国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護の研究. (24)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護の研究
    • 1980~1989 (5)
    • 1990~1999 (10)
      • 1990 (1)
      • 1991 (1)
      • 1992 (1)
        • (24) [355]
          • 推薦の言葉 / 佐々木仁也
          • 発刊の言葉 / 矢内満代
          • 第I部 第29回全国自治体病院学会看護分科会の記録 //p1~534
          • 患者の援助 //p1~76
          • 急性心筋梗塞後に頻回狭心症発作を訴えた高齢者患者の退院援助 / 戸塚美枝子 ほか/p1~3
          • 交通事故による左下腿切断術後の患者への援助――少女とのかかわりを通して学んだ一考察 / 澤田由美 ほか/p8~10
          • 安静を強いられる患者の苦痛について考える――血管造影後の患者アンケートより / 外川淳子/p17~19
          • 産婦人科における術前術後の苦痛に対する一考察 / 今野由里/p20~23
          • 長期に人工呼吸器装着中の頸髄損傷患者の援助(第2報)――家庭復帰を考える / 市川セツ子 ほか/p30~32
          • 直達牽引患者の日常生活指導の再検討 / 小土橋久美 ほか/p35~37
          • 血栓形成による再僧帽弁置換術施行患者の術前術後の看護――予期せぬ手術を受けた患者への援助 / 安達和佳奈 ほか/p45~48
          • 脊髄損傷患者の排便自立までの一過程 / 高田宏子 ほか/p55~57
          • 膵全摘術後の看護――特に経口摂取後の血糖管理について / 阿部美智枝 ほか/p58~61
          • 広汎性子宮全摘出術後患者の早期自尿確立への援助 / 錦織和子 ほか/p62~64
          • 乳癌再発による下半身麻痺患者の退院に向けての援助 / 池田ユカリ ほか/p65~67
          • 疾患・術式による胃管からの排液量 / 村本淳子 ほか/p74~76
          • 看護の工夫 //p77~128
          • 輸液パックを廃物利用した氷枕6%エタノールを凍らせて / 竹下佳代子 ほか/p77~79
          • 床上安静患者の陰部洗浄の見直しを試みて / 上林鈴 ほか/p80~82
          • 術後患者の安楽への援助――安楽枕の一工夫 / 西邑京子 ほか/p83~85
          • 入院患者の不眠に関する研究――鼾から患者の快適環境を考える / 吉本美雪 ほか/p88~91
          • 脳幹部梗塞により意思表示不可能な患者への援助――コミュニケーションの方法を工夫して / 杉森和美 ほか/p94~96
          • 点眼方法の改善を試みて(業務改善を試みて) / 滝波佐知子 ほか/p107~109
          • 当院の褥瘡処置――創傷被覆材在宅への応用 / 高橋鈴子 ほか/p110~112
          • 透析経過記録表を使用しての患者の状態把握について / 阿部孝子 ほか/p113~117
          • 脳動脈瘤破裂に併発する上部消化管出血の原因に対する看護の検討 / 荒木充代 ほか/p118~120
          • 胃内視鏡前処置の検討 / 中川和子 ほか/p123~125
          • 大腸検査における前処置法の簡便化 / 東内ひとみ/p126~128
          • 患者指導 //p129~183
          • 闘病意欲のない患者に内服薬自己管理ケアーを試みて / 河村泰子 ほか/p129~131
          • CAPD導入患者の教育と社会復帰への援助 / 佐々木智子 ほか/p134~136
          • 喉頭全摘患者の退院指導を試みて――事例を通して / 太田まさよ ほか/p137~141
          • 肝臓疾患患者の患者指導について / 橋田育代 ほか/p142~144
          • B型肝炎についての社会の認識――一般社会人と患者へのアンケート結果を肝炎患者の指導に役立てる / 佐々木優見子 ほか/p145~147
          • 当院における自己導尿の実態調査とその後の患者指導 / 坂本明子 ほか/p148~150
          • 昭和60年度糖尿病患者の動向から――中断者の傾向と問題点についての一検討 / 小田原恵子 ほか/p153~155
          • 糖尿病患者の退院後の食事療法について――アンケート調査による一考察 / 有松恵子 ほか/p156~158
