国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Clinic bamboo = ばんぶう. (73)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Clinic bamboo = ばんぶう
    • 1980~1989 (48)
      • 1986 (12)
      • 1987 (12)
        • (67) [115]
        • (68) [115]
        • (69) [115]
        • (70) [115]
        • (71) [115]
        • (72) [111]
        • (73) [111]
          • ばんぶう戯評 重圧感一位――昨年の物価問題世論調査 / ハシヨシヒサ
          • カメラ・アングル 「惨事」"万一"の備えは大丈夫? /
          • カメラ・アングル 「提唱」"生き方"がガンの治療効果を高める /
          • カメラ・アングル 「交流」今年も日中友好のかけ橋 /
          • カメラ・アングル 「祝賀」豪華な多目的ホールの弥生記念講堂が完成 /
          • カメラ・アングル 「強靱」左足マヒの青年42キロを単独遠泳 /
          • カメラ・アングル 「好評」きょうの三時のおやつはなーに!? /
          • カメラ・アングル 「医食」"治療食レストラン"時代来る!? /
          • 座談会 新時代の医療経営を語る――戦略的発想とCEOの役割 / 青木政博 ; 大道学 ; 須磨忠昭 ; 大野良興 ; 天野圓/p30~45
          • スピークス 信頼と連帯抜きでは成立しないのが医療 / 市来健史/p15~15
          • 医界展望 なぜ今、ヘルス・デモクラシー / 吉野晶雄/p16~17
          • ビユーロクラーツ・アイ 死亡診断書には可能な限り疾患名を //p18~19
          • 苦言・甘言 //p28~28
          • 健康歳時記 / 渋谷実/p45~45
          • 複眼スコープ 良妻賢母の幻想を捨てよう / 円より子/p46~48
          • マスコミを斬る! 新聞が考えている布石とは / 神田司郎/p70~71
          • 寄稿 高まる医薬品業界における「法務」の役割 / 鈴木忠則/p72~74
          • 今月の視点 行政 重要な意味をもつ「国民医療総合対策本部」中間報告 / 三芳勝/p20~20
          • 今月の視点 医学 心臓移植再開目前に進む移植「周辺技術」 / 山村淳一/p21~21
          • 今月の視点 医療 「臓器が無駄に」で総務庁の"お目玉"を食ったのは誰か / 田辺功/p22~22
          • 今月の視点 医薬 「薬物間相互作用」の解析による安全な投薬への努力を / 南田蒼海/p23~23
          • 今月の視点 事務 経済大変動の中で迫られる「患者本位」の医療への転換 / 高橋重雄/p24~24
          • 今月の視点 検査 米国で活発な臨床検査でのコストパフォーマンス論議 / 石戸利貞/p25~25
          • 今月の視点 看護 国民医療総合対策本部中問報告の看護へのインパクト / 荒井蝶子/p26~26
          • 今月の視点 栄養 医学会総会のテーマに見る「栄養」をめぐる新たな動き / 阿部達夫/p27~27
          • ワイドニュース “資格”をめぐって、何が起こり、問われているか / 井出沢亮/p50~54
          • 行天良雄対談シリーズ 看護、それは人間そのものへの対応 / 大森文子 ; 行天良雄/p55~63
          • Dr.ヒロセのマンハッタン通信 ますます発展を続ける臓器移植――提供をめぐって新たな問題も / 廣瀬輝夫/p64~69
          • 私の"世相聴診器"――日生支社長対談 /千葉支社・船橋支社 地域の人々を巻き込み"あるべき医療"を追求 / 渡辺武/p76~79
          • ′80年代の病医院経営 激動の時代を生きぬくために //~89,92~112,114~121,123~136,138~144,146~166,168~
          • 今月の経営チェックポイント /
          • 経営時評――サービスの本質を間違えるな / 長谷恭就/p82~83
          • 経営研究 今、求められる「経営企画部門」の充実 / 戸塚哲/p84~89
          • 開業医のズバリ医事診断――生涯教育の進め方を考える / 野村俊六郎/p92~93
          • これからの医局運営――医師の全人格的考察 / 岩田明達/p94~95
          • 実践的教育研修論――経営者の「教育研修」が必要不可欠だ / 岡田玲一郎/p96~97
          • ばんぶう「なんでも相談室」――無責任な会議ばかり / 滝沢壮治/p98~101
