国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本眼科学会雑誌. 90(8)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本眼科学会雑誌
    • 1890~1899 (31)
    • 1900~1909 (125)
    • 1910~1919 (120)
    • 1920~1929 (119)
    • 1930~1939 (123)
    • 1940~1949 (64)
    • 1950~1959 (135)
    • 1960~1969 (128)
    • 1970~1979 (130)
    • 1980~1989 (133)
      • 1980 (13)
      • 1981 (14)
      • 1982 (13)
      • 1983 (14)
      • 1984 (13)
      • 1985 (14)
      • 1986 (13)
        • 90(1) [153]
        • 90(2) [133]
        • 90(3) [91]
        • 90(4) [85]
        • 90臨時増刊号 [166]
        • 90(5) [96]
        • 90(6) [98]
        • 90(7) [109]
        • 90(8) [79]
          • 133 三叉神経関連ペプタイドの瞳孔括約筋における役割について 133. Effects of Substance P,Substance K and VIP on the Mammalian Iris Sphincter Muscles //p1039~1043
          • 134 視野の時間特性の臨床的評価 (2) 134. Clinical Application of the Time-dependent Perimetry (2) //p1044~1048
          • 135 眼球打撲症の網脈絡膜病変に関する実験的研究 135. Retinochoroidal Lesions in Concussional Injuries of the Eyes //p1049~1066
          • 136 Reis-Bücklers′dystrophyの一家系5世代の考察 136. A Pedigree of Reis-Bücklers′Dystrophy in Five Generations //p1067~1073
          • 137 Chlamydia感染に対する化学療法の基礎的研究 137. Activity of a New Quinoline Derivative against Chlamydia trachomatis //p1074~1080
          • 138 新生児Chlamydia感染における蛍光抗体法の診断的価値と新合成抗菌剤による治療 138. Diagnosis of Neonatal Chlamydial Infection by Fluorescent Antibody Technique and its Treatment with a New Quinoline Derivative //p1081~1084
          • 139 成人におけるChlamydia感染の診断と治療の研究 139. Chlamydial Conjunctivitis in Adults //p1085~1089
          • 140 Chlamydia結膜炎の診断と治療の研究 140. A Study on Diagnosis and Treatment of Chlamydial Infection of Conjunctiva //p1090~1093
          • 141 新生児Chlamydia感染症の診断と治療の研究 141. Neonatal Ophthalmia due to Chlamydial Infection //p1094~1096
          • 142 微量水分測定器を用いた新しい涙液量測定法 142. Analysis of Basal and Stimulated Rellex Tear Volume by an Electronic Resistance Measurement //p1097~1101
          • 143 明順応下の人眼錐体系ERGの増幅現象 (1) 143. Increment of the Amplitude of Human Photopic ERG During Light Adaptation //p1102~1109
          • 144 水晶体の多核白血球走化性因子(Chemotactic factor) (第6報) 144. Chemotactic Factor to Polymorphonuclear Leucocytes in the Human Lens. 6 //p1110~1114
          • 145 人眼におけるエピネフリンとチモロールの調節に及ぼす影響 145. Effects of Epinephrine and Timolol on Near accommodation in Man //p1115~1119
          • 146 培養家鶏胚毛様体上皮細胞におけるAdenylate Cyclase活性の局在 146. Localization of Adenylate Cyclase Activity in the Cultured Ciliary Epithelia from Chick Embryos //p1120~1126
          • 147 発達期ヒト眼組織におけるヒアルロン酸分布に関する組織化学的研究 147. Changes of Hyaluronic Acid in the Developing Human Eye //p1127~116
          • 会報 //p117~128
        • 90(9) [77]
        • 90(10) [86]
        • 90(11) [89]
        • 90(12) [210]
      • 1987 (13)
      • 1988 (13)
      • 1989 (13)
    • 1990~1999 (130)
    • 2000~2009 (13)

日本眼科学会雑誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3460906/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。