国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

JJNスペシャル. (16)

情報
操作方法

目次・巻号

  • JJNスペシャル
    • 1980~1989 (13)
    • 1990~1999 (44)
      • 1990 (4)
        • (15) [181]
        • (16) [189]
          • カラーイラスト //p4~
          • 中枢神経系のしくみ //~55
          • 中枢神経を取り巻く環境 //p10~11
          • 中枢神経系を守るしくみ //p10~11
          • 頭蓋骨 //p10~11
          • 髄膜 //p10~11
          • 大脳 //p12~29
          • 大脳の構成 //p12~15
          • 大脳皮質 //p14~19
          • 大脳皮質の働き //p14~15
          • 前頭葉の働き //p14~16
          • 頭頂葉の働き //p17~17
          • 側頭葉の働き //p17~19
          • 後頭葉の働き //p18~18
          • 間脳 //p18~24
          • 視床のしくみ //p18~20
          • 視床の働き //p19~19
          • 視床下部のしくみと働き //p19~24
          • 大脳基底核 //p24~25
          • 大脳基底核のしくみ //p24~24
          • 大脳基底核の働き //p24~25
          • 大脳辺縁系 //p26~29
          • 大脳辺縁系のしくみ //p26~27
          • 大脳辺縁系の働き //p26~29
          • 小脳 //p30~33
          • 小脳のしくみ //p30~33
          • 小脳の働き //p32~32
          • 脳幹 //p34~37
          • 脳幹のしくみ //p34~35
          • 中脳の外観 //p34~35
          • 橋の外観 //p34~35
          • 脳幹の内部構造 //p36~37
          • 脳幹を通過する神経路 //p36~36
          • 脳幹に存在する脳神経核 //p36~37
          • 脊髄 //p38~43
          • 脊髄のしくみ //p38~43
          • 脊髄の働き //p43~43,42~42
          • 脳循環 //p44~51
          • 脳循環のしくみ //p44~49
          • 内頸動脈系の血管走行と灌流領域 //p44~46
          • 椎骨動脈系の血管走行と灌流領域 //p46~47,45~45
          • ウィリス動脈輪 //p46~47
          • 脳の静脈系 //p46~47
          • 脳血管の解剖学的特徴 //p49~49,48~48
          • 脳循環の働き //p49~51
          • 脳脊髄液循環 //p52~55
          • 脳脊髄液循環のしくみ //p52~53
          • 髄液の産生と生理 //p52~53
          • 髄液の流れと吸収 //p52~52
          • 脳脊髄液循環の働き //p55~55
          • 障害のメカニズム //~175
          • 意識障害 //p58~63
          • 意識を保つためのしくみと働き //p58~61
          • "意識"のある状態とない状態 //p58~59
          • 意識水準と意識内容 //p59~61
          • 意識の中枢はどこにあるのか //p60~60
          • 上行性網様体賦活系の働き //p60~61
          • 意識障害をみるポイント //p60~63
          • 意識障害の原因 //p60~61
          • 意識障害の程度を測る物差し //p61~63
          • 脳ヘルニア,脳死 //p64~79
          • 脳ヘルニアの機序と病態 //p64~71
          • 脳の構造 //p64~67
          • 頭蓋内腔占拠性病変と頭蓋内圧亢進 //p64~64
          • 脳ヘルニアのメカニズム //p65~65,68~68
          • 脳ヘルニアの誘因 //p68~68
          • 脳ヘルニアの分類と病態 //p68~71
          • 意識障害患者のバイタルサインのみかた //p70~74
          • 脳ヘルニアに特徴的なバイタルサインの変化 //p72~74
          • 意識障害患者の神経症状のみかた //p74~78
          • 脳死 //p77~77,79~79
          • 言語障害 //p80~87
          • 言葉は心をつなぐ橋 //p80~80
          • 言語障害のメカニズム //p80~85
          • 言語障害の分類 //p80~81
          • 構音障害のメカニズム //p81~83
          • 失語症の分類と特徴 //p83~85
          • 言語障害のリハビリテーション / 萱原裕子/p85~87
          • 失語症の言語訓練 //p85~87
          • 麻痺性構音障害の言語訓練 //p87~87
          • 運動麻痺 //p88~107
          • 運動神経路のしくみ //p88~93
          • 大脳皮質運動領野 //p88~89
          • 大脳皮質運動領野からの神経路 //p89~92
          • 上位ニユーロンと下位ニューロン //p91~93
          • 錐体路の働き //p92~93
          • 錐体路障害のメカニズム //p93~96
          • 上位運動ニューロンの障害 //p93~94
          • 下位運動ニューロンの障害 //p94~94
          • 運動麻痺のタイプ //p94~96
          • 障害部位ごとの麻痺の特徴 //p96~102
          • 上位運動ニューロンの障害 //p96~101
          • 下位運動ニューロンの障害 //p101~102
          • 運動麻痺患者の看護ケア //p102~104
          • 廃用症候群を作らないために //p102~104
          • 錐体路障害 //p104~105
          • 運動麻痺のリハビリテーション / 深川明世/p105~107
          • リハビリテーションの基本的考え方 //p105~106
          • 理学療法と作業療法の役割 //p106~106
          • 病棟におけるリハビリテーション・アプローチ //p106~107
          • 患側無視のみられる患者さんのリハビリテーション //p107~107
