国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Clinic bamboo = ばんぶう. (78)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Clinic bamboo = ばんぶう
    • 1980~1989 (48)
      • 1986 (12)
      • 1987 (12)
        • (67) [115]
        • (68) [115]
        • (69) [115]
        • (70) [115]
        • (71) [115]
        • (72) [111]
        • (73) [111]
        • (74) [115]
        • (75) [115]
        • (76) [107]
        • (77) [115]
        • (78) [107]
          • ばんぶう戯評 自分は健康だと思っている人… / ハシヨシヒサ
          • カメラ・アングル ′87年を振り返る――厚生省中心に動いた医療界 /
          • カメラ・アングル 「模索」新しい医療システム構築へ向けて /
          • カメラ・アングル 「潮流」「禁煙オリンピック」日本で初開催 /
          • カメラ・アングル 「責務」医療廃棄物、ほとんどの病院が"野放し" /
          • カメラ・アングル 「意欲」竹下内閣スタート、新厚相に藤本孝雄氏 /
          • カメラ・アングル 「暗躍」ヤミ金融をエサに病医院くいもの /
          • 覆面座談会 ′87医療この一年を振り返る / 編集部/p30~46
          • スピークス 国民こそ主役ではないのか / 西能正一郎/p15~15
          • 医界展望 時代の空気と大きな変化の前兆 / 吉野晶雄/p16~17
          • ビューロクラーツ・アイ 新しい技術・機器の導入と人々のこころ //p18~19
          • 複眼スコープ 情報化社会を"速読"で乗り切ろう / 塚下真弓/p48~50
          • マスコミを斬る! 新聞とは?新聞週間によせての社説 / 神田司郎/p68~69
          • 第一回医療動向国際シンポジウム報告 //p70~71
          • バンクーバーの老人問題を見て バンクーバー・ジェネラル病院のS・T・A・Tセンター / 浅井利勇/p118~120
          • ワンポイント・エッセンス 苦言・甘言 //p28~28
          • ワンポイント・エッセンス 健康歳時記 / 渋谷実/p56~56
          • ワンポイント・エッセンス 自己点検ポイント //p99~99
          • ワンポイント・エッセンス 看護メモ / 嶋崎佐智子/p128~128
          • 今月の視点 行政 国保改革は焦眉の急、関係者こぞって討論の場に / 三芳勝/p20~20
          • 今月の視点 医学 シルバーサイエンス研究班の発足に期待 / 山村淳一/p21~21
          • 今月の視点 医療 "ハイエナ"を医療界に横行させないために / 田辺功/p22~22
          • 今月の視点 医薬 漢方薬剤への期待と薬理学的評価による品質改善 / 南田蒼海/p23~23
          • 今月の視点 事務 良い病院の条件としての心をつかむソフトトーク / 奈良静鴻/p24~24
          • 今月の視点 検査 子宮ガン検診と国際的に通用する精度管理の確立 / 石戸利貞/p25~25
          • 今月の視点 看護 医師と同水準の教育をめざす中国の看護大学 / 荒井蝶子/p26~26
          • 今月の視点 栄養 骨粗鬆症とカルシウムの摂取量をめぐる問題 / 阿部達夫/p27~27
          • ワイドニュース 病医院経営代行会社が新登場――医療経営にインパクト!? 変わる?「医は仁術」厚生省は渋い顔 / 杉浦啓太/p52~56
          • 行天良雄対談シリーズ 医師は自ら"動く"ことを / 行天良雄 ; 廣瀬輝夫/p57~67
          • 私の世相聴診器―日生支社長対談 医療の現場から山積した厚生福祉問題に挑む / 金沢支社 ; 岡部雅夫/p72~74
          • ′80年代の病医院経営 激動の時代を生きぬくために //p75~87,90~94,96~110,112~120,122~124,126~128,130~132,134~163
          • 今月の経営チェックポイント //p75~75
          • 経営時評――国民のニーズ、動向の把握を / 神門昇三/p76~77
          • 経営研究 生き残りへリストラクチャリングのすすめ 他企業にみる"変身"への挑戦 / 尾上悦朗/p78~82
          • 新連載 アメリカ医療マスコミ・PR研究――あらゆる媒体を活用する医療機関 / ヘルスケア・パースペクティブ/p83~83
