国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

JJNスペシャル. (51)

情報
操作方法

目次・巻号

  • JJNスペシャル
    • 1980~1989 (13)
    • 1990~1999 (44)
      • 1990 (4)
      • 1991 (5)
      • 1992 (7)
      • 1993 (2)
      • 1994 (4)
      • 1995 (6)
      • 1996 (5)
        • (49) [223]
        • (50) [183]
        • (51) [175]
          • がん患者の痛みはなぜ解決されないのか――序にかえて / 武田文和/p2~3
          • がん患者の痛みの解決にむけて / ~28
          • 「がん」とはどんな病気か / 卯木次郎/p8~11
          • 「がん」という言葉のイメージ/p8~8
          • 「がん」とはなにか/p8~9
          • がんの進行度を表わす言葉/p9~10
          • がんの発生・増殖のメカニズム/p10~11
          • がん患者に起こる痛みとは / 武田文和/p12~17
          • 痛みの定義/p12~12
          • がん患者に起こる痛みの特徴/p12~13
          • がんの進展と痛みの発生頻度/p13~13
          • 急性痛と持続痛の違い/p14~15
          • 全人的な痛みというとらえ方/p15~16
          • 特殊な身体的痛み/p16~17
          • オピオイドの効き方による痛みの分類/p17~17
          • がん患者の痛みのマネジメントとは / 渡辺孝子/p18~23
          • がん患者の痛みのマネジメントの考え方/p18~19
          • 全人的な痛みへのチームアプローチ/p19~20
          • 痛みのマネジメントの進め方/p20~23
          • 必要とされる看護婦の資質/p23~23
          • がん患者とインフォームド・コンセント / 桜井雅温/p24~28
          • 患者を人として尊重することが基本/p24~25
          • 治療のためのインフォームド・コンセント/p25~27
          • 痛み治療とインフォームド・コンセント/p27~28
          • がんの痛みの発生機序と痛み症候群 / ~42
          • がんの痛みのメカニズム / 平賀一陽 ; 佐藤緑/p30~37
          • 痛みの病態生理/p30~33
          • がん患者の痛みの原因と種類/p33~37
          • がん患者の部位別の痛み症候群 / 平賀一陽 ; 佐藤緑/p38~42
          • 腫瘍に起因した痛み症候群/p38~41
          • がん治療に起因した痛み症候群/p41~42
          • アセスメントのための基礎知識 / ~56
          • 痛みを持つがん患者の特徴 / 林直子/p44~49
          • 身体面の特徴/p44~46
          • 精神面の特徴/p46~47
          • 社会面の特徴/p47~47
          • 高齢患者の特徴/p48~48
          • 小児患者の特徴/p49~49
          • 共通の特徴をふまえた上で個別のケアを/p49~49
          • がん患者の痛みのアセスメント / 木本良重/p50~56
          • 痛みのアセスメントと看護/p50~51
          • アセスメント・ツール/p51~52
          • アセスメント・チャート/p52~53
          • 痛みのアセスメントの実際/p53~56
          • がん患者の痛みの治療法 / ~94
          • 痛み治療の基本原則 / 武田文和/p58~63
          • 痛みのマネジメントの目標設定/p58~58
          • 痛みに対する対応法/p58~59
          • WHO方式がん疼痛治療法の作成経緯/p60~61
          • WHO方式がん疼痛治療法における鎮痛薬の使い方の基本原則/p61~63
          • MEMO 耐性と依存性/p64~64
          • 薬による痛み治療/p65~81
          • 鎮痛薬の種類と使い方 / 武田文和/p65~68
          • 非オピオイド/p65~66
          • 弱オピオイド/p66~67
          • 強オピオイド/p67~68
          • モルヒネによる除痛 / 武田文和/p69~77
          • モルヒネとは/p69~70
          • モルヒネの使い方の実際/p70~74
          • モルヒネの副作用対策/p74~77
          • 鎮痛補助薬の使い方 / 恒藤暁/p78~81
          • 鎮痛補助薬が必要な場合とは/p78~79
          • 鎮痛補助薬の使用原則/p79~79
          • 鎮痛補助薬の種類と使用法/p79~81
          • 薬以外による痛み治療/p82~94
          • 放射線治療 / 加藤真吾/p82~84
          • がんの痛みの原因と放射線治療/p82~83
          • 放射線治療の手順/p83~83
          • 放射線治療中の看護のポイント/p84~84
          • 放射線治療の利点/p84~84
          • 神経ブロック / 布施嘉亮/p85~87
          • 神経ブロックに使われる薬/p85~86