          • 効果的な患者教育を実施して――糖尿病指導資料の充実を中心に / 川迫千美/p159~161
          • 減塩に焦点をあてた塩分学習教室を開催して / 小野寺泉 ほか/p164~166
          • 術後呼吸器合併症予防にとりくんで / 田口マサほか/p167~170
          • 顎間固定患者の食事・清潔に対する自己管理――パンフレットを活用して / 加藤悦子 ほか/p171~174
          • 結核患者の指導の現状と今後のあり方を考える / 金子恭子/p177~181
          • 継続看護 //p184~236
          • 退院患者のADLの追跡調査を試みて / 中村修子 ほか/p186~188
          • 糖尿病教育入院患者の退院後の経過について / 高木一枝 ほか/p189~191
          • 外来―病棟間の院内継続看護への取り組み――眼科外来における院内継続看護連絡票使用の試み / 周藤喜美子 ほか/p198~200
          • 事例研究 A子さんの場合――障害者のquality of lifeに視点を当て / 日高弘美 ほか/p201~203
          • 重度障害者の在宅療養に関する諸問題 / 今井千代 ほか/p204~206
          • 当院における在宅ケアについて / 永井順子 ほか/p211~213
          • 地域における健康教室――3年間の総括と今後の展望 / 相川文子 ほか/p214~216
          • 平成元年における訪問看護(年間延件数1074件)の統計 / 西村淳子 ほか/p217~219
          • 訪問看護の現状とパンフレット作成を試みて / 高橋邦子 ほか/p228~231
          • 在宅ケアのシステム化をめざして――地域保健婦と医師との連携による訪問看護 / 今渕みつ ほか/p232~234
          • リハビリテーション看護 //p237~265
          • 精神病院での患者の運動量について / 木村浩子 ほか/p239~241
          • 病棟における呼吸リハビリテーションを通しての一考察 / 田上小百合 ほか/p244~246
          • 糖尿病を合併した嚥下障害患者の看護 / 西川せつ子/p247~249
          • 脳卒中片麻痺患者の健側下肢機能について / 高田欣司/p250~253
          • 脳血管障害患者家族の障害受容について――入院を通しての家族の意識調査 / 安斉幸子ほ か/p254~256
          • 心筋梗塞患者のリハビリテーション中における精神・身体・社会的苦痛 / 小島淳子 ほか/p257~259
          • 重度の両下腿開放骨折を負った女子高校生の自立援助―交換日記の活用― / 照屋いつ子 ほか/p260~262
          • 人工骨頭置換術術後に使用するハート型シーネの改良 / 中村江理子 ほか/p263~265
          • ターミナルケア //p266~291
          • 週末期における家族への援助――遺族へのアンケート調査から / 加藤かよ子 ほか/p266~268
          • 癌患者のターミナルケア――家族へのかかわりをふりかえり看護を考える / 竹下ちづる ほか/p269~272
          • ターミナルケアを考える――患者家族からの手紙を通して / 中田雅代 ほか/p275~277
          • ターミナルケア――当院における症例を通して在宅死を考える / 谷口清子 ほか/p278~280
          • 告知後の看護援助を考える――急性リンパ性白血病患者のターミナルを通して / 田中孝子 ほか/p283~285
          • 外来看護 //p292~329
          • グループ別看護体制の導入――質問調査表からの評価 / 下町富子 ほか/p292~294
          • 無喉頭患者との継続的関わり / 杉山政子 ほか/p295~297
          • 外来における自己導尿指導――パンフレットを使用して / 千葉とく ほか/p298~300
          • 自然気胸ドレナージ患者の外来における看護――ポシェット型気胸排気装置使用を試みて / 鈴木しづ子 ほか/p301~303
          • 脳卒中患者の継続看護に向けて――通院患者の待合室インタビュー結果から / 荒井理恵 ほか/p304~306
          • 当院内科外来に予約制を取り入れて――患者アンケート追跡調査より / 田中マサ代 ほか/p307~309
          • 外来における接遇を考える / 渡辺朋子 ほか/p310~313
          • 時間外来院患者のフォロー調査をして――時間外から時間内への看護の継続について考える / 細川千恵 ほか/p314~316