          • 開業医のズバリ医事診断――社会環境は厳しくとも / 神山彰雄/p84~85
          • これからの医局運営――蓄積した経験と知恵いかして高齢化社会ヘアプローチ / 岩田明達/p86~87
          • 実践的教育研修論――職場に問題を形成し、解決する能力を / 岡田玲一郎/p90~91
          • 患者図書館――病院の基本施設として法的にも位置づける / 菊池佑/p92~94
          • BAMBOOなんでも相談室――"逆境こそチャンス"の視点も重要 / 内藤均/p96~99
          • 倒産――生き残るのはどこだ!歯科医院倒産、続発 / 藤久一夫/p100~101
          • ケーススタディ経営分析――院長の使えるお金大研究 / 池田博義/p102~105
          • 財テク情報――市場が落ちつくまで模様眺めに徹することだ / 岡本邦男/p106~108
          • 商品情報 / 三村守/p109~109
          • 税務ニュース――マル優廃止から登録免許税の増税まで / 岩地隆三/p110~110
          • 知っておきたい医事法制――酔った人の診療申し込み、忘年会の時期の事例 / 杉本久/p112~113
          • 病名別にみた保険請求の実務――病名と検査 / 東靖夫/p114~117
          • ユニークな看護現場を訪ねて――看護部を挙げて継続看護を目指す / 小島ユキエ/p122~124
          • いま現場は〈リレーれぽーと〉――患者への笑顔と勉強第一を基本に / 倉治七重/p126~128
          • 病医院連続アンケート――〈未収金〉減らすには努力と気配りしか //p130~132
          • データ・コーナー //p134~137
          • 当世院内報・院外報事情/作り方アドバイス / 医療PR部/p160~161
          • 研究室訪問――大分医科大学臨床薬理学教室 / 小林圭/p162~163
          • 名医列伝――漢方医書の考証学を集大成 / 蔵方宏昌/p138~139
          • 診療報酬物語――実費診療所と医師会の抗争(その二) / 青柳精一/p140~142
          • ラウンジ 表紙絵作家訪問 (最終回)御舟を想い、宋元画の世界を指標に掲げて / 山本真也 ; 鈴木進/p143~146
          • ラウンジ 美術の小径 ベルニサージュとは / 安井収蔵/p147~147
          • ラウンジ 映画 招待 / 松/p148~148
          • ラウンジ 音楽 好演絶唱の相次いだクラシック界 / 北/p149~149
          • ラウンジ 哲学散歩 いのちのリズムとしての音楽 / 井上忠/p150~151
          • ラウンジ 私の情報収集・活用法 要はその場その場の問題意識 / 松下正幸/p152~152
          • ラウンジ 私の文化考 週末はコミュニケーション / S/p153~153
          • ラウンジ 一枚のカルテ 脳死の鼓動 / 小西二三男/p154~154
          • ラウンジ ばんぶう歌壇・俳壇・柳壇 //p155~157
          • ラウンジ 12月の運勢暦 / 泰運岳人/p158~158
          • エッセイ――"粧い"を思う―『老いの構図―その美学と人間学』を読んで / 松谷義範/p159~159
          • 医療講座 実地医家のための診療ガイド――急増する急性膵炎、慢性膵炎の診断と治療 / 渡辺まゆみ/p164~167
          • 医療講座 最新医療情報――糖尿病・高血圧合併症/ほか / 印東利勝 ; 築山久一郎 ; 山下衛/p168~169
          • 医療講座 技術の動向――ATL、エイズのワクチン開発に道/ほか //p170~171
          • 医療講座 医療事故を考える――椎間板ヘルニア等 / 須田清/p172~173
          • 医療講座 漢方薬の二剤合方――病態の複雑化、多様化の中で高まる合方の必要性と役割 / 菊谷豊彦/p174~175
          • D・I――非ステロイド性抗炎症剤と穿孔性潰瘍の関係 / 小清水敏昌/p178~179
          • 副作用情報 //p177~177
          • メディカル情報カプセル //p181~194
          • 北から南から / 太田幸子 ; 佐藤和佳子 ; 山田幸三 ; 中村元子 ; 新田規夫 ; 板坂勉 ; 西村清 ; 真鍋敏朗 ; 荻原輝久 ; K ; 宮本明春/p196~204
          • 取材メモ / 杉浦 ; 福士/p206~206
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

Clinic bamboo = ばんぶうの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476378/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。