国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

臨床と薬物治療. 6(6)(33)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 臨床と薬物治療
    • 1980~1989 (21)
      • 1987 (5)
        • 6(3)(30) [72]
        • 6(4)(31) [71]
        • 6(5)(32) [66]
        • 6(6)(33) [135]
          • 序文 / 清水直容/p1~1
          • 催眠剤,抗てんかん剤 / 三浦貞則 ; 竹内尚子/p2~6
          • ミダゾラム //p2~3
          • ゾピクロン //p4~5
          • ブロマゼパム坐剤 //p5~6
          • 精神神経用剤 / 神庭重信 ; 八木剛平/p9~21
          • エチルロフラゼペート //p9~10
          • クロバザム //p11~12
          • マレイン酸テシプチリン //p12~13
          • マジンドール //p13~14
          • デカン酸ハロペリドール //p15~16
          • 塩酸チアプライド //p16~18
          • チミペロン注射剤 //p18~19
          • フルトプラゼパム //p19~21
          • 消炎鎮痛剤・抗リウマチ剤 / 安倍達/p23~41
          • アルミノプロフェン //p23~24
          • エトフェナマート軟膏 //p24~25
          • フルルビプロフェン貼付剤 //p25~26
          • 酢酸ハロプレドン //p26~27
          • リポステロイド //p27~28
          • テノキシカム //p28~29
          • チオブタリット //p29~30
          • スプロフェン //p30~31
          • フロクタフェニン //p31~32
          • ロキソプロフェンナトリウム //p33~34
          • ケトプロフェン軟膏(ゲル) //p34~35
          • ピロキシカム軟膏 //p35~36
          • フェルビナク軟膏 //p36~37
          • ロベンザリットニナトリウム //p37~38
          • オーラノフィン //p39~40
          • ヒアルロン酸ナトリウム //p40~41
          • その他の神経系医薬品 / 中西孝雄/p43~45
          • 塩酸チザニジン //p43~44
          • 酒石酸プロチレリン //p44~45
          • 強心剤 / 佐藤友英 ; 武士仁彦/p46~47
          • デノパミン //p46~47
          • 抗不整脈剤 / 早川弘一/p49~51
          • 塩酸アプリンジン //p49~51
          • 降圧剤・利尿剤 / 塩之入洋 ; 杉本孝一 ; 加藤佳史/p53~65
          • アラセプリル //p53~55
          • レンチアプリル //p55~56
          • カプトプリル徐放剤 //p57~58
          • 塩酸アモスラロール //p59~60
          • 酒石酸メトプロロール徐放剤 //p60~61
          • アゾセミド //p61~62
          • マレイン酸エナラプリル //p63~65
          • 脳循環代謝改善剤,脳血管拡張剤 / 黒岩義之 ; 東儀英夫/p68~88
          • アニラセタム //p68~70
          • 塩酸ビフェメラン //p70~72
          • ニセルゴリン //p72~74
          • イブピロジン //p74~76
          • 塩酸インデロキサジン //p76~78
          • プロペントフィリン //p78~80
          • ペントキシフィリン徐放剤 //p80~81
          • メシル酸ジヒドロエルゴトキシン徐放剤 //p81~83
          • 塩酸ドパミン //p83~84
          • フマル酸ニゾフェノン //p84~86
          • イデベノン //p86~88
          • 末梢血管拡張剤,末梢循環改善剤 / 宮澤幸久/p90~93
          • リポPGE₁ //p90~92
          • ジルメプロスト //p92~93
          • 抗凝固剤,抗血小板剤 / 松田保/p95~98
          • 塩酸オザグレル //p95~96
          • アンチトロンビンIII //p97~98
          • 抗アレルギー剤,呼吸器官用剤 / 牧野荘平 ; 池森享介 ; 福田健 ; 本島新司/p101~114
          • レピリナスト //p101~102
          • イブピロジン //p102~103
          • 臭化フルトロピウム //p104~105
          • テオフィリン徐放剤 //p105~106
          • アモクサノックス //p106~108
          • オキサトミド //p108~109
          • 塩酸アゼラスチン //p109~110
          • 塩酸クレンブテロール //p111~112
          • 塩酸マブテロール //p112~114
          • 消化性潰瘍剤,消化器官用剤 / 中村孝司/p117~127
          • トリモプロスチル //p117~118
          • ミソプロストール //p118~119
          • 塩酸ベネキサートβシクロデキストリン包接化合物 //p119~120
          • オルノプロスチル //p120~121
          • スピゾフロン //p121~122
          • チアミン・コバルト・クロロフィリンコンプレックス //p122~123
          • マレイン酸トリメブチンマイクロカプセル //p123~124
          • トロキシピド //p124~125
          • 塩酸ロキサチジンアセタート //p125~126
          • プラウノトール //p126~127
