国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌. (317)

情報
操作方法

目次・巻号

  • マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
    • 1970~1979 (110)
    • 1980~1989 (110)
    • 1990~1999 (116)
      • 1990 (11)
      • 1991 (11)
      • 1992 (11)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
        • (314) [47]
        • (315) [47]
        • (316) [47]
        • (317) [47]
          • 特集 相次ぐ廃刊、問われる雑誌ジャーナリズム //p6~26
          • 『マルコポーロ』、強気の誌面も外圧にはもろく――「ナチ『ガス室』はなかった」であえなく破綻 / 長沼節夫/p6~13
          • 『話の特集』、時代に勝てず無念の廃刊――「自由の場」提供し続けて三〇年 / 木村聖哉/p14~19
          • 『エルメディオ』、茶坊主どもが夢のあと――権力への迎合体質が生んだ非喜劇 / 山口俊明/p20~26
          • レポート //p28~83
          • 「万引き」容疑で76日間も拘禁――またまた発覚したえん罪事件の異常 / 千代丸健二/p28~33
          • 「富国・貧民・無法地帯」を告発する――これが「富国生命」の実態だ / 望月すみえ/p34~38
          • ジュネーブ人権会議活動報告(二)韓国国家保安法をめぐる論争 / 前田朗/p74~77
          • 第三回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議 戦後五〇年、日本軍「慰安婦」問題はなぜ解決しなかったのか / 皇甫康子/p82~83
          • ルポ //p44~73
          • マスコミ現場 歴史に学んで、現在を分析しないマスコミ / 三浦道人/p70~73
          • 阪神大震災から二カ月 歩いて見えた大震災の階級性――被差別部落や在日韓国・朝鮮人多住地域に被害集中 / 大平誠/p44~49
          • 阪神大震災から二カ月 類型化拒む者を疎外――被災者から見たTV報道 / 芹田希和子/p50~53
          • シリーズ //p40~58
          • 政治報道を斬る(10)ロ事件裁判は決着、変わらぬ政治風土 ポスト村山で亀裂、知事選は総与党化 / 川崎泰資/p40~43
          • マスコミ送り手 受け手――としている症候群 / 小笠原信之/p56~58
          • シリーズ //p59~81
          • メディア・スコープ テレビと子どもの権利――「テレビと子ども」世界会議を前に / 鈴木みどり/p59~63
          • 記者雑感――政治・政治家の自信喪失――経済・協和、安全両信組の底なし汚染――社会・「連合」全電通、実質ベアゼロで妥結 / “地震”喪失記者/p64~67
          • 私の発言 / 田原史起 ; 保坂博 ; 大竹清風 ; 末岡健司/p78~81
          • 鳥の目・虫の目・女の目(9) / 小野紀美子/p68~69
          • イラスト 笑ウィンドー / 橋本勝/p5~5
          • マンガ 社会風刺 / 金森健生/p39~39
          • 随筆「いま体癖が面白い」 / 稲邑恭子/p54~55
          • 編集長の意見 / 安孫子誠人/p27~27
          • ミニ・コミの現在を読む(49) / 丸山尚/p84~85
          • 新刊情報 / 柳澤伸司/p86~87
          • 編集手帳 //p88~88
        • (318) [43]
        • (319) [43]
        • (320) [39]
        • (321) [43]
        • (322) [63]
        • (323) [63]
        • (324) [63]
        • (325) [63]
      • 1996 (12)
      • 1997 (11)
      • 1998 (12)
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (11)

マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3464222/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。