国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

民医連医療. (330)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 民医連医療
    • 1980~1989 (104)
    • 1990~1999 (119)
    • 2000~2009 (12)
      • 2000 (12)
        • (329) [47]
        • (330) [51]
          • 特集/人権を守る医療とカルテ開示/7~37
          • シンポジウム/カルテ開示と受療権/8~26
          • 問題提起 / 金谷 邦夫/8~12
          • 相談室、在宅介護支援センターからみた受療権をめぐる現状 / 鮎沢 ゆかり/12~16
          • なぜ、今カルテ開示か? / 太田 仁士/16~20
          • 患者が「カルテ開示」を受けて、生き抜く喜びを知る / 安藤 孝司/20~23
          • 患者や病人の悲鳴から医療者に考えてほしいこと / 辻本 好子/23~26
          • 資料・民医連院所で医療情報開示・カルテ開示に取り組むうえでのガイドライン(案) / 全日本 民医連 医療 活動部/27~30
          • 「診療情報開示(いわゆるカルテ開示)にむけて討議ととりくみをすすめよう」以降の論議と特徴について / 木藤 正樹/31~33
          • 資料 診療情報開示(いわゆるカルテ開示)にむけて討議ととりくみをすすめよう(1999年6月19日) / 全日本 民医連 第17回 定例 理事会/33~37
          • 講演 いのち・人間・生きる / 秋葉 英則/47~52
          • 現代の支配層の「弱者」切り捨て思想 / 竹内 彰郎/53~59
          • 一般医療への侵食をねらう米軍と自衛隊--「戦争法」協力を拒否し、医療の軍事利用を許さない広範な世論を / 平山 武久/60~65
          • 国立大学の独立行政法人化をゆるさず、本当の大学改革を実現しよう / 加村 梓/66~71
          • 独立行政法人通則法 抜粋 //p72~74
          • 副作用モニター・99年度上半期副作用報告のまとめ / 全日本 民医連 薬剤 検討 委員会/75~80
          • 研究会レポート 第23回全国腎疾患管理懇話会 / 高村宏明/p81~82
          • 随筆 こんな時代だからこそ「和」を大切にしたい / 吉澤俊明
          • 民医連院所のある風景 八戸生協診療所 / 宮沢 守/2~6
          • メディカルエッセイ 一病息災 / 真鍋ゆたか/p39~39
          • 「薬害CJD訴訟」で明らかになる厚生省の責任 (2) 見過ごされてきた危険性 / 矢吹紀人/p40~41
          • かむ権利を守る歯科医療をめざして 民医連歯科の実践 (6) アンケートを通してふくらんだ医科歯科連携のイメージ / 中野俊介/p42~43
          • きらり民医連―民医連の教育活動 (20) 共同組織の要求学ぶ検査共同事業所の中堅研修 / 太田道晴/p44~45
          • まんが 花も実もある (63) / いわまみどり/p83~83
          • 現代版『働く人びとの病気』 (第12章) ノルマストレス / 広瀬俊雄/p84~85
          • 私のティータイム (81) やってみればわかるゴルフの楽しみ / 斎藤基/p86~87
          • 閲覧室 //p88~88
          • 民医連倶楽部 //p89~89
          • クロスワードクイズ //p92~92
          • 読者のひろば / 越中逸平 ; 岡島清太郎 ; 林美恵子 ; 曽我部久仁子 ; 佐々木正好 ; 近藤明美/p93~93
          • 編集の窓 / 箱木 ; 鹿島 ; 長野/p94~94
        • (331) [45]
        • (332) [47]
        • (333) [47]
        • (334) [45]
        • (335) [47]
        • (336) [47]
        • (337) [45]
        • (338) [47]
        • (339) [41]
        • (340) [47]

民医連医療の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3473233/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、国立国会図書館オンラインで利用規約に同意の上、サービスにログインする必要があります。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス 3利用規約))
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスも利用できます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。