国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

月刊ナーシング = Nursing. 5(10)(58)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 月刊ナーシング = Nursing
    • 1980~1989 (110)
      • 1981 (9)
      • 1982 (11)
      • 1983 (13)
      • 1984 (13)
      • 1985 (13)
        • 5(1)(49) [91]
        • 5(2)(50) [83]
        • 5(3)(51) [89]
        • 5(4)(52) [99]
        • 5(5)(53) [101]
        • 5(6)(54) [105]
        • 5(7)(55) [99]
        • 5(8)(56) [89]
        • 5(9)(57) [89]
        • 5(10)(58) [91]
          • 特集 いま看護はいかに継続されているか〔I〕施設内看護の"継続性"を問う/p1415~1498
          • 巻頭特別インタビュー "看護を継続する"ということ その今日的意義と現状と / 中尾アヤコ/p1416~1428
          • いま,なぜあらためて"継続性"なのか 関心の高まりのなかでのいくつかの課題と展望と / 高橋美智/p1429~1435
          • アメリカのプライマリ・ケアにみる医療の"継続性" ハーバード大学プライマリ・ケア内科での経験から / 福井次矢/p1436~1440
          • クリニカル・レポート 「1」外来-病棟の連携をいかにはかるか 乳房喪失を受容できない乳癌患者への援助を通して / 大西照美 ; 前田直子 ; 野玉井代子 ; 内藤寿喜子/p1444~1452
          • クリニカル・レポート 「2」外来・透析室・検査室と病棟での看護をいかに"継続"させるか 継続看護用紙・チェックリストを活用した他部門との連携について考える / 加藤ユミ ; 杉田芙美恵/p1453~1460
          • クリニカル・レポート 「3」看護計画のよりよい継続・発展のために“カンファレンス”をいかに活用するか その有効性を再検証する / 高野加奈 ; 水谷良子 ; 平田よし子 ; 松井惟子/p1468~1473
          • クリニカル・レポート 「4」3交代勤務のなかでいかにスムーズに看護を継続"させるか IVH管理基準化への試みとその実際を通して / 伊藤美江 ; 登坂有子/p1474~1478
          • クリニカル・レポート 「5」退院後のセルフ・ケア確立を目指した"看護の継続性"を考える 尿路変更術を受けた患者の外来および地域での支援過程を通して / 佐藤佳子 ; 糀谷弥栄子/p1479~1487
          • 体験レポート 精神科病棟における小グループ制・継続受持方式の試み プライマリ・ナーシングの実践過程とナースの変容 (1) / 佐伯明代子/p1488~1498
          • 学びの場からのレポート 「1」ホーム・ケアへ向けての"継続看護"を考える 橋出血後遺症による四肢不全麻痺患者の援助経験から / 南波春樹/p1501~1507
          • 学びの場からのレポート 「2」看護の究極にあるものを求めて 3年間の“学び”のなかから / 高羽敏子/p1508~1511
          • 特別論稿 "成人病"管理の指針 病因論および歴史的社会環境をふまえて / 内藤雅子 ; 遠藤幸孝 ; 根岸龍雄/p1512~1525
          • ベッドサイド・ケアを再考する "疾患をもつ患者"によくみられる問題状況とデイリー・ケアの展開 (1) 食道癌患者の術前・術後の栄養面から / 岡田八千恵 ; 松田明子/p1527~1534
          • ベッドサイドを科学する -12 ネブライザーも変化球も原理は同じ? / 平田雅子/p1535~1539
          • ナーシング・エリア 人間のいる風景 ・その19 子規の名著に学ぶ木川総婦長の現代訪問看護論 / 藤原作弥/p1540~1541
          • 巻末連載 ベッドサイドのリハビリテーション ADLからQOLへ 動きに障害をもつ患者のQOL向上のために (2) 起き上がれない患者の看護・2 / 江藤文夫/巻末No.1~16
          • 7月号案内/p1497~1497
          • 8月号案内/p1511~1511
          • 10月号予告・編集室 / 中村/p1542~1542
        • 5(11)(59) [95]
        • 5(12)(60) [91]
        • 5(13)(61) [95]
      • 1986 (13)
      • 1987 (12)
      • 1988 (13)
      • 1989 (13)
    • 1990~1999 (130)
    • 2000~2009 (13)

月刊ナーシング = Nursingの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3472774/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。