国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

明治薬科大学研究紀要. (11)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 明治薬科大学研究紀要
    • 1960~1969 (3)
    • 1970~1979 (6)
    • 1980~1989 (10)
      • 1980 (1)
      • 1981 (1)
        • (11) [38]
          • 原報 高カロリー輸液療法に関する基礎研究(II)脂肪乳剤の安定性の評価について / 野呂俊一 ; 高村彰 ; 石井文由 ; 三輪真紀 ; 中島忍 ; 北内政弘/p1~9
          • 製剤設計――リポゾームの製剤への利用 / 野呂俊一/p11~24
          • 抄録 Penicillin-Binding Proteins in Bacillus subtilis.The Effects on Penicillin-Binding Proteins and the Antibacterial Activities of β-Lactams / S.Horikawa ; H.Ogawara/p25~25
          • 抄録 Penicillin-Binding Proteins in Streptomyces cacaoi.The Effects on Penicillin-Binding Proteins and the Antibacterical Activities of β-Lactams / H.Ogawara ; S.Horikawa/p25~25
          • 抄録 Possible Involvement of a Plasmid in Arginine Auxotrophic Mutation of Streptomyces kasugaensis / M.M.Nakano ; K.Ozawa ; H.Ogawara/p26~26
          • 抄録 Characterization of Temperate Bacteriophage Bα Isolated from Streptomyces lavendulae / M.M.Nakano ; H.Ishihara ; H.Ogawara/p26~26
          • 抄録 Isolation and Characterization of a Plasmid pSL 1 from Streptomyces lavenclulae / M.M.Nakano ; K.Ozawa ; H.Ogawara/p26~27
          • 抄録 Penicillin-Binding Proteins in Streptomyces cacaoi and Streptomyces clavuligerus.Kinetics of[¹⁴C]Benzylpenicillin Binding,Temperature Sensitivity and Release of[¹⁴C]Benzylpenicillin from the Complex / S.Horikawa ; H.Nakazawa ; H.Ogawara/p27~27
          • 抄録 Deoxyribonucleases in Streptomyces / T.Yanagida ; H.Ogawara/p27~27
          • 抄録 β-Lactamase from Streptomyces cacaoi Purification and Properties / H.Ogawara ; A.Mantoku ; S.Shimada/p28~28
          • 抄録 ⁹⁹mTc標識イミノジカルボン酸誘導体の腎親和性 / 大久保吉弘 ; 北沢光幸 ; 関銀一郎 ; 滝沢正臣 ; 丸山清 ; 木所信子 ; 坂本正徳/p28~29
          • 抄録 Lack of Parallelism between the Positive Inotropic Effects of Various Cardiac Stimulants and their Activities to Produce the Slow Channels in the Depolarized Myocardium / H.T.Atoda ; K.Shigenobu ; Y.Kasuya/p29~29
          • 抄録 Electrophysiological Effects of a New Antiarrhythmic Agent,Lorcainide,on the Isolated Cardiac Muscle Fiber as Compared with Disopyramide / K.Shigenobu ; H.Atoda ; T.Asano ; Y.Kasuya/p29~30
          • 抄録 マイクロカプセルの収率に対する一次乳化における物理的条件の効果 / 吉田英夫 ; 上杉孝 ; 野呂俊一/p30~30
          • 抄録 マイクロカプセルの収率に対する二次乳化における物理的条件の効果 / 吉田英夫 ; 上杉孝 ; 野呂俊一/p31~31
          • 抄録 Further Characterization of a Thermosensitive Transformation Variant of Mouse Fibroblasts / W.-S.Liaw ; T.Andoh/p31~31
          • 抄録 Interaction of Mutagens Isolated from L-Glutamic Acid Pyrolysate with DNA / M.Imamura ; K.Shudo ; T.Okamoto ; T.Andoh/p32~32
          • 抄録 Comparative Evaluation of the Iatron Serological Candida Check Kit and the API 20C Kit for Identification of Medically Important Candida Species / T.Shinoda ; L.Kaufman ; A.A.Padhye/p32~32
          • 抄録 The Serological,Chemical and Physicochemical Analyses of Cryptococcal Capsular Polysaccharides / T.Shinoda ; R.Ikeda ; A.Nishikawa ; Y.Fukazawa/p33~33
          • 抄録 The Structure of a Novel Antitumor Antibiotic,Saframycin A / T.Arai ; K.Takahashi ; S.Nakahara ; A.Kubo/p33~33
          • 抄録 Mimocin,a New Isoquinolinequinone Antibiotic / A.Kubo ; S.Nakahara ; R.Iwata ; K.Takahashi ; T.Arai/p33~33