          • 肝疾患用剤 / 上村朝輝/p129~130
          • トリトカリン //p129~130
          • 蛋白分解酵素阻害剤 / 竹内正/p132~133
          • メシル酸ナファモスタット //p132~133
          • ホルモン剤 / 諏訪珹三/p134~135
          • 酢酸フルドロコルチゾン //p134~135
          • 鉄剤 / 溝口秀昭/p136~137
          • クエン酸第一鉄ナトリウム //p136~137
          • 血液代用剤 / 門田俊夫 ; 玉熊正悦/p139~140
          • フルオゾールDA //p139~140
          • 糖尿病性合併症治療剤 / 堀田饒 ; 坂本信夫/p141~143
          • エパルレスタット //p141~143
          • 骨粗鬆症治療剤 / 藤田拓男/p144~147
          • イプリフラボン //p144~145
          • 合成サケカルシトニン //p146~147
          • 抗悪性腫瘍剤〔化学療法剤1〕 / 古江尚/p148~153
          • ラニムスチン //p148~149
          • ピラルビシン //p150~151
          • エトポシド //p151~153
          • 抗悪性腫瘍剤〔化学療法剤2〕 / 小川一誠/p154~157
          • 塩酸エピルビシン //p154~156
          • ミトザントロン //p156~157
          • 抗悪性腫瘍剤〔Interferon〕 / 渡辺直樹 ; 新津洋司郎 ; 漆崎一朗/p158~163
          • IFN-α //p159~161
          • IFN-β //p161~162
          • インターフェロン-γ //p162~163
          • ウイルス性肝炎治療剤 / 鈴木宏/p165~168
          • 乾燥リコンビナントインターフェロン-αA //p165~167
          • 乾燥インターフェロン-β //p167~168
          • 免疫調節剤 / 松田重三/p169~174
          • ウベニミクス //p169~170
          • ノカルディアCWS //p170~171
          • 塩酸レバミゾール //p172~173
          • シゾフィラン //p173~174
          • 抗生物質,化学療法剤 / 嶋田甚五郎/p177~210
          • フロモキセフナトリウム //p177~179
          • カルモナム //p179~181
          • 硫酸イセパマイシン //p181~182
          • 塩酸シプロフロキサシン //p183~184
          • 塩酸レナンピシリン //p184~186
          • トシル酸スルタミシリン //p186~187
          • アスポキシシリン //p188~189
          • イミペネム/シラスタチンナトリウム //p190~191
          • セフテラムピボキシル //p192~193
          • セファクロル徐放剤 //p194~194
          • セフィキシム //p195~196
          • セフチゾキシムナトリウム坐剤 //p197~198
          • セフゾナムナトリウム //p199~200
          • セフミノクスナトリウム //p200~202
          • スルバクタムナトリウム/セフォペラゾンナトリウム //p202~204
          • セフタジジム //p204~205
          • セフトリアキソンナトリウム //p206~207
          • セフピミゾールナトリウム //p207~209
          • ロキタマイシン //p209~210
          • 抗真菌剤 / 森健 ; 江部司 ; 池本秀雄/p213~215
          • ケトコナゾール //p213~215
          • 抗ウイルス剤 / 岡野善郎 ; 等泰三 ; 加地正郎/p216~219
          • ブドウ球菌溶解物質 //p216~217
          • イソプリノシン //p218~219
          • 麻酔科領域 / 松川公一 ; 山本亨/p221~225
          • セボフルラン //p221~222
          • 臭化ベクロニウム //p222~223
          • 臭化水素酸エプタゾシン //p224~225
          • 産婦人科領域 / 高木繁夫/p227~229
          • 塩酸リトドリン //p227~229
          • 眼科用剤 / 宮永嘉隆/p230~241
          • セフメノキシム点眼剤 //p230~231
          • 塩酸ジピベフリン //p232~233
          • プラノプロフェン点眼剤 //p233~234
          • オフロキサシン点眼剤 //p235~236
          • ヒアルロン酸ナトリウム //p236~237
          • ヒアルロン酸ナトリウム眼科用液剤 //p237~238
          • ブドウ糖塩類配合剤 //p239~240
          • インドメタシン点眼剤 //p240~241
          • 外皮用剤 / 武田克之/p243~252
          • ブデソナイド //p243~244
          • 吉草酸デキサメタゾン //p245~246
          • ジフルプレドナート //p246~248
          • 塩化リゾチーム //p248~249
          • ビフォナゾール //p250~251
          • プロピオン酸デキサメタゾン //p251~252
        • 6(7)(34) [79]
      • 1988 (8)
      • 1989 (8)
    • 1990~1999 (103)
    • 2000~2009 (12)

臨床と薬物治療の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3476840/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。