          • 知覚障書 //p108~119
          • 知覚を感じるしくみ //p108~108
          • 知覚の種類とその特徴 //p108~110
          • 知覚神経のしくみ //p110~114
          • 知覚神経経路の配列パターン //p112~113
          • 大脳皮質での知覚の体部位局在 //p113~114
          • 知覚障害の発生部位と障害のメカニズム //p114~119
          • 末梢神経,神経根の障害 //p114~117
          • 脊髄の障害 //p115~115,119~119
          • 障害の範囲に応じて現われる症状 //p119~119,118~118
          • 脳神経障害 //p120~147
          • 脳神経の構成 //p120~120
          • 第1脳神経(嗅神経) //p120~121
          • 嗅神経のしくみ //p120~121
          • 嗅神経障害のメカニズム //p120~121
          • 嗅覚の検査法 //p121~121
          • 第2脳神経(視神経) //p121~124
          • 視神経のしくみ //p121~123
          • 視覚障害のメカニズム //p123~123,122~122
          • 視野検査の方法 //p123~124
          • 眼球運動を支配する脳神経-第3脳神経(動眼神経),第4脳神経(滑車神経),第6脳神経(外転神経) //p124~133
          • 第3脳神経(動眼神経)のしくみ //p124~124,127~127
          • 第4脳神経(滑車神経)のしくみ //p127~127
          • 第6脳神経(外転神経)のしくみ //p127~127
          • 眼球運動のしくみ //p127~127,126~126
          • 眼球運動障害のメカニズム //p127~129
          • 両眼性眼球運動のメカニズム //p129~129
          • 共同性眼球運動 //p130~132
          • 非共同性眼球運動 //p132~133
          • 第5脳神経(三叉神経) //p133~135
          • 三叉神経のしくみと働き //p133~135
          • 三叉神経の障害 //p134~135
          • 第7脳神経(顔面神経) //p135~138
          • 顔面神経のしくみ //p135~136
          • 顔面神経の障害 //p135~135,137~137
          • 部位ごとにみた障害の症状と原因 //p137~138,136~136
          • 第8脳神経(聴神経) //p138~142
          • 蝸牛神経のしくみと働き //p138~139
          • 難聴の種類と診断法 //p138~138,140~141
          • 前庭神経のしくみと働き //p140~140,139~139
          • めまい(眩暈)のメカニズム //p140~141
          • めまいの検査 //p141~142
          • 尾側脳神経群(9~12脳神経) //p143~147
          • 第9脳神経(舌咽神経) //p143~143
          • 第10脳神経(迷走神経) //p143~144
          • 第11脳神経(副神経) //p144~145
          • 第12脳神経(舌下神経) //p145~147
          • 小脳の障害 //p148~151
          • 小脳失調 //p148~151
          • 小脳疾患の治療 //p150~151
          • 小脳疾患の看護ケア //p151~151
          • 失調,平衡障害に対するケア //p151~151
          • 合併する脳神経麻痺に対するケア //p151~151
          • 排尿障害 //p152~157
          • 排尿のメカニズム //p152~156
          • 下部尿路のしくみと働き //p152~152
          • 高位排尿中枢のしくみと働き //p152~156
          • 神経因性膀胱のメカニズム //p154~157
          • 膀胱機能障害の診断法 //p157~157
          • 排尿障害の看護ケア //p157~157
          • 脳血管障害 //p158~171
          • 高血圧性脳内出血 //p158~162
          • 発生のメカニズム //p158~159
          • 好発部位 //p158~161
          • CTスキャン所見 //p161~161
          • 手術のポイント //p161~161
          • 一般的治療と看護上の問題 //p161~162
          • クモ膜下出血 //p162~165
          • 発生のメカニズム //p162~163
          • 診断のポイント //p163~163
          • 出血源の検索 //p163~165
          • 脳動脈瘤 //p164~168
          • 好発部位・年齢 //p166~166
          • 多発性脳動脈瘤 //p166~167
          • 脳動脈瘤の治療のポイント //p166~168
          • 脳動脈瘤患者の看護ケア //p168~168
          • 閉塞性脳血管障害(脳梗塞) //p168~171
          • 病態と発症のメカニズム //p168~169
          • 脳梗塞のCT診断 //p169~170
          • 脳梗塞患者の治療と看護ケア //p170~171
          • 髄液循環障害 //p172~175
          • 髄液循環障害と水頭症 //p172~173
          • 部位ごとにみた髄液循環障害 //p172~173
          • 年齢による水頭症の病態 //p172~175
          • 水頭症の治療と看護ケア //p174~175
          • 索引 //p176~181
        • (17) [173]
        • (18) [165]
      • 1991 (5)
      • 1992 (7)
      • 1993 (2)
      • 1994 (4)
      • 1995 (6)
      • 1996 (5)
      • 1997 (4)
      • 1998 (3)
      • 1999 (4)
    • 2000~2009 (4)

JJNスペシャルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476308/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。