国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Brain nursing = ブレインナーシング. 1(6)(6)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Brain nursing = ブレインナーシング
    • 1980~1989 (56)
      • 1984 (1)
      • 1985 (5)
        • 1(3)(3) [66]
        • 1(4)(4) [61]
          • 序言 / 半田肇
          • 特集 脳血管障害―その治療と看護のポイント― //p5~58
          • 1 脳血管障害の診断 / 田崎義昭/p5~11
          • 2 高血圧性脳出血の手術 / 齊木巖 ; 金谷春之/p12~19
          • 3 脳動脈瘤の手術 / 山浦晶/p20~24
          • 4 脳動静脈奇形の治療 / 貫井英明/p25~34
          • 5 脳血管閉塞性疾患の外科治療 / 唐澤淳/p35~42
          • 6 ウィリス動脈輪閉塞症――"モヤモヤ"病 / 米川泰弘 ; 半田肇/p43~49
          • 7 脳血管障害患者の看護――破裂脳動脈瘤患者の看護ケアーのポイント / 井上美保子 ; 下見幸子/p50~53
          • 8 脳動脈瘤の術前・術後の看護 / 宮田ヤス子 ; 山本博子/p54~58
          • 誌上セミナー 脳卒中集中管理(1)卒中後の重症患者の人工呼吸器による管理について / 美馬正彦/p98~108
          • 連載講座 //p75~88
          • ナースに必要な検査法 CTの発達史から診断上の基礎・実践編まで CTスキャンの見かた (その2) / 松井孝嘉 ; 太田富雄/p75~77
          • くすりの知識 てんかんの治療法と抗てんかん薬総覧――抗てんかん薬 / 間中信也/p78~81
          • 看護に必要な小児脳神経外科の知識 2 脊椎披裂につづく〈中枢神経系疾患〉 囊胞性頭蓋披裂 / 林隆士 ; 橋本武夫/p83~88
          • ケア・スタディ 急性期を脱した患者のADL拡大について――脳動脈瘤破裂のS氏を通して / 靏薗真理子 ; 佐藤恵子 ; 村井真理子 ; 江木真由美 ; 阿倍淳子/p89~94
          • Q&A 破裂脳動脈瘤急性期の術後観察における注意点 / 児玉南海雄/p95~97
          • DATA 推計人口統計 //p59~59
          • TOPICS 女性と飲酒/ソ連版「非行少女」の実態/ほか //p60~61
          • BOOKS 「コード・ブルー」「女の器量はことばしだい」 //p62~63
          • Word こども拒否症 //p63~63
          • INSIDE VIEW 新人教育のファースト・ステップ //p64~66
          • The Student in Japan シンガポール ・Gohさん / Goh Guat Ngoh ; 坪川孝志/p82~82
          • 次号予告・セミナー案内 //巻末
          • フレッシュ・チーム 各施設における医療の現状は //p67~74
          • 東京慈恵医科大学附属病院脳神経外科 / 神田龍一 ; 大水美名子 ; 小路美喜子/p67~69
          • 奈良県立医科大学附属病院脳神経外科 / 内海庄三郎 ; 外賀昭 ; 瀬山和世/p70~74
        • 1(5)(5) [67]
        • 1(6)(6) [66]
          • 序言 / 高倉公朋
          • 特集 小児の脳神経外科―その治療と看護のポイント― //p5~61
          • 1 小児の頭部外傷 / 加藤康雄 ; 中村紀夫/p5~13
          • 2 先天奇形 / 大井静雄 ; 松本悟/p14~25
          • 3 小児の脳感染症 / 加川瑞夫 ; 井沢正博/p26~32
          • 4 小児の脳腫瘍 / 馬場啓至 ; 森和夫/p33~38
          • 5 小児のリハビリテーション / 篠塚直子 ; 上田敏/p39~44
          • 6 乳幼児の看護 / 森惟明/p45~50
          • 7 小児救急患者の看護――搬入時初療の看護を中心に / 原田和子/p51~55
          • 8 小児脳神経外科患者の看護基準 / 安原保江 ; 本田淳子 ; 伊藤タカ/p56~61
          • WFNNレポート 第4回国際脳神経外科看護学会/トロントで開催される――参加者の表情 / 岡田康子/p105~108
          • WFNNレポート WFNNに参加して――学会発表レポート / 佐藤貞子/p109~113
          • 連載講座 //p75~94
          • ナースに必要な検査法 脳血管造影の具体的方法・管理と看護 血管撮影 (第1回) / 福住明夫 ; 奥寺利男/p75~82