          • 児に及ぼす家族の喫煙対策を考える――意識調査から生活指導を試みて / 美濃島貞子 ほか/p317~319
          • 患者は大和病院外来受診し、満足できたか / 佐藤ミエ子 ほか/p324~326
          • 外来からの情報提供を思索する――入院決定時の患者の心理的変化に対する気づきを通して / 浜田洋子 ほか/p327~329
          • 業務の見直し //p330~339
          • 申し送り時間の短縮 / 木下浩美 ほか/p330~332
          • 当院のチームナーシングの改善点の一考察――リーダー計画表を活用しての調査から / 兼平礼子 ほか/p335~337
          • 小児看護 //p340~371
          • 地域の信頼にこたえる子供病院をめざして――夢の城づくり活動 / 松波典代/p340~342
          • 小児糖尿病サマーキャンプの意義――看護の立場から / 小原満子 ほか/p343~346
          • 骨形成不全症児の看護――日常生活動作の拡大に向けての援助 / 岩永利賀子/p350~352
          • NICUにおける在宅酸素療法の指導統一への一考察――患者家族との面談を通して / 松井栄子 ほか/p355~357
          • 筋緊張の強い哺乳困難な乳児の援助を考える――理学療法を導入し母親と共に哺乳訓練を試みて / 長谷川妙子 ほか/p358~360
          • 極小及び超未熟児の尿量測定について――従来使用の紙オムツと生理用ナプキンの比較 / 山縣みどり ほか/p363~368
          • 在胎週数28週で出生体重658gの超未熟児の看護――レスピレーター管理から離脱できた症例を通して / 会田美貴子 ほか/p369~371
          • 母性看護 //p372~405
          • 妊婦外来保健指導の効果 / 浅井千秋 ほか/p372~374
          • 当院の母親学級をふり返って――アンケートを通しての一考察 / 佐藤美保 ほか/p375~377
          • 母乳育児中の母親から乳児ビタミンK欠乏性出血症についての知識を探る――アンケート調査から / 岸田伊久子 ほか/p378~380
          • 当院における母体搬送例の検討 / 大崎美紀子 ほか/p381~383
          • 当院における母子継続看護の成果――退院後の母乳哺育への援助から / 村松季代子 ほか/p386~388
          • 帝王切開術における母子対面時の看護に関する検討 / 馬場崎佳代子 ほか/p391~393
          • 産後の手伝いの実態と疲労との関係 / 曲渕貴子 ほか/p396~398
          • 先天異常児を妊娠・出産した母親の心理について――症例を通して看護婦の役割を考える / 鈴木恵美子 ほか/p399~401
          • 多胎妊娠を通して母児をとり巻く環境を考える / 阿部智子 ほか/p402~405
          • 看護教育 //p406~411
          • 手術に伴う看護 //p412~432
          • 腰椎麻酔,硬膜外麻酔の体位説明について――エビという言葉で正しい姿勢がイメージできるか / 三谷真由実 ほか/p414~416
          • 脊椎手術における自己輸血患者に対する看護 / 実本貴子 ほか/p417~419
          • 右肺全摘後気管支瘻を併発した患者の看護 / 徳沢幸子 ほか/p420~422
          • 術前・術後の呼吸機能訓練の意義 / 松永富子 ほか/p429~432
          • 老人看護 //p433~454
          • 高齢患者への基本的生活行動援助の検討――入院時の身体的社会的背景より / 松本玲子 ほか/p433~435
          • 在宅を可能にした介護指導の一考察――年老いた夫が行う介護を通して / 熊谷信子 ほか/p436~438
          • 老人患者の日常生活ケアーを考える――寝たきりを脱した3症例を通して / 小嶺直美 ほか/p439~442
          • 胃全摘術を受け長期臥床のためリハビリテーションを必要とした高齢者の看護 / 志賀かよ子/p450~452
          • その他看護に関するもの //p455~491
          • 交流分析を通し患者さんと望ましいやりとりを考える / 佐野幸子 ほか/p455~458
          • 水分管理困難な患者へのかかわりに交流分析をとり入れて――看護婦に視点をおいて / 柴田みどり ほか/p459~461
          • 透析室の災害時対策を考える / 赤江恵美 ほか/p462~466
