国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本看護科学会誌 = Journal of Japan Academy of Nursing Science. 11(1)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本看護科学会誌 = Journal of Japan Academy of Nursing Science
    • 1980~1989 (20)
    • 1990~1999 (34)
      • 1990 (3)
      • 1991 (3)
        • 11(1) [34]
          • 会長講演 人の立場に立つことへの思索 / 見藤隆子/p1~8
          • 在宅酸素療法患者のQuality of Lifeに関連する要因の分析――満足感に焦点をあてて / 深野木智子 ; 村嶋幸代 ; 飯田澄美子/p9~21
          • 産婦の不安を軽減するための看護の方法に関する研究――自律訓練法によるRelaxation効果からみて / 森恵美 ; 前原澄子/p22~32
          • シンポジウム:新しい看護教育 議論のあとに残ったもの,残されたもの――混沌,そこから芽生える若い力 / 杉森みど里/p33~36
          • シンポジウム:新しい看護教育 「新しい看護教育」に参加しての私見 / 小代聖香/p36~40
          • 第2回国際看護学術セミナーの報告 / 樋口康子/p41~42
          • 学会記事 / 片田範子/p43~57
          • 会誌寄稿規定 //p58~58
          • 編集後記 / 雨宮 ; 小玉/p59~59
          • 学術会議だより / 日本学術会議広報委員会/p60~61
        • 11(2) [47]
          • 虚血性心疾患をもちながら生活する男性のクオリティ・オブ・ライフを測定する質問紙の開発に関する研究――病をもちながらの生活管理の質問紙に焦点を当てて / 黒田裕子/p1~16
          • 全体性への接近――発動性と遊びに焦点をあてての考察 / 近田敬子/p17~23
          • 子どもの健康度尺度の作成とその信頼性・安定性および妥当性の検討 / 木村留美子/p24~34
          • 痛み表現語がもつ痛み強度値に関する研究――大学生・成人・高齢者の集団を対象に / 岡崎寿美子/p35~43
          • 在宅片麻痺老人患者のADL変化に関する要因の分析――患者及び家族の日常生活に視点をあてて / 深谷安子 ; 村嶋幸代 ; 飯田澄美子/p44~54
          • 痴呆性老人をかかえる家族のインフォーマルな社会的支援――都市・農村・離島の比較から / 福島道子 ; 渋谷優子 ; 北島正子/p55~63
          • 看護ケアの評価の枠組――クリティカルケアを必要とする対象の生活行動援助を中心に / 井上智子 ; 中西睦子/p64~75
          • 看護倫理検討委員会報告 / 片田範子 ; 井部俊子 ; 佐藤蓉子 ; 志自岐康子 ; 中西睦子 ; 藤枝知子 ; 見藤隆子 ; 南裕子 ; 横尾京子 ; 渡会丹和子 ; 山崎慶子/p76~79
          • NEWS FROM JANS //p81~84
          • 会誌寄稿規定 //p85~85
          • 編集後記 / 島内 ; 小玉/p86~86
          • 学術会議だより / 日本学術会議広報委員会/p87~88
        • 11(3) [124]
          • 日本看護科学学会会長、開催地および開催期日 /
          • 日程表 //p2~2
          • 会場までの交通案内図 //p3~3
          • 会場案内図 //p4~5
          • 学会に参加される方へのお知らせ //p6~6
          • 一般演題について //p7~7
          • 第11回 日本看護科学学会学術集会 //p8~24
          • 学会長講演 生活の援助と地域看護―時代の変化とともに― / 飯田澄美子 ; 常葉恵子/p1~3
          • シンポジウム A プライマリ・ヘルスケアにおける看護の専門的機能 / 島内節 ; 野口美和子 ; 伊藤真由美 ; 松下拡 ; 山崎摩耶/p4~13
          • シンポジウム B 看護の継続性を発展させるために―それを支える理論と実践― / 松下和子 ; 金川克子 ; 江口秀子 ; 杉浦芳子 ; 川名典子/p14~23
          • 一般演題(口演) //p25~185
          • 一般演題(示説) //p187~205
          • 第11回日本看護科学学会委員 //p206~207
          • 日本看護科学学会からのお知らせ //p207~207
      • 1992 (4)
      • 1993 (3)
      • 1994 (4)
      • 1995 (4)
      • 1996 (3)
      • 1997 (4)
      • 1998 (3)
      • 1999 (3)
    • 2000~2009 (3)

日本看護科学会誌 = Journal of Japan Academy of Nursing Scienceの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3474082/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。