国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌. 30(10)(328)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌
    • 1970~1979 (38)
    • 1980~1989 (110)
    • 1990~1999 (110)
    • 2000~2009 (11)
      • 2000 (11)
        • 30(1)(319) [63]
        • 30(2)(320) [67]
        • 30(3)(321) [49]
        • 30(4)(322) [43]
        • 30(5)(323) [45]
        • 30(6)(324) [65]
        • 30(7)(325) [57]
        • 30(8)(326) [61]
        • 30(9)(327) [55]
        • 30(10)(328) [49]
          • 超高速インターネットの整備と人材確保 IT戦略会議で話題にしていること / A/p22~22
          • BSデジタル普及2010年で8割程度へ 民放研、地上波広告は年平均1.6%減と / N/p23~23
          • D1/D5編集設備でHD編集を実現 映像研が日本テレビ、松下等の協力で //p24~24
          • 特集 IBC2000と欧州最新放送局設備 //p34~41
          • IBC2000現地レポート インタラクティブ、ネットワーク、アーカイブ等が鮮明に 最先端の放送技術がアムステルダムに集結 / 編集企画部/p34~41
          • IBC現地インタビュー エニイキャストをテーマにインタラクティブ放送の新たなシステムを提案--HDシステムは24p中心に欧州でも導入が本格化の兆し ソニー(株)常務 大木充氏 / 染矢 清和 ; 大木 充/42~45
          • IBC現地インタビュー HD-D5、DVCPROで欧州のHD市場をリード--DVCPROに加えて業務用のDVフォーマット機器も展開へ 松下電器産業(株)AVC社システム担当理事 山本克彦氏 / 山本 克彦 ; 染矢 清和/46~49
          • IBC現地インタビュー 他社を大きく引き離し放送用ビデオサーバーのトップメーカーに HDプロダクション、エレクトリックシネマシステム等も展開へ / マイク・クロンク/p50~51
          • IBC注目の新製品 新ビデオ・ネットワークモニタリング技術 リアルタイムで最大21ポートの入力、マルチレイヤーの監視実現 / 高橋英樹/p52~53
          • データ放送における帯域幅の有効活用で収益向上へ ロジックイノベーション、MPEGソリューション提案 / エミー・ノーマン/p54~55
          • 現地取材:欧州最新放送設備 ブラウジングサーバーによる最新ニュースシステムを本格的に稼働--1日7時間半の生ニュース番組、本年〔2000年〕10月からDVBもスタート / エスス マルティン ; ビセンテ アルカラ ; 染矢 清和/56~60,4~5
          • トップインタビュー FPUとの周波数の共用で安定したワイヤレスマイクの運用を実現--連盟設立10周年迎え、イヤー・モニターシステムも始動 特定ラジオマイク利用者連盟理事長 八幡泰彦氏 / 染矢 清和 ; 八幡 泰彦/62~65
          • グラビア 欧州ビジネスの新拠点としてベルリンに巨大なソニーセンター開設 エンターティメント施設併設、文化遺産を移設しセンター内保存へ /
          • グラビア 最新ニュースシステムの導入で制作の効率化と素材のオープン化実現 テレマドリッド、マドリッドのコミュニティに質の高い番組提供 /
          • 地上デジタル音声放送の導入等前進 技術基準等9月電監審に諮問 / 編集部/p66~67
          • 郵政省、NHKのBS放送に認定 / 編集部/p68~68
          • デジタルテレビの課題と可能性(6) / 西 正/73~75
          • クローズアップ!地域発信番組(9)アジアへ地球へ『電撃黒潮隊』&『オーロラからの手紙』 / 田原 茂行/70~72
          • 変貌する世界のメディア(255)中国の情報産業発信計画、TVデジタル化計画 / 片方 善治/76~79
          • 蓄積型データ放送等のサービスプラットフォーム事業を企画 松下、東芝、ソニー、日立の4社で //p61~61
          • 「CEATCJAPAN2000」開催 2大展示会が統合、5日間で17万人来場 //p69~69
          • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 //p80~85
          • ニュース・スポット //p25~33
          • PCM放送・FM放送調査情報 //p86~87
          • ビデオ・トピックス //p88~89
          • 新製品 //p90~91
          • 編集局 //p92~92
          • 既刊案内 //p93~93
        • 30(11)(329) [49]

月刊放送ジャーナル : ミニコミとマスコミの総合誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3468888/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。