) [43]
        • 7(9) [48]
        • 7(10) [62]
        • 7(11) [44]
          • 一、 老人環ノ病理解剖ニ就テ (第十五表) Ueber die pathologische Anatomie des Arcus senilis. //p871~879
          • 一、 核性外眼筋麻痺ノ一例附感冒性急性出血性上腦灰白質炎? //p880~895
          • 一、 眼瞼象皮腫實驗一例 (第十六表、木版圖二) //p896~902
          • 一、 小淚管菌石ニ就ラ追加 (第十七表) Nachtrag zu der in Juni in dieser Zeitschrift erschie nenen Arbeit:Ueber einen Fall von Pilz Concremente in den Thränen-Kanälchen(Pseudo-Aktinomyces). //p903~905
          • 一、 眼部帶狀「ヘルペス」ノ二例ニツキ (第十六表) Ueber 2 Fälle von Herpes Zoster ophthalmicus. //p906~915
          • 一、 脚氣ニ於ケル異狀ナル視野欠損 Ueber zwei Fälle von eigenthümlichen Gesichtsrfelddefecten bei Kakke. //p916~923
          • 二、 雜抄雜評 //p924~940
          • 「エムピュロフォルム」、殆ト無臭ノ乾性爹兒 //p924~925
          • 硫酸亞篤羅必涅ノ代藥「オェミュドリーン」ノ試驗 //p925~926
          • 蔓延性角膜炎及其他ノ角膜疾患ニ對スル周擁切開 //p926~927
          • 初生兒梅毒性眼患ノ稀有症候 //p927~927
          • 先天性角膜葡萄腫一例 //p927~928
          • 水晶体囊切開法 //p928~928
          • 二ヶ處ノ燒點ヲ有スル水晶体 //p928~928
          • 上眼瞼下埀手術ノ變式 //p929~929
          • 眼球割斷用古加乙涅麻痺法 //p930~930
          • 卷煙草製造者ノ煙草ニ因スル眼刺戟、其局處的現症 //p930~930
          • 眼球內結核、眼球摘出ノ危險 //p931~931
          • 老人白內障ニ於ル房水ノ成分 //p931~932
          • 大人ニ於ル外傷性又ハ人爲性白內障ノ自然吸收 //p932~932
          • 再發性眼窩自然出血 //p932~933
          • 眼帶狀「ヘルペス」及滑車神經麻痺 //p933~934
          • 眼ノ磁石手術 //p934~935
          • 手術的眼科補遺 //p935~936
          • 萎縮眼球內化骨ノ速成一例 //p936~936
          • 馬溝皮質ニ於ル網膜射影 //p937~937
          • 阿片、古加乙涅、煙草等ニテノバゼドー氏眼球突出症療法 //p937~937
          • バゼドー氏眼球突出症ノ撒里矢爾酸那篤𠌃膜 //p938~938
          • 隨意性斜視一例 //p938~938
          • 糖尿家ノ屈折變動 //p939~939
          • 轉移性眼炎二例 //p939~940
          • 九ケ年間前房ニ存留セル硝子片一例 //p940~940
          • 三 廣告數件 /
        • 7(12) [41]
        • 總目次7 [9]
      • 1904 (13)
      • 1905 (12)
      • 1906 (12)
      • 1907 (12)
      • 1908 (12)
      • 1909 (12)
    • 1910~1919 (120)
    • 1920~1929 (119)
    • 1930~1939 (123)
    • 1940~1949 (64)
    • 1950~1959 (135)
    • 1960~1969 (128)
    • 1970~1979 (130)
    • 1980~1989 (133)
    • 1990~1999 (130)
    • 2000~2009 (13)

日本眼科学会雑誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3457940/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。