国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

JJNスペシャル. (23)

情報
操作方法

目次・巻号

  • JJNスペシャル
    • 1980~1989 (13)
    • 1990~1999 (44)
      • 1990 (4)
      • 1991 (5)
        • (19) [165]
        • (20) [181]
        • (21) [189]
        • (22) [189]
        • (23) [173]
          • はじめに / 齋藤宣彦/p4~4
          • 心臓とはこんな臓器 / 齋藤宣彦/p5~12
          • 2心房2心室,接続する血管,4つの弁 //p6~7
          • 心筋は平滑筋と横紋筋の中間の性質を持っている //p6~6
          • 血液の流れとポンプとしての心臓の働き //p6~7
          • 心筋に血液を供給する専用ルート:冠状動脈 //p8~9
          • 冠状動脈は心筋に酸素や栄養を送る //p8~8
          • バルサルバ洞と左右の冠状動脈 //p8~9
          • 心臓のリズムのもとは:興奮伝導系 //p10~11
          • 自動的に動く心筋細胞 //p10~10
          • 洞結節 //p11~11
          • 房室結節 //p11~11
          • His束 //p11~11
          • 右脚と左脚 //p11~11
          • プルキン工線維 //p11~11
          • 心臓も神経の支配を受けている / 齋藤宣彦/p12~12
          • 心電図の基礎知識 / 齋藤宣彦/p13~36
          • 心電図とは何を記録したものなのか //p14~17
          • 心臓の電気的な活動 //p14~15
          • 1つの心筋細胞で電気的活動をみると //p14~16
          • 心臓全体ではどうでしょう //p16~17
          • 心電図の基本波形とそれぞれの意味 //p18~23
          • まず,心電図の記録用紙をみよう //p18~19
          • 基線 //p19~19
          • P波 //p21~21,20~20
          • QRS群 //p21~21,20~20
          • T波とU波 //p21~22
          • PR間隔ないしPQ間隔 //p22~23,21~21
          • QT間隔 //p23~23,22~22
          • ST部分 //p23~23,22~22
          • 心電図波形と心室の収縮・拡張との関係 //p23~23,22~22
          • 標準12誘導心電図とは //p24~25
          • 双極肢誘導と単極肢誘導 //p24~25
          • 胸部誘導 //p25~25
          • 標準12誘導心電図の記録法 //p26~27
          • まず心電計などの準備を整えましょう //p26~27
          • 電極を正しく装着する //p27~27,26~26
          • スタートボタンをONに //p27~27
          • 標準12誘導心電図から何が分かるか //p28~29
          • 電気的興奮の起こり方や伝わり方 //p28~28
          • 心筋の状態を知る //p28~29
          • 標準12誘導心電図の正常波形を知らないと異常かどうかが分からない //p30~31
          • P波 //p30~30
          • QRS群 //p30~31
          • ST部分 //p30~30
          • T波 //p30~30
          • U波 //p30~31
          • 負荷心電図とは //p32~35
          • 何を負荷するのか:負荷心電図の種類 //p32~35
          • 負荷心電図をとると何が分かるのか //p35~35
          • こんな時には24時間連続記録心電図を //p36~36
          • 不整脈の心電図 / 須永達哉/p37~55
          • 不整脈とは //p38~38
          • 洞停止と洞房ブロック,洞性頻脈,洞性徐脈,洞性不整脈,洞不全症候群 //p39~42
          • 洞性頻脈 //p39~40
          • 洞性徐脈 //p39~40
          • 洞性不整脈 //p39~41
          • 洞停止,房室接合部補充調律 //p41~41,40~40
          • 洞房ブロック //p41~42
          • 洞不全症候群 //p42~42
          • 心房細動と心房粗動 //p43~44
          • 心房細動 //p43~44
          • 心房粗動 //p43~44
          • 発作性上室性頻拍(PSVT) //p45~45
          • 定義 //p45~45
          • 原因 //p45~45
          • 治療 //p45~45
          • 上室性期外収縮(PAC) //p46~47
          • 定義 //p46~46
          • 心房性期外収縮 //p46~47
          • 房室接合部性期外収縮 //p46~47
          • 原因と症状 //p47~47
          • 治療 //p47~47
          • 心室性期外収縮(PVC) //p48~49
          • 心室性期外収縮の分類 //p48~49
          • 治療 //p48~49
          • 重症度分類 //p49~49
          • 心室性頻拍(VT) //p50~50
          • 定義 //p50~50
          • 原因と症状 //p50~50
          • 治療 //p50~50
          • 心室細動(vf) //p51~52
          • 定義 //p51~51
          • 原因 //p51~52
          • 治療 //p52~52
          • 心室粗動 //p52~52
          • 遺伝性QT延長症候群 //p52~52
          • 房室ブロック(A-V block) //p53~55
          • 第1度房室ブロック //p53~54
          • 第2度房室ブロック //p53~55
          • 第3度房室ブロック //p55~55,54~54
          • 虚血性心疾患の心電図 / 柏田和子/p56~81
          • 虚血性心疾患とは――定義から治療までの復習 //p57~61
          • 冠状動脈と虚血性心疾患 //p57~58
          • 狭心症 //p59~59,58~58
          • 心筋梗塞 //p59~61
