国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護展望. 22(2)(257)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護展望
    • 1970~1979 (38)
    • 1980~1989 (124)
    • 1990~1999 (130)
      • 1990 (13)
      • 1991 (13)
      • 1992 (13)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
      • 1996 (13)
      • 1997 (13)
        • 22(1)(256) [67]
        • 22(2)(257) [99]
          • 特集/新カリキュラム構築・展開事例集 //~176
          • 編集にあたって / 『看護展望』編集室/p1~1
          • PartI 全体枠組みの構築 //~65
          • 看護婦3年課程 当校の独自性・特殊性を表現したカリキュラム / 高田みつ子・他/p6~14
          • 看護婦3年課程 看護実践の基礎的能力の育成を目指したカリキュラム案 / 鎌田美智子・他/p15~26
          • 看護婦3年課程 教育理念の科目構築への展開 / 川勝光子・他/p27~33
          • 看護婦3年課程 21世紀のヘルスケアに適応する看護教育カリキュラムを目指して / 菊地芳子/p34~41
          • 看護婦3年課程 社会保険看護専門学校の体系的な実践カリキュラム / 吉田喜久代・他/p42~52
          • 保健婦課程 看護教育のなかの保健婦課程を意識したカリキュラム / 岩永牟得/p53~61
          • 助産婦課程 社会の要請に適応した助産婦教育の場を目指して / 山崎トヨ/p62~65
          • PartII 専門分野のカリキュラム案と展開 //~176
          • 基礎看護学 学生が看護を魅力あるものとしてとらえられるような展開を目指して / 桑田恵子 ; 中野和代/p68~72
          • 基礎看護学 学生が"わかる""できる"喜びを味わえることを目指して / 池西静江/p73~79
          • 在宅看護論 在宅看護論と各看護学との関係をふまえた教育内容を構築 / 笠井勝代/p80~86
          • 在宅看護論 学生に多くの場と看護活動を学ばせたい / 湯舟貞子・他/p87~91
          • 在宅看護論 "生活モデル"でのアプローチを視座においた検討 / 海上芙美子・他/p92~99
          • 成人看護学 基本概念の見直しから内容構築へ / 小野港・他/p100~106
          • 成人看護学 学生が主体的に学べる学習展開をさぐる / 川副箏子・他/p107~115
          • 成人看護学 概論,疾病論,援助論,臨地実習で構成 / 淘江七海子・他/p116~121
          • 老年看護学 高齢化が進む県内事情に即して教授内容を構築 / 藤井博英・他/p122~126
          • 老年看護学 老年者をどうとらえるかが欠かせない視点 / 後藤マキ子 ; 大場祐子/p127~132
          • 小児看護学 理論と実際をどうかみ合わせていくか / 大鳥直子・他/p133~138
          • 母性看護学 学習内容の体系化を目指した教育内容の構築 / 森田治枝・他/p139~144
          • 精神看護学 精神看護学の新設により開かれた可能性は大きい / 藤明アケミ/p145~151
          • 精神看護学 各専門領域との関係を明らかにし教授内容を構築 / 我那覇京子/p152~157
          • 単位制の運用 どのように単位制を運用するのか / 菅原スミ/p158~160
          • 単位制の運用 新しい考え方をどのような流れで実際のものとしていくか / 小池妙子/p161~168
          • 統合カリキュラム教育 どのように統合カリキュラム教育を目指すのか 今,看護職者に求められているもの / 山田里津/p169~176
        • 22(3)(258) [67]
        • 22(4)(259) [67]
        • 22(5)(260) [68]
        • 22(6)(261) [67]
        • 22(7)(262) [66]
        • 22(8)(263) [66]
        • 22(9)(264) [66]
        • 22(10)(265) [65]
        • 22(11)(266) [66]
        • 22(12)(267) [66]
        • 22(13)(268) [67]
      • 1998 (13)
      • 1999 (13)
    • 2000~2009 (13)

看護展望の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3469445/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。