国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

臨床免疫. 17春季特別増刊号

情報
操作方法

目次・巻号

  • 臨床免疫
    • 1960~1969 (5)
    • 1970~1979 (107)
    • 1980~1989 (134)
      • 1980 (13)
      • 1981 (14)
      • 1982 (15)
      • 1983 (13)
      • 1984 (13)
      • 1985 (13)
        • 17(1)(175) [94]
        • 17(2)(176) [72]
        • 17春季特別増刊号 [319]
          • 特集 免疫薬理学 //p1~603
          • 第1章 免疫薬理学の展望 / 山村雄一/p1~2
          • 第2章 免疫薬理学の基礎 //p3~65
          • 1.炎症 / 東島利夫/p3~16
          • 2.アレルギー / 木村義民,ほか/p17~30
          • 3.免疫不全 / 野本亀久雄/p31~38
          • 4.免疫異常と自己免疫 / 廣瀬俊一,ほか/p39~47
          • 5.低分子免疫抑制物質と細菌感染――担癌末期に増加する修飾核酸塩基のリステリア菌感染促進作用 / 馬島敏郎,ほか/p48~57
          • 6.抗腫瘍免疫応答――癌と宿主関係の多様性の観点から / 瀧本将人,ほか/p58~65
          • 第3章 病態モデル //p66~159
          • 1.自然発症 //p66~87
          • 1)免疫学的老化モデルとしての自然発症高血圧ラット(SHR) / 武市紀年/p66~75
          • 2)ループスマウスについて――BXSBマウスを中心として / 白木正紀,ほか/p76~81
          • 3)糖尿病マウス(NOD)と免疫異常 / 豊田隆謙,ほか/p82~87
          • 2.実験モデル //p88~159
          • 1)実験的アレルギー性脳脊髄炎 / 永井博子/p88~94
          • 2)実験的自己免疫性甲状腺炎――発現とその抑制 / 岡安勲/p95~103
          • 3)Klebsiella O3 LPSアジュバントを用いて誘導される実験的睾丸炎 / 藤井康彰,ほか/p104~113
          • 4)関節炎の実験モデル / 垣本毅一,ほか/p114~124
          • 5)実験腎炎モデル / 矢野新太郎,ほか/p125~137
          • 6)実験喘息 / 伊藤幸治/p138~148
          • 7)がんの実験モデル / 橘武彦,ほか/p149~159
          • 第4章 免疫療法薬とその作用機序 //p160~326
          • 1.化学系免疫療法薬 //p160~174
          • 1)免疫調節薬 / 安倍千之/p160~166
          • 2)免疫抑制薬――サイクロスポリンの効果と作用機序 / 落合武徳,ほか/p167~174
          • 2.微生物系免疫療法薬 / 笠原忠/p175~182
          • 3.細胞系免疫療法剤――透析性白血球抽出物(DLE)および胸腺ホルモン / 岡田昌彦,ほか/p183~190
          • 4.血液系免疫療法薬 / 岩村春樹,ほか/p191~199
          • 5.植物起原の免疫療法薬 / 千原呉郎/p200~217
          • 6.副腎皮質ステロイド薬 / 吉田尚,ほか/p218~227
          • 7.抗アレルギー薬I / 江田昭英,ほか/p228~238
          • 8.抗アレルギー薬II / 田坂賢二/p239~251
          • 9.消炎鎮痛薬――非ステロイド性抗炎症剤 / 根岸雅夫,ほか/p252~262
          • 10.プロスタダランジン薬 / 鶴見介登/p263~271
          • 11.抗生物質 / 原耕平,ほか/p272~279
          • 12.サイトカイン //p280~326
          • 1)インターリュウキン1,2,3 / 高後裕,ほか/p280~291
          • 2)コロニー刺激因子 / 小澤敬也,ほか/p292~300
          • 3)リンホトキシン様物質OH-1の抗腫瘍効果 / 山下裕,ほか/p301~307
          • 4)TNF(腫瘍壊死因子) / 原中勝征,ほか/p308~319
          • 5)インターフェロン / 今西二郎,ほか/p320~326
