国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌. 15(7)(160)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌
    • 1970~1979 (38)
    • 1980~1989 (110)
      • 1980 (11)
      • 1981 (11)
      • 1982 (11)
      • 1983 (11)
      • 1984 (11)
      • 1985 (11)
        • 15(1)(154) [43]
        • 15(2)(155) [44]
        • 15(3)(156) [46]
        • 15(4)(157) [37]
        • 15(5)(158) [50]
        • 15(6)(159) [47]
        • 15(7)(160) [45]
          • FM拡充7年で東阪複数化へ 東・阪第2FM新局62年代登場か / A/p14~14
          • 複合・多ch化・競争激化対応 民放研90年後半以降放送秩序研究 / N/p15~15
          • 今年も「CATV85」の成功を CATV関係者の一致協力が必要 / S/p16~16
          • ベータカムが遂に主役の座へ ENG10年の活躍に賞讃の拍手 / Y/p17~17
          • 特集 民放キー局60年中間展望 //p21~37
          • 放送界新時代へ在京民放社の中・長期戦略 在京キー局新体制と今後の課題 / 編集部/p21~21
          • 屈辱をはねかえして安定高視聴率確保へ <日本テレビ>休火山から活火山へ転換 / N/p22~23
          • 新放送時代対応,放送センター準備始動 <TBS>盟友MBSとも両首脳乗入れ / A/p24~25
          • フジサングループ長期計画の推進役 <フジテレビ>FCGメディア軍団の中核に / N/p26~27
          • 待望のアーク・センター稼動で新局面 <テレビ朝日>若返り体制で課題克服へ / T/p28~29
          • 新社屋完成,日経グループ電波基地構築 <テレビ東京>21世紀向け活性化新体制 / A/p30~31
          • 中波媒体の特性発揮へ新しいムード <文化放送>躍進への社内基盤固まる / S/p32~33
          • 昨年の30周年を機に新たな展開を <ニッポン放送>"世界1位"維持が最大課題 / N/p34~35
          • ネットワーク形成と大都市多局化対応課題 <FM東京>新社屋であくなき音の原点追求 / A/p36~37
          • 現行テレビ放送の画質改善協議促進 最新の画像処理技術を駆使して / 編集部/p38~40
          • 民放FM界,全国拡充途次で複数化へ 差し向き東京81.3,大阪80.2MHz / 編集部/p52~54
          • いよいよ本格TV文字多重放送時代 放送事業者第21H,第3者第14,15,16H / 編集部/p56~57
          • グラビア ビデオフォーカス映像センター プリプロから総合技術プロダクションへ //p44~
          • 時局インタビュー 工場抵当法の改正とこれからのCATV 近藤鉄雄自民党通信部会長にきく / 編集部/p48~50
          • 変貌する世界のメディア (91) 新ネットワークの動き / 片方善治/p68~71
          • CATV自主番組編成論・私論 (4) 視聴者はCATVで何を観ようとしているのか / 村上昌/p72~73
          • 民放売上げ1兆3,237億円,経営利益1,208億円 59年度全民放決算・本社集計 / 編集部/p66~67
          • 民放トップ人事・新社長プロフィール //p58~60
          • 郵政省新体制人事 / A/p62~63
          • NHK役員人事・組織改正・人事異動 //p64~64
          • 民放連新任理事に羽佐間,福嶋,平山氏 羽佐間営業,平山音声放送委員長 //p57~57
          • 新聞協会,14代会長に小林読売新聞社長 文字放送で郵政大臣に要望書を提出 //p65~65
          • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 //p74~76
          • 新企画 フォト・トピックス //p8~
          • ニュース・スポット //p18~19
          • MONTHLY MEMO //p77~77
          • ビデオ・トピックス //p80~81
          • 新製品紹介 //p82~83
          • 編集局 / A/p84~84
          • 既刊案内 //p85~85
        • 15(8)(161) [43]
        • 15(9)(162) [39]
        • 15(10)(163) [41]
        • 15(11)(164) [43]
      • 1986 (11)
      • 1987 (11)
      • 1988 (11)
      • 1989 (11)
    • 1990~1999 (110)
    • 2000~2009 (11)

月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3468720/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。