          • 自己点検ポイント //p101~101
          • 倒産 / 河村信/p102~103
          • HIS誌上相談室――病院機能評価表にみるPR・大事なコミュニケーションの視点 / 石田章一/p104~105
          • ケーススタディ経営分析――一人医療法人化診断 / 福田健/p106~109
          • 財テク情報――“安心”を買うためにはコストがかかる / 三原淳雄/p110~112
          • 上手なコンピュータとのつきあい方――成功事例に学ぶ有効活用のポイント(2) / 西史嗣/p114~117
          • 病名別にみた保険請求の実務――風疹 / 東靖夫/p118~121
          • 税務ニュース――61年分医療関係高額納税者 / 岩地隆三/p123~123
          • 知っておきたい医事法制――被害者は誰/自動車事故の例 / 杉本久/p124~125
          • NURSE 民間病院の看護をどうする――継続教育その目的と方法論 / 増子ひさ江/p126~133
          • NURSE 看護メモ――施設全体の安全管理体制づくりこそ緊急課題 / 嶋崎佐智子/p133~133
          • NURSE ユニークな看護現場を訪ねて――“お客さま”に直結した医療と看護をめざす / 小島ユキエ/p134~136
          • リレーれぽーと――コミュニティ・ケアを担って――デイ・サービスの開発に全力 / 池畑憲一/p138~141
          • 病医院連続アンケート――コンピュータの利用状況―期待どおりとはいかぬよう //p142~144
          • データ・コーナー //p146~150
          • グラビア――当世院内報・院外報/研究室訪問 / 松田隆志/p173~
          • ラウンジ 表紙絵作家訪問 古典の中に自らの視点を探し求めて / 土屋礼一 ; 鈴木進/p151~154
          • ラウンジ 美術の小径 映画の中の名画「夜霧のマンハッタン」 / 安井収蔵/p155~155
          • ラウンジ 文芸 〈映画〉「風が吹くとき」 / 松/p156~156
          • ラウンジ 文芸 〈音楽〉演奏者と聴き手の間 / 北/p157~157
          • ラウンジ 哲学散歩 医学の言葉が患者の運命に焦点を当てる時は… / 井上忠/p158~159
          • ラウンジ 私の情報収集・活用法 ネットワークを作る / 大林剛郎/p160~160
          • ラウンジ 私の文化考 風流ということ //p161~161
          • ラウンジ 一枚のカルテ 嫁ぐ娘への父親の涙 / 成田洋夫/p162~162
          • ラウンジ ばんぶう歌壇・俳壇・柳壇 //p163~165
          • ラウンジ 7月の運勢暦 / 泰運岳人/p166~166
          • 名医列伝――条約締結に尽力した蘭方医箕作院甫 / 蔵方宏昌/p168~169
          • 診療報酬物語――学歴差が生んだ医師の収入格差 / 青柳精一/p170~172
          • 医療講座 実地医家のための診療ガイド――脳神経外科医の再挑戦 / 田野井正雄/p176~179
          • 医療講座 最新医療情報――アルツハイマー病と多発性脳梗塞/ほか / 印東利勝 ; 築山久一郎 ; 石田詔治/p180~181
          • 医療講座 技術の動向――急速に進歩する遺伝子診断技術、医療現場には新しい倫理問題も //p182~183
          • 医療講座 医療事故を考える――イレウス(腸閉塞) / 須田清/p184~185
          • 医療講座 薬方薬の二剤合方――加味逍遥散を中心にした合方 / 菊谷豊彦/p186~187
          • D・I 米国の一九八五年度医薬品副作用報告 / 小清水敏昌/p190~191
          • 副作用情報 //p189~189
          • メディカル情報カプセル //p192~203
          • 北から南から / 太田幸子 ; 中村元子 ; 垂石啓芳 ; 増田耕三 ; 宮田修一 ; 真鍋敏朗 ; 平野緑 ; 大村哲彦 ; ひ/p204~211
          • 取材メモ / 正月 ; 福士/p214~214
        • (74) [115]
        • (75) [115]
        • (76) [107]
        • (77) [115]
        • (78) [107]
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

Clinic bamboo = ばんぶうの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476373/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。