国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Clinic bamboo = ばんぶう. (95)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Clinic bamboo = ばんぶう
    • 1980~1989 (48)
      • 1986 (12)
      • 1987 (12)
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
        • (91) [107]
        • (92) [115]
        • (93) [108]
        • (94) [108]
        • (95) [108]
          • ばんぶう戯評 慢性的看護婦不足 / ハシヨシヒサ
          • カメラ・アングル 「危急」消費税導入で揺れる授産施設 /
          • カメラ・アングル 「先端」東京消防庁が新救急医療情報システム配備 /
          • カメラ・アングル 「感銘」「一億人の医療体験記コンクール」表彰式 /
          • カメラ・アングル 「熱誠」日米医学交流の拠点設立に協力求め講演会 /
          • カメラ・アングル 「飛躍」在宅看護研究センター、発足三周年 /
          • カメラ・アングル 「粋人」落語を使って精神医学を解説 /
          • カメラ・アングル 「表出」耳の不自由な小学生が絵本出版 /
          • 特集 医療人はどう見られているか / 編集部/p32~49
          • 第I部 「医療ジャーナリスト」へのアンケート調査報告 //p33~41
          • 第II部 患者の目からみた医療人 / 藤久一夫 ; 石井弘行/p42~46
          • 第III部 体験的医療人論 / 永井明/p47~49
          • スピークス 豊かな年金で応分な医療負担を / 高原宣昭/p17~17
          • 医界展望 不気味なほど符合みせる医療めぐる世界の潮流 / 吉野晶雄/p18~19
          • ビユーロクラーツ・アイ 海外援助になぜ国際戦略的思考がないのか //p20~21
          • マスコミを斬る! 医薬分業の記事をくり返し掲載する「朝日」 / 神田司郎/p76~77
          • 複眼スコープ 多言語世界で自分自身が大きく広がる / 鈴木堅史/p82~84
          • ワンポイント エッセンス 苦言・甘言 //p30~30
          • ワンポイント エッセンス 健康歳時記 / 渋谷実/p98~98
          • ワンポイント エッセンス 自己点検ポイント //p109~109
          • ワンポイント エッセンス 看護メモ / 嶋崎佐智子/p122~122
          • 今月の視点 行政 改めて医薬分業の理念と経済性のチェックを / 三芳勝/p22~22
          • 今月の視点 医学 国際人工臓器学会世界会議と「HIMEX構想」 / 山村淳一/p23~23
          • 今月の視点 医療 国民健康保険制度の矛盾を解決する道は / 田辺功/p24~24
          • 今月の視点 医薬 医療機関薬剤師の役割が医薬品不祥事件防止の鍵 / 三輪亮寿/p25~25
          • 今月の視点 事務 企画担当の力量で左右される病院経営の今後 / 岡芳一/p26~26
          • 今月の視点 検査 市販血糖セルフモニタリングの測定値の精度 / 石戸利貞/p27~27
          • 今月の視点 看護 看護大学と大学院教育が質の高い看護の「推進力」 / 荒井蝶子/p28~28
          • 今月の視点 栄養 機能性食品についての検討結果が中間報告に / 阿部逹夫/p29~29
          • 同時進行ドキュメント "′90年医療決戦"への潮流 自民・医療基本問題調査会が近く「中間報告」 / 板垣英憲/p50~52
          • ワイドニュース どこまで伸びる医療機関への人材派遣 メリット、デメリットは受け入れ側の"腕"次第!? / 石井弘行/p54~58
          • 行天良雄対談シリーズ 批判よりも何をすべきか考え / 行天良雄 ; 島尾忠男/p59~68
          • Dr.ヒロセのマンハッタン通信 過熱する"レーザー"の宣伝合戦 / 廣瀬輝夫/p70~75
          • ふりーとーく――日生支社長対談 「人間が好き」を医の基本にして / 釧路支社 ; 西村進/p78~80
          • 21世紀の新しい病医院経営を拓くために //p85~94,96~98,102~112,114~117,119~122,124~126,128~132,134~140
          • 今月の経営チェックポイント //p85~85
          • 経営時評――将来に備えマンパワーの確保は十分か / 長谷恭就/p86~87
          • 経営研究 私的病院における老健施設の建設 比重増し、予断を許さない今後の影響 / 藤原恒弘/p88~94
