国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌. 30(2)(320)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌
    • 1970~1979 (38)
    • 1980~1989 (110)
    • 1990~1999 (110)
    • 2000~2009 (11)
      • 2000 (11)
        • 30(1)(319) [63]
        • 30(2)(320) [67]
          • 注目されるBS多チャンネル化国際動向 第三地域で各国12ch割当共同提案 / A/p22~22
          • 地上デジタル化問題へ「挙国一致体制」 民放連、氏家会長以下“4副会長”で / N/p23~23
          • ソニーと松下がプレNAB記者会見開催へ HDとネットワーク化でシステム提案 / 矢/p24~24
          • 特集 デジタルポストプロダクション2000 //p36~68
          • 主要ポストプロダクション100社のデジタル編集室設備 HD対応設備がリニアとノンリニアの両方で進展 / 編集企画部/p36~36
          • 本誌オリジナル調査 主要ポストプロダクションのデジタル編集室設備 //p37~68
          • コンベンショナルシステム //p37~56
          • ノンリニア編集システム //p57~68
          • トップ・インタビュー HDTV@imagicaをテーマに積極展開--赤坂、五反田に続き、秋には品川にSビル完成 / 星 正人 ; 巽 宏之 ; 徳永 徹三/70~73
          • トップ・インタビュー CM編集のHD化に続き、番組収録・編集もHD化--今後はテレシネの導入、24pのビジネス検証を / 金子 達 ; 高瀬 恭司 ; 大西 良二/74~77
          • トップ・インタビュー HD・SDスイッチャブル編集室を稼働 素材のマルチフォーマット化に対応 / 羽鳥能史/p78~79
          • トップ・インタビュー HD対応の第一弾としてHDインフェルノを稼働 HDに限らず高解像度映像分野も積極展開へ / 粕谷泰男 他/p80~81
          • トップ・インタビュー CM編集に特化しHDノンリニアシステム導入 インフェルノ4台他をネットワーク化 / 石井喜三郎 他/p82~83
          • 時局インタビュー BSデジタル開始に向け国内市場にHD積極展開--HD-D5とDVCPRO HDの2方式で / 山本 克彦 ; 樋口 政孝/86~89
          • 時局インタビュー マルチフォーマット対応システムとして24pを展開--カムコーダーの投入でラインアップが完成へ / 早坂 高志/90~93
          • グラビア 松下電器ビデオシステム事業部システム工場 マシンセルでヘッド、基板等の基幹部品製造の自動化を実現 //p16~
          • HDノンリニアシステム・ユーザー訪問(4) ノンリニア合成編集室にHDインフェルノ ハイビジョン・リアルタイム入出力でフル稼動 / 金子哲也/p94~95
          • 集中連載「本放送開始直前のBSデジタル放送」(第6回)衛星寿命とデジタル放送普及の兼合い / 西 正/100~103
          • 変貌する世界のメディア(247)CATV、デジタルTV、IネットTV、プラズマTVとその周辺の動向 / 片方 善治/104~107
          • クローズアップ!地域発信番組(第1回)仙台からの初便り / 田原 茂行/108~110
          • 博報堂、中期目標掲げ新体制 宮川社長下、取締役新任3氏 //p96~97
          • TBS、番組制作関連3部門を分社化 ラジオ、制作、スポーツ分社概要 / A/p98~98
          • 携帯電話向けコンテンツビジネスに進出 TFM他異業種9社で「ドットモビィ」 //p99~99
          • インターネットと映画、メディアミックス NEC、東映、東映アニメで展開 //p112~112
          • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 //p114~118
          • フォト・トピックス //p4~
          • ニュース・スポット //p26~35
          • PCM放送調査情報 //p120~121
          • ビデオ・トピックス //p122~124
          • 新製品紹介 //p126~127
          • 編集局 / 矢/p128~128
          • 既刊案内 //p129~129
        • 30(3)(321) [49]
        • 30(4)(322) [43]
        • 30(5)(323) [45]
        • 30(6)(324) [65]
        • 30(7)(325) [57]
        • 30(8)(326) [61]
        • 30(9)(327) [55]
        • 30(10)(328) [49]
        • 30(11)(329) [49]

月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3468880/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。