          • 不織布の全面導入について / 原田りえ ほか/p467~469
          • 患者が当院を選んだ理由 / 荒屋敷節子 ほか/p472~476
          • 6時配膳および温食給食を導入して――アンケート調査より効果を探る / 山内和江 ほか/p479~481
          • 糖尿病患者の眼合併症に関する意識調査結果 / 亀田恵子 ほか/p489~491
          • 看護管理 //p492~534
          • 固定チームナーシングの導入と申し送り方法に変化を加えて / 板原靖子 ほか/p493~495
          • 当院における受持制看護の現状――アンケート等の調査から今後の方向をさぐる / 小嶋美恵子 ほか/p498~501
          • 神経科病棟における看護方針の評価 / 渡邊芳枝 ほか/p502~504
          • 看護体制の変更を試みて――看護婦へのアンケート調査より一部受け持ち制を評価する / 和島恵子 ほか/p507~509
          • 直接看護の充実をめざして――昭和58年第1回看護業務分析と,平成元年第4回分析の比較検討から / 杉本サツ ほか/p510~513
          • 看護量の調査と分析 / 石田順子 ほか/p516~518
          • 当院看護部における院内教育の過程 その1――院内教育のシステムについて / 太田久佐子 ほか/p519~521
          • 当院看護部における院内教育の過程 その2――コース別研修のねらいと取り組み方 / 篠塚ひとみ ほか/p522~525
          • 臨床看護能力の評価――記録と実践レベルの評価より / 草場瞳 ほか/p527~530
          • モラール調査を実施して――看護職員の実態を知る / 林紀子 ほか/p531~534
          • 第II部 自治体病院総婦長研修会 //p535~547
          • 講演 診療報酬改正と看護サイドからみる請求もれ / 加藤雄二/p535~547
          • 第III部 自治体病院婦長・主任研修会 //p549~674
          • 講演 効果的なカンファレンスの進め方 / 杉野元子/p549~588
          • 院内卒後教育 / 内田卿子/p589~610
          • 仕事から得られるもの / 高嶋妙子/p611~635
          • 変わる医療と看護の役割 / 小山田恵/p636~652
          • 看護管理 / 矢内満代/p653~674
      • 1993 (1)
      • 1994 (1)
        • (26) [462]
          • 推薦の言葉 / 町井彰
          • 発刊の言葉 / 勝又志保子
          • 第I部 //~91
          • 講演 病院組織における今日的マネジメントの課題 / 柳谷益吉/p1~21
          • 講演 インフォームド・コンセント / 酒井忠昭/p22~38
          • 講演 ホスピスケアの理念と実際 / 千原明/p39~69
          • 講演 人を育てる / 岡部恵子/p70~91
          • 第II部 //~121
          • シンポジウム がん告知をのりこえて――死と生と生きがい / 等松康子 ; 埴原寿雄 ; 渡辺信子/p93~121
          • 第III部 第31回全国自治体病院学会看護分科会の記録 //~884
          • 一般演題 //p123~884
          • 成人看護 //p123~285
          • 糖尿病患者の入院時指導及び自己注射指導統一への取り組み / 八重樫郁 ほか/p123~128
          • 人工呼吸器装着患者の基本的ニードの考察 / 長谷川由紀 ほか/p129~131
          • 脊髄損傷患者の障害受容への看護――気管カニューレへの依存の強い患者の心理過程を通して / 笠原和代 ほか/p132~134
          • ストーマ造設術後の皮膚障害をおこした患者の看護 / 藤本栄子 ほか/p135~137
          • 褥瘡処置に線維素・壊死組織溶解酵素剤バリダーゼ(局所用)を用いて / 澤恵里子 ほか/p138~140
          • 自然排尿可能な代用膀胱造設術を受けた患者の看護――尿失禁に関する検討 / 木村初代 ほか/p143~145
          • コック回腸膀胱造設患者の退院指導パンフレット作成――退院患者10人の面接法より / 中平千恵美 ほか/p146~149
          • 意思疎通困難な寝たきり患者の排泄管理 / 五日市弘子 ほか/p150~152