          • 第5章 モノクローナル抗体の治療への応用 / 谷内昭,ほか/p327~336
          • 第6章 ワクチン / 平山宗宏/p337~344
          • 第7章 骨髄移植の免疫薬理学 / 幸道秀樹/p345~352
          • 第8章 アトピー性疾患の減感作療法――その現状と展望 / 中川武正/p353~361
          • 第9章 臨床評価法 //p362~413
          • 1.癌免疫療法剤の臨床評価法 / 木村禧代二/p362~370
          • 2.抗喘息薬の臨床評価法 / 鈴木修二/p371~380
          • 3.抗小児喘息薬の臨床評価 / 馬場実,ほか/p381~387
          • 4.抗アレルギー薬の臨床評価法――鼻アレルギーをモデルに / 奥田稔/p388~395
          • 5.消炎鎮痛薬の臨床評価法 / 水島裕/p396~400
          • 6.抗感染薬の臨床評価法 / 西村忠史/p401~407
          • 7.慢性肝炎における免疫治療薬の臨床評価 / 市田文弘,ほか/p408~413
          • 第10章 各種疾患の免疫療法の現状と将来 //p414~603
          • 1.血液疾患における免疫療法 / 大野辰治,ほか/p414~425
          • 2.心血管疾患における免疫療法 / 斎藤嘉美/p426~434
          • 3.腎疾患における免疫療法の現状と展望 / 石本二見男,ほか/p435~442
          • 4.消化管疾患の免疫療法 / 土屋雅春,ほか/p443~451
          • 5.肝臓疾患における免疫療法 / 溝口靖紘,ほか/p452~460
          • 6.糖尿病に対する免疫療法 / 平田幸正/p461~467
          • 7.内分泌疾患の免疫療法――悪性眼球突出症を中心に / 和泉元衛,ほか/p468~479
          • 8.喘息の免疫療法と抗喘息薬 / 本島新司,ほか/p480~490
          • 9.小児気管支喘息に対する免疫療法の現状と将来の展望 / 四宮敬介,ほか/p491~495
          • 10.呼吸器感染症の免疫療法および免疫予防 / 池本秀雄/p496~501
          • 11.呼吸器疾患の免疫療法 / 堅田均,ほか/p502~511
          • 12.全身性エリテマトーデスの免疫療法 / 竹内勤,ほか/p512~519
          • 13.慢性関節リウマチの免疫療法 / 柏木平八郎,ほか/p520~529
          • 14.膠原病の免疫療法 / 橋本博史/p530~534
          • 15.神経疾患の免疫療法 / 井形昭弘,ほか/p535~540
          • 16.耳鼻咽喉科領域疾患に対する免疫療法 / 石川哮/p541~550
          • 17.皮膚科における免疫療法――現況と明日への期待 / 野口義圀/p551~560
          • 18.眼科疾患の免疫療法――免疫抑制・抗アレルギー薬を中心として / 三村康男,ほか/p561~569
          • 19.癌免疫療法の現況と将来 / 加藤雅人,ほか/p570~581
          • 20.免疫不全症の薬物療法 / 大久保直樹,ほか/p582~588
          • 21.臓器移植の免疫抑制療法 / 大坪修/p589~595
          • 22.感染症の免疫療法 / 松本慶蔵,ほか/p596~603
        • 17(3)(177) [67]
        • 17(4)(178) [65]
        • 17(5)(179) [64]
        • 17(6)(180) [64]
        • 17(7)(181) [58]
        • 17(8)(182) [65]
        • 17(9)(183) [61]
        • 17(10)(184) [62]
        • 17(11)(185) [63]
        • 17(12)(186) [72]
      • 1986 (13)
      • 1987 (14)
      • 1988 (13)
      • 1989 (13)
    • 1990~1999 (123)
    • 2000~2009 (13)

臨床免疫の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3466401/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。