国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本臨床栄養学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Clinical Nutrition. 3(1)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本臨床栄養学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Clinical Nutrition
    • 1980~1989 (17)
      • 1982 (5)
        • 1(1) [49]
        • 2(1) [83]
        • 3(1) [85]
          • ワークショップ 「病態と栄養診断」を開催するにあたって――身体側面からみたmarginal nutrient deficiencyについて / 細谷憲政/p1~4
          • ビタミンA //p5~5,7~17,17A~30
          • ビタミンAについて / 阿部裕/p7~8
          • ビタミンAの潜在的欠乏状態における体内代謝の様相とその対策 / 武藤泰敏/p9~17
          • 各種疾患に於ける結合蛋白からみたビタミンAのMarginal deficiencyについて / 守田則一 ; 塩飽徳行 ; 時修一 ; 井上幹夫/p17A~17A
          • 血漿ビタミンA値に影響を及ぼす因子と疾患との関係 / 紀氏汎恵/p18~22
          • 外科領域における病態,手術侵襲とビタミンA / 柏崎修 ; 久保宏隆 ; 長尾房大/p23~30
          • ビタミンD //p31~31,33~43
          • ビタミンDの代謝に関連した栄養欠陥 / 細谷憲政/p33~36
          • 糖尿病における骨減少症とビタミンD代謝 / 石田均 ; 清野裕 ; 井村裕夫 ; 池田正毅 ; 八幡三喜男 ; 山下源太郎/p37~43
          • ビタミンE //p45~45,47~72
          • Marginal Vitamine E Deficiency / 五島雄一郎/p47~48
          • 新生児期のビタミンEのmarginal deficiencyをめぐる問題点 / 美濃真/p49~59
          • 膵炎とビタミンE欠乏 / 谷村弘 ; 加藤仁司 ; 日笠頼則/p60~67
          • 血管障害急性期のビタミンEの変動とその臨床栄養学的意義 / 木畑正義/p68~72
          • ビタミンB₁ //p73~73,75~99
          • 潜在性ビタミンB₁欠乏状態 / 阿部達夫/p75~75
          • わが国におけるmarginal thiamine deficiencyに関する諸問題 / 糸川嘉則/p76~81
          • わが国におけるビタミンB₁の潜在的欠乏状態 / 井形昭弘/p82~88
          • 末梢神経障害からみたビタミンB₁欠乏状態――subclinical neuropathyを中心として / 高橋和郎 ; 深田倍行 ; 中島健二 ; 島雄満子/p89~94
          • アルコール常用者における潜在的・典型的ビタミンB₁欠乏症 / 橋詰直孝 ; 安田和人/p95~99
          • ビタミンB₂ //p101~101,103~123
          • ビタミンB₂のMarginal Nutrient Deficiency / 八木國夫/p103~103
          • ビタミンB₂の腸管吸収 / 西垣郁雄 ; 中川洋吉 ; 八木國夫/p104~109
          • 抗生物質投与によるビタミンB₂欠乏症 / 山本良子 ; 八木國夫/p110~113
          • 過酸化脂質投与とビタミンB₂欠乏症 / 斎藤靖子 ; 八木國夫/p114~119
          • ビタミンB₂欠乏症の発症メカニズムとmarginal deficiencyの診断 / 八木國夫/p120~123
          • ビタミンC //p125~125,127~148
          • Impact of Marginal Vitamin C Deficiency / D.Hornig/p127~141
          • 栄養状態の判定における若干の問題点 / 鈴木継美/p142~148
          • 学会活動状況 //p149~150
          • 日本臨床栄養学会資料 //p151~151,153~155
          • 編集後記 / Y.H./p160~160
        • 3(2) [43]
        • 4(1) [99]
      • 1983 (2)
      • 1984 (2)
      • 1985 (2)
      • 1986 (2)
      • 1987 (1)
      • 1988 (1)
      • 1989 (2)
    • 1990~1999 (27)

日本臨床栄養学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Clinical Nutritionの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3474156/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。