          • わかりやすい医療経済学――20兆円になった国民医療費 / 町田洋次/p96~98
          • 私のズバリ医事・医療診断――子どもの個を担う積極的な医療に / 生野照子/p102~103
          • 私の患者学入門――複数の医師の目で医療評価 / 松原雄一/p104~105
          • BAMBOOなんでも相談室――職員教育を実施したが職員間に溝ができた / 滝沢壯治/p106~109
          • 寄稿・新しい薬剤師の業務体系――今を業務の転換期と認識し患者の利益のために / 石射正英/p110~112
          • リスクの研究――厳しい"札幌病院戦争"の中,見通しなき拡大路線が破綻 / 藤久一夫/p114~115
          • 相続税対策シリーズ――"争族"を防ぐために / 川原邦彦/p116~117
          • 税務ニュース――社員旅行・三泊四日まで源泉課税なし / 上尾太郎/p119~119
          • タックスマネジメントの目――税務調査対策 / 橋本守/p120~122
          • 経営と財テク情報――新年度の相場も強気に読む / 鈴木治/p124~126
          • 新しい発想の不動産投資――不動産会社の知恵が生んだ『小口化商品』 / 三原淳雄/p128~129
          • ユニークな看護現場を訪ねて――人間尊重をベースに訪問看護のネットワーク化 / 小島ユキエ/p130~132
          • 知っておきたい医事法制――消費税の対象か否かの質疑 / 杉本久/p134~135
          • データ・コーナー //p136~140
          • 診療報酬物語――分業推進に味方した三人の開明的医師 / 青柳精一/p142~144
          • エッセー――生と死はアザナエル縄のごとし / 石田安男/p161~161
          • 名医列伝――救民済世に尽くした岡山の名医〈難波抱節〉 / 蔵方宏昌/p162~163
          • 研究室訪問――昭和大学医学部腎臓内科学教室 / 渡邊まゆみ ; 野崎重子/p164~165
          • 医療講座 実地医家のための診療ガイド――増加する大腸憩室疾患 / 松田隆志/p166~169
          • 医療講座 最新医療情報――強迫神経症/ほか / 印東利勝 ; 築山久一郎 ; 山下衛/p170~171
          • 医療講座 技術の動向――血腫中の12-HPETEに遅発性脳血管れん縮作用/ほか / 田中一郎/p172~173
          • 医療講座 医療事故を考える――循環器内科(1) / 須田清/p174~175
          • 医療講座 漢方講座・疾患別治療――慢性肝炎 / 菊谷豊彦/p176~177
          • D・I――ピリドンカルボン酸系抗菌剤と制酸剤の薬物相互作用 / 小清水敏昌/p180~181
          • ラウンジ 表紙絵によせて / 鈴木進/p145~145
          • ラウンジ 美術の小径 シンデレラ・ボーイと言われた織田広喜 / 安井収蔵/p146~146
          • ラウンジ スポーツこぼれ話 / 田村留太/p147~147
          • ラウンジ えいが / 松/p148~148
          • ラウンジ おんがく・ぶたい / 北/p149~149
          • ラウンジ アルバトロスの旅 単独国際医療協力 / 牧豊/p150~151
          • ラウンジ 私の情報収集活用法 / 金森茂一郎/p152~152
          • ラウンジ 外国人がみた日本 / S/p153~153
          • ラウンジ 心の時代を訪ねて 単眼では人間は捉えられない / 奥野哲士/p154~155
          • ラウンジ 一枚のカルテ / 加藤勲/p156~156
          • ラウンジ 歌壇・俳壇・柳壇 //p157~159
          • ラウンジ 今月の運勢暦 / 泰運岳人/p160~160
          • 副作用情報 //p179~179
          • メディカル情報カプセル //p183~196
          • 北から南から / 太田幸子 ; 中村元子 ; 荒川勉 ; 玉川雄司 ; 山田細一 ; 真鍋敏朗 ; 浅野健次郎 ; 林督元 ; K ; CAROL大谷/p198~206
          • 取材メモ / 須見 ; 福士/p208~208
        • (96) [109]
        • (97) [109]
        • (98) [109]
        • (99) [105]
        • (100) [143]
        • (101) [113]
        • (102) [113]
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

Clinic bamboo = ばんぶうの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476395/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。