          • くすりの知識 抗生物質療法の基本とポイント 抗生物質 / 藤井良知/p83~86
          • 看護に必要な小児脳神経外科の知識 4 全前脳症・脳梁欠損症・水無脳症―全前脳症 / 林隆士 ; 橋本武夫/p87~94
          • Q&A 脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血患者の待期手術について / 内海庄三郎/p95~97
          • SPOT 新生児頭蓋内出血の脳神経外科的治療 / 高木卓爾/p98~104
          • 世界の病院めぐり 3 トロント小児病院脳神経外科 / 林隆士/p114~117
          • 第2巻案内(1986年1月号~4月号) //p62~62
          • TOPICS 「都道府県別がんマップ」ほか //p63~65
          • CIRCLE 読者のひろば / 茨城県T・N ; K・M ; C・N ; T・S ; S・H ; 松山市T・N/p66~66
          • 次号予告・セミナー案内 //巻末
          • 海外文献《The Clinical Practice of Neurological and Neurosurgical Nursing》 開頭術を受ける患者に対する全般的看護(1) / 太田富雄/p118~121
          • フレッシュ・チーム 各施設における医療の現状は //p67~74
          • 杏林大学医学部脳神経外科 / 竹内一夫 ; 野本英子 ; 曽根富久子/p67~70
          • 滋賀医科大学付属病院脳神経外科 / 半田譲二 ; 須田金弥 ; 椿卓子/p71~74
        • 1(7)(7) [60]
          • 特集 「脳死」 //p5~48
          • 1 -総論- 脳死判定基準運用上の問題点 / 半田肇/p5~7
          • 2 脳死の定義と発生頻度 / 塩貝敏之 ; 竹内一夫/p8~16
          • 3 医療現場における脳死の診療と対応 / 桂田菊嗣/p17~22
          • 4 医療現場における脳死の取り扱い / 武下浩 ; 宮内善豊/p23~30
          • 5 脳死と臓器移植 / 太田和夫/p31~38
          • 6 法律からみた脳死 / 大谷實/p39~43
          • 7 脳死をめぐる看護 / 板谷栄子 ; 岡幸子 ; 大島栄 ; 安田ひろ子 ; 守屋登代美/p44~48
          • フレッシュ・チーム 公立昭和病院脳神経外科 / 有賀徹 ; 高橋百合子/p53~56
          • フレッシュ・チーム 神戸大学医学部付属病院脳神経外科 / 松本悟 ; 玉木紀彦 ; 宮脇笙子/p57~60
          • 世界の病院めぐり 4 ピチエーサルペトリエール病院 / 中野浩武/p61~64
          • 連載講座 //p65~84
          • ナースに必要な検査法 低浸透圧造影剤・新しい診断装置とその方法 血管撮影 (第2回) / 福住明夫 ; 奥寺利男/p65~73
          • くすりの知識 脳血管拡張剤+脳代謝賦活剤 脳血行改善剤 / 大友英一/p74~76
          • 看護に必要な小児脳神経外科の知識 5 分類・病因・臨床症状・治療―頭蓋骨縫合早期癒合症 / 林隆士 ; 橋本武夫/p77~84
          • ケア・スタディ 脊髄脂肪腫患児の看護 / 入江百合子 ; 塩田智子 ; 本田淳子 ; 伊藤タカ/p85~92
          • Q&A “誘発電位”について――「誘発電位の種類」「記録方法」「応用」ほか / 森竹浩三/p93~97
          • SPOT 意識障害患者の呼吸管理について / 中島康弘 ; 林隆士/p98~102
          • TOPICS “脳死”世論調査/健康マップ/北まくらはやっぱりよくない/ほか //p49~52
          • BOOKS 「推理する医学」「見えない死」 //p52~52
          • 次号予告・セミナー案内 //巻末
          • 第2巻案内 1986年1月号~4月号 //p4~4
          • 海外文献 《The Clinical Practice of Neurological and Neurosurgical Nursing》 開頭術を受ける患者に対する全般的看護(2)「術後管理」 / 太田富雄/p103~109
      • 1986 (12)
      • 1987 (12)
      • 1988 (13)
      • 1989 (13)
    • 1990~1999 (139)
    • 2000~2009 (14)

Brain nursing = ブレインナーシングの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3475720/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。