          • 抄録 Synthesis of Renierone,Antimicrobial Metabolite from a Marine Sponge Reniera Sp. / A.Kubo ; S.Nakahara/p34~34
          • 抄録 生物活性をもつペプチド類の研究の現況 / 鈴木友二/p34~34
          • 抄録 キニン / 鈴木友二/p34~34
          • 抄録 Syntheses and Chelating Properties of Azothiopyrine Sulfonates / T.Tanaka ; K.Tanaka ; M.Nakayama ; M.Chikuma ; H.Tanaka/p35~35
          • 抄録 Syntheses and Chelating Properties of Azothiopyrines / T.Tanaka ; K.Tanaka/p35~35
          • 抄録 Base Promoted Oxidative Decarboxylation of Ethyl Phenylgycinate via Oxaziridine / C.Yijima ; F.Hino ; K.Suda/p36~36
          • 抄録 Anodic Oxidation of Vinyl Sulphides.A Convenient Synthesis of α-Thiolated Aldehydes / A.Matsumoto ; K.Suda ; C.Yijima/p36~36
          • 抄録 Pluripotential Amino Acids I.(L)-p-Dihydroxyborylphenylalanine(L-Bph)as a Precursor of L-Phe and L-Tyr Containing Peptides; Specific Tritiation of L-Phe Coutaining Peptides at a Final Step in Synthesis / D.C.Roberts ; K.Suda ; J.Samanen ; D.S.Kemp/p36~36
          • 抄録 A Polysaccharide Produced by Laboratory Cultivation of Poria cocos Wolf / T.Narui ; K.Takahashi ; M.Kobayashi ; S.Shibata/p37~37
          • 抄録 Chemical Modification of Glycrrhetinic Acid in Relation to the Biological Activities / K.Takahashi ; S.Shibata ; S.Yano ; M.Harada ; H.Saito ; Y.Tamura ; A.Kumagai/p37~37
          • 抄録 Chemotaxonomic Studies on the Polysaccharides of Lichens.Polysaccharides of Stereocaulaceous Lichens / K.Takahashi ; T.Kon ; I.Yokota ; S.Shibata/p38~38
          • 抄録 Studies on Coumarins of a Chinese Drug“Qian-Hu” / T.Okuyama ; S.Shibata/p38~38
          • 抄録 Retrochalcones / S.Shibata ; T.Saitoh/p39~39
          • 抄録 Fluaorometric Determination of chloride with 2-(5-Nitro-2-furyl)benzothiazole / H.Taniguchi ; T.Yoshida ; Y.Adachi ; S.Nakano/p39~39
          • 抄録 Fluormetric Determination of Some Primary Aromatic Amines with 4-Methoxy-m-phenylenediamine / H.Taniguchi ; T.Yoshida ; T.Kobayashi ; S.Nakano/p39~40
          • 抄録 Calcium Antagonistic Action of a Coumarin Isolated from “Qian-Hu”,a chinese Traditional Medicine / T.Kozawa ; K.Sakai ; M.Uchida ; T.Okuyama ; S.Shibata/p40~40
          • 抄録 Manganese-Inducd Contraction in K⁺-Depolarized Rat Uterine Smooth Muscle / K.Sakai ; M.Uchida/p40~40
          • 博士論文 Candida albicans細胞壁マンナンの免疫化学的研究 / 鈴木基文/p41~43
          • 修士論文 放線菌のプラスミドの研究――放線菌のプラスミドの特性とベクター系への応用 / 小沢一昭/p45~45
          • 修士論文 放線菌のペニシリン結合タンパク質――その自己耐性における役割 / 中沢久宜/p46~46
          • 修士論文 放線菌Streptomyces cacaoiのβ-ラクタメースの精製と性状 / 万徳淳/p46~47
          • 修士論文 ラット肥満細胞からのヒスタミン遊離とCa⁺⁺の流入について / 森和也/p47~48
          • 修士論文 キニジン等膜安定化薬の子宮平滑筋Ca動態に対する影響 / 山口友明/p48~49
          • 修士論文 新抗生物質Mimocinに関する研究 / 岩田良一/p49~51
          • 修士論文 2-クロロインドール類の反応性に関する研究 / 内野敬二郎/p51~52
          • 修士論文 坐剤の製剤設計――エマルション型基剤の安定性・有効性および刺激性に関する基礎研究 / 小松嘉人/p52~53
          • 修士論文 Tartrazine(TZ)のラット胆汁排泄における性差 / 安田昌仁/p53~54
          • 修士論文 Candida guilliermondii細胞壁多糖類の免疫化学的研究 / 城石朗/p54~55
          • 学会講演 1979年8月~1981年5月 //p57~63
      • 1982 (1)
      • 1983 (1)
      • 1984 (1)
      • 1985 (1)
      • 1986 (1)
      • 1987 (1)
      • 1988 (1)
      • 1989 (1)
    • 1990~1999 (8)

明治薬科大学研究紀要の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3465709/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。