          • 狭心症の心電図 //p62~67
          • 労作性狭心症 //p62~64
          • 異型狭心症 //p64~67
          • 心筋梗塞の心電図 //p68~81
          • 心筋梗塞の心電図変化の基本 //p68~69
          • 心電図の時間的な変化 //p68~69
          • 心筋梗塞の部位による心電図変化の現われ方 //p69~74
          • 特殊なタイプの心筋梗塞 //p72~79
          • 心電図では分かりにくい心筋梗塞 //p76~79
          • 心筋梗塞と間違えやすい心電図 //p78~79
          • 心筋梗塞による不整脈 //p79~81
          • その他の心電図 / 須永達哉/p82~108
          • 心室内伝導障害 //p83~85
          • 右脚ブロック //p83~84
          • 左脚ブロック //p83~85
          • 左脚枝ブロック //p84~85
          • 早期興奮症候 //p86~89
          • WPW症候群 //p86~89
          • LGL症候群 //p89~89
          • 心房の負荷と心室の肥大 //p90~95
          • 心房負荷 //p90~92
          • 心室肥大 //p92~95
          • 心筋症と心筋炎 //p96~98
          • 心筋症 //p96~97
          • 心筋炎 //p98~98
          • 心膜炎 //p99~99
          • 急性心膜炎 //p99~99
          • 慢性心膜炎 //p99~99
          • 電解質の異常 //p100~101
          • カリウムの異常 //p100~101
          • カルシウムの異常 //p100~101
          • 薬剤の影響 //p102~103
          • ジギタリス //p102~103
          • 抗不整脈薬 //p102~103
          • 人工ペースメーカーの心電図 //p104~108
          • ペースメーカーの構造とペーシング,センシング //p104~106
          • 心室ペーシングの実際 //p106~107
          • 心房-心室ペーシングの実際 //p106~107
          • ペーシング不全とセンシング不全 //p106~106,108~108
          • モニター心電図 / 荻原真理/p109~129
          • モニター心電図の基本 //p110~112
          • 電極を装着する //p110~111
          • きれいな波形を得る //p111~111
          • 電池を換える //p111~111
          • 何を見るか //p111~111
          • 異常波形を見たら //p111~111
          • どう読むか //p111~112
          • モニター心電図の実際(1)RR間隔が規則正しい場合 //p113~118
          • QRS幅の正常な頻拍 //p113~116
          • QRS幅の広い頻拍 //p116~117
          • QRS幅の正常な徐脈 //p117~118,116~116
          • モニター心電図の実際(2)RR間隔が不規則な場合 //p119~125
          • QRS幅が正常な場合 //p119~122
          • QRS幅が広い場合 //p122~125
          • モニター心電図の実際(3)ペースメーカー心電図 //p126~127
          • ペーシングモードは何か //p126~127
          • 何をモニターするのか //p126~127
          • モニター心電図の実際(4)波形の変化 //p128~129
          • 心筋梗塞の変化を追う //p128~128
          • 狭心症の管理をする //p128~128
          • その他の心電図異常 //p129~129
          • できますか心臓の救急処置 / 荻原真理/p130~151
          • 救急処置を要する状態 //p131~132
          • 救急処置を要する状態とは //p131~131
          • 循環不全とは //p131~132
          • 何を見て判断するか //p133~134
          • 意識があるかどうか //p133~133
          • 意識がある場合 //p133~134
          • 一次救急処置から二次救急処置へ //p135~137
          • 人工呼吸,心マッサージを有効に行なう //p135~137
          • 二次救急処置への移行 //p137~137
          • 二次救急処置の実際 //p138~143
          • 気管内挿管による気道の確保 //p138~139
          • 静脈路の確保 //p138~139
          • DCショック //p139~140
          • 体外式ペースメーカー //p140~140
          • スワン-ガンツカテーテル //p140~141
          • 観血的動脈圧モニター //p142~142
          • 大動脈内バルーンパンピング //p142~143
          • 心嚢穿刺 //p143~143
          • 救急薬剤 //p144~149
          • カテコラミン類 //p144~145
          • 抗不整脈薬 //p145~145
          • 血管拡張療法 //p147~147
          • 利尿薬 //p147~148
          • ジギタリス製剤 //p148~149
          • 抗血栓剤 //p149~149
          • 循環動態のモニタリング //p150~151
          • 血圧および動脈圧 //p150~150
          • 中心静脈圧および肺動脈圧ないし肺動脈楔入圧 //p150~151
          • 尿量(特に時間当たりの尿量) //p150~151
          • 脈拍数と不整脈の有無 //p151~151
          • 索引 //p152~153
      • 1992 (7)
      • 1993 (2)
      • 1994 (4)
      • 1995 (6)
      • 1996 (5)
      • 1997 (4)
      • 1998 (3)
      • 1999 (4)
    • 2000~2009 (4)

JJNスペシャルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476315/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。