国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

民医連医療. (308)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 民医連医療
    • 1980~1989 (104)
    • 1990~1999 (119)
      • 1990 (12)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (12)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
        • (306) [46]
        • (307) [48]
        • (308) [52]
          • 特集 「民主的集団医療」を考える //p6~44
          • インタビュー 論文「民主的集団医療の到達と今後の課題(案)」の発表の意義を聞く / 水戸部秀利/p6~8
          • 第3回学術運動交流第1セッション パネルディスカッション //p9~24
          • 北海道勤医協中央病院医師集団の現状と課題、そして展望 / 田村裕昭/p9~13
          • 診療委員会制度の経験と課題 / 天下みゆき/p14~17
          • 病院と保険薬局の薬剤師の役割について / 奥村礼子/p18~20
          • 大規模病院における看護の果たす役割 気になる患者の訪問を糸口にして / 佐藤静香/p21~24
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 県連方針と医師養成を成功させるために / 宮下勝政/p25~26
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 日常医療を通してあらためて問われる、医師の役割 / 菊本直樹/p27~28
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 「真実を共有する医療をすすめる実行委員会」の経験から / 武谷悦子/p29~30
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 保険薬局の経験から / 村瀬喜代子/p31~32
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 特別養護老人ホームにおける民主的集団生活支援の活動について / 川島亮平/p33~34
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 事務の「総合的な成長」と「事務政策」から見た到達と課題 / 原田正司/p35~36
          • 論文「民主的集団医療の到達と課題(案)」を読んで 民医連放射線技師としての28年間を通して考える / 高橋芳伸/p37~37
          • 民主的集団医療に関するアンケート調査報告 / 全日本民医連医療活動部/p38~44
          • 福岡県連における「医療宣言」の取り組み / 今冨誠/p50~51
          • 98年度予算編成にむけての基本的視点 / 坂根利幸/p53~58
          • 講演 岐路にたつ日本社会 (下) 日本型大衆社会統合の大改編と対抗戦略 / 後藤道夫/p59~72
          • 石川民医連職員の精神保健の現況について / 松浦健伸/p73~80
          • 研究会レポート 第22回民医連呼吸器疾患研究会 / 宮下哲一/p81~82
          • 第14回全日本民医連循環器懇話会 / 村田裕彦/p83~84
          • 随筆 子どもたちから感じること―「より良く」なれない自分との出会い / 橋本あゆみ/p45~45
          • 福祉のページ (3) ホームヘルパー養成講座にとりくんで / 小林真理子/p46~47
          • 看護-こんな工夫しています (61) 透析患者用に内服薬サンプル帳を作成して / 菊地利子/p48~49
          • マンガ 花も実もある (41) / いわまみどり/p85~85
          • 身近なサイエンス (17) 身近な抗菌素材とその進歩 / 若狭純子/p86~87
          • 民医連ならではの歯科医療 (20) 訪問歯科診療での事務職員の役割 / 川崎美奈子/p88~89
          • 私のティータイム (59) 出会いを大切に―写真(カメラ)とともに / 平修/p90~91
          • 民医連倶楽部 //p93~92
          • バックナンバー //p94~94
          • 読者のひろば / 堀川久子 ; 山本洋子 ; 生松みち子 ; 佐々木正好 ; 松谷美乃里/p95~95
          • 編集の窓 / 箱木 ; 小柴 ; 岡村/p96~96
        • (309) [46]
        • (310) [46]
        • (311) [44]
        • (312) [50]
        • (313) [50]
        • (314) [47]
        • (315) [43]
        • (316) [46]
        • (317) [48]
      • 1999 (11)
    • 2000~2009 (12)

民医連医療の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3473211/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。