国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Nursing today = ナーシング・トゥデイ. 1(9)(9)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Nursing today = ナーシング・トゥデイ
    • 1980~1989 (45)
      • 1986 (9)
        • 1(1)(1) [73]
        • 1(2)(2) [73]
        • 1(3)(3) [73]
        • 1(4)(4) [77]
        • 1(5)(5) [77]
        • 1(6)(6) [77]
        • 1(7)(7) [77]
        • 1(8)(8) [73]
        • 1(9)(9) [73]
          • Nursing Today Report(1) 問題多い"母親の付添い" 設備も精神面の援助も不足 / 岩井啓子/p6~9
          • Nursing Today Report(1) "面会制限"はほんとうに患者の安静に役立っているのか? 集中治療室の面会制限の変革と看護婦の役割 / 上泉和子 ; 山崎慶子 ; 高橋定子 ; 山口美代子 ; 鶴田早苗 ; 原田和子 ; 溝口アツ子/p10~11
          • Nursing Today Report(1) 学校にいけない子どものための"院内学級" 武蔵野赤十字病院「いとすぎ学級」の場合 / 邑けいこ/p12~
          • Nursing Today Report(1) 医療の不正に目を光らせる "医療Gメン"の実態 / 榎本真一/p14~15
          • Nursing Today Report(1) よい看護記録は看護の専門性を追究する姿勢から POSとのとりくみをふり返って / 村井歩/p16~17
          • Nursing Today Report(1) 10代少女たちの性 妊娠・中絶・出産の実態 / 並木路夫/p18~20
          • Nursing Today Report(2) 主婦が突然入院しても家庭のことは大丈夫 ケア・サービス者を派遣する共済制度誕生 / 川口明子/p42~43
          • Nursing Today Report(2) "中毒110番"スタート 24時間体制で大阪と筑波に / 間宮光記/p44~45
          • Nursing Today Report(2) がん患者をサポートするボランティア活動 "CANSURMOUNT"係長ナンシー・リリー夫人に聞く / ワット隆子/p46~47
          • Nursing Today Report(2) "山谷"にも高齢化の波が 「敬老室」を設置する東京・城北福祉センター / 河野悦子/p48~
          • Nursing Today Report(2) 大都会のなかの健康村 大阪市城東区鴫野にみる医療と健康の地域づくり / 小村健太郎/p50~51
          • Nursing Today Report(2) 寝たきりの子を起こす 障害児のための道具づくりを進める工業デザイナー / 岩井美子/p52~55
          • SERIAL 「連載フロレンス・ナイチンゲールの世界」関連小特集 看護と社会 / 石井孝子 ; 村井民子 ; 長谷川まり子 ; 河内たまき ; 三浦聡雄/p34~38
          • SERIAL デス・スタディ (4) 子どもの死の波紋――夫婦間に生じるひずみや亀裂 / 若林一美/p22~25
          • SERIAL 看護の基本を考えるためのブック・レビュー (9) コミュニケーション / 池田明子 ほか/p30~32
          • SERIAL 47のスクラム 日本看護協会各県支部訪問ルポ (9) 宮城県支部 / 永芳茂俊/p59~61
          • ARTICLE 1日看護婦体験記 呼吸するくらい自然な行為 / 榊原淳子/p2~5
          • ARTICLE 仕事誌 //p26~29
          • ARTICLE 夢を夢で終わらせないためには / 堀江謙一 ; 渡辺ひろみ/p26~27
          • ARTICLE ナーシング・ホーム運営に情熱を傾ける / 横田喜久恵 ; 大竹登志子/p28~29
          • ARTICLE マイ・ホスピタル 私たちの職場と生活を紹介します / 桐井洋子 ; 比嘉和子/p56~58
          • ARTICLE 今月のカップル スレ違い夫婦はただ今青春まっ盛り / 梶原敦子夫妻/p39~41
          • ARTICLE 雑誌展望 紹介と批評 / 久米和興/p62~63
          • ARTICLE 海外マンスリー / 吉田映子/p21~21
          • ARTICLE 労働科学の目 / 天明佳臣 ; 酒井一博/p33~33
          • 編集委員のつぶやき/次号予告/編集後記 / 牧野賢治 ; 山口 ; 馬場 ; 佐藤/p64~64
      • 1987 (12)
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
    • 1990~1999 (128)
    • 2000~2009 (14)

Nursing today = ナーシング・トゥデイの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476102/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。