          • 合併症と処置/p86~86
          • 各神経ブロックの実際/p86~87
          • 脳神経外科的治療法 / 武田文和/p88~90
          • 脳神経外科的治療法の適応/p88~88
          • 脳神経外科的治療法の実際/p88~90
          • 鍼灸治療 / 横川陽子 ; 平賀一陽 ; 柳澤比佐子 ; 小野太郎 ; 鈴木春子/p91~94
          • 事例/p91~92
          • 鍼灸治療で除痛効果のあがる痛み/p92~93
          • 鍼灸治療の副作用/p93~93
          • 鍼灸治療の方法と今後の問題点/p94~94
          • 痛みを持つがん患者の看護 / ~114
          • がん患者の痛み治療における看護婦の役割 / 木本良重/p96~98
          • 患者へのはたらきかけ(指導と教育)/p96~96
          • 与薬と効果判定/p96~96
          • 鎮痛薬の副作用対策/p96~98
          • 看護婦の役割を果たすということ/p98~98
          • がん患者の痛みを緩和させる看護ケア / 木本良重/p99~102
          • 日常生活の援助/p99~99
          • そのほかの緩和ケア法/p99~102
          • 日常生活への援助 / 湯出真知子/p103~106
          • 日常生活への援助の基本/p103~103
          • 身体的側面・生活行動への支援/p103~105
          • 心理・社会的側面への支援/p105~106
          • 家族への支援と指導 / 金子好子/p107~109
          • がん患者とその家族/p107~107
          • がん患者の痛みが家族に与える影響/p107~107
          • 痛み治療に際しての家族への指導/p107~109
          • 家族の苦悩に対する援助/p109~109
          • 患者を家族とともに支援すること/p109~109
          • 在宅がん患者の痛み治療 / 季羽倭文子/p110~114
          • 退院準備で配慮すること/p110~111
          • 痛みの在宅管理を成功させるために/p111~114
          • 退院後の患者へのサポート体制/p114~114
          • がん患者の痛みのマネジメントの実際[事例/痛みのマネジメントの実際/マネジメントのポイント]/~142
          • 事例1 短期間でスムーズに痛みがコントロールされた事例 / 黒沢伸子 ; 小礒玲子/p116~118
          • 事例2 モルヒネの大量投与と放射線治療を併用した事例 / 宮崎京子 ; 小礒玲子/p119~122
          • 事例3 モルヒネの長期投与を行なった事例 / 大塚孝子/p123~128
          • 事例4 長期モルヒネ投与を中止できた事例 / 田部井敏夫/p129~131
          • 事例5 モルヒネと鎮痛補助薬の併用が奏功した事例 / 小木曽國子 ; 卯木次郎/p132~135
          • 事例6 訪問看護により在宅でQOLを維持できた事例 / 晝間静 ; 内田寿恵/p136~139
          • 検討事項――目的どおりに効果があがらないときには / 武田文和/p140~142
          • 痛みのアセスメントは適切か/p140~140
          • 薬の選択は適切か/p140~140
          • 投与量は不足していないか/p140~141
          • 副作用対策が不足していないか/p141~141
          • 治療の目標設定は低くないか/p141~141
          • 全人的な痛みへの視点が欠けていないか/p141~141
          • チームワークは機能しているか/p142~142
          • 病状との関連を考えているか/p142~142
          • 患者が抱いている誤解を解いたか/p142~142
          • 痛み以外の症状のコントロール / 志真𣳾夫 ; 丸口ミサエ/~157
          • 対応の基本/p144~145
          • 症状のコントロールの考え方/p144~144
          • 症状を総合的にとらえる/p144~144
          • 問題の明確化と患者への説明/p145~145
          • 治療方針の統一/p145~145
          • 症状コントロールの評価/p145~145
          • 基本的な症状のとらえ方/原因/治療の実際/ケアのポイントと実際/p146~157
          • 全身倦怠感/p146~148
          • 呼吸困難/p149~151
          • 嘔気・嘔吐/p152~153
          • 腹部膨満感/p154~155
          • 不眠/p156~157
          • 痛みのマネジメントのための参考文献――痛みのマネジメントに関する文献――薬物依存症に関する文献――薬剤規制に関する文献――痛み治療についての患者指導用の文献――パリアティブ・ケア全般に関する文献/p158~158
          • 索引/p159~161
        • (52) [239]
        • (53) [165]
      • 1997 (4)
      • 1998 (3)
      • 1999 (4)
    • 2000~2009 (4)

JJNスペシャルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476337/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。