          • 尿失禁防止術を受けた患者への退院指導 / 中垣珠美 ほか/p153~155
          • 腹圧性尿失禁患者の看護を考える――膀胱吊り上げ術施行患者への実態調査を通して / 花田真弓 ほか/p158~160
          • 透析を受けている患者の掻痒による苦痛の減少を試みて / 森木弘美 ほか/p161~163
          • MCTD患者に対する病気受容への援助 / 栗田智代 ほか/p164~166
          • CAPD施行患者の看護――CAPDの自己管理技術の習得と社会復帰に向けての援助 / 星川睦恵 ほか/p167~169
          • 緊急入院患者の戸惑・不満と看護婦の対応への考察――アンケート調査より / 松吉美智子 ほか/p170~172
          • 22時消灯を試みて / 山本晃世 ほか/p173~175
          • ここち良い睡眠を提供するために――不眠原因と音に対する看護婦の意識 / 伊藤美和 ほか/p176~178
          • 心筋梗塞患者の退院指導の改善――患者の自立と看護の役割確立をめざして / 五百蔵結子 ほか/p179~182
          • 経皮的心肺補助装置を用いた経皮的冠動脈形成術の看護マニュアルを作成して / 辻井真紀子 ほか/p183~186
          • 単身赴任中に急性心筋梗塞を発症した患者,家族への緊急時対応を考える / 木内澄江 ほか/p187~189
          • 急性心筋梗塞患者の看護――心室性頻拍をくり返した一症例 / 前田容子 ほか/p190~192
          • 半飢餓療法を受ける患者の心理状態に関する一考案――心理状態の変化を探り,看護的アプローチを考える / 山梨美鈴 ほか/p199~208
          • うつ病の夫婦関係――TEGによる配偶者の対応の問題点を通し,援助を考える / 松本志保子/p211~215
          • 長期慢性病棟における患者の疾患別トラブルの実態調査 / 森本隆史 ほか/p216~218
          • 術前の不安が家族の支援により軽減した老人患者の事例検討 / 杉森千代子 ほか/p221~224
          • 高血圧性脳内出血患者の退院指導用パンフレットを作成して / 立花桂子 ほか/p231~234
          • 脳血管障害患者における退院指導――退院に向けてのチェックリスト作成を試みて / 渡辺成子/p235~237
          • 退院への不安に対する援助を通して / 眞間由美子 ほか/p238~241
          • 在宅酸素療法患者の看護について――当院における問題点とその対策 / 向井君代 ほか/p242~245
          • 心臓手術前患者の患者自身がとらえた不安度と看護婦の推察度 / 佐々木恵子 ほか/p246~250
          • 重度失語症患者のコミュニケーションを考える / 田中理恵 ほか/p251~253
          • 高齢患者の生活意欲をひき出すために――グループ・レクリエーションを取り入れて / 北阪久美子 ほか/p254~256
          • 女性の尿失禁について――アンケート調査及び骨盤低筋体操を試みて / 遠藤喜代子 ほか/p257~260
          • 脳血管障害による片麻痺者の排泄動作に関する一考察 / 藤原瑞穂 ほか/p261~264
          • 乳房切断者の抱えるADL及びQOL上の諸問題についての検討 / 千田峰子 ほか/p265~269
          • 癌化学治療中の患者の看護――5FU投与による口内炎の予防 / 吉田真澄 ほか/p270~272
          • 41才で病名告知を受けた癌患者の看護を体験して――患者・妻とのかかわりの中から学んだこと / 岩熊千福 ほか/p275~278
          • 婦人科領域における化学療法患者の食事への援助――化学療法食を考案して / 内山由紀 ほか/p279~281
          • ¹³¹I治療のため隔離された患者の嘔気に関する調査 / 佐藤ひとみ ほか/p282~285
          • 老人看護 //p286~323
          • 老人のイメージ体験を通して得た支援のあり方 / 宮地緑 ほか/p286~288
          • 進行性核上麻痺患者の在宅療養に向けての退院指導――高齢で難聴のある妻への指導を通して / 青沼美和 ほか/p289~291
          • 当院看護婦の老人看護に関する意識調査 / 安藤弘恵 ほか/p292~294
          • 再入所をくり返す療養者に対する退所時指導の一考察 / 木村由美子 ほか/p295~298
          • 長崎県の離島における高齢者の現状 / 江崎美代子 ほか/p301~303
          • 自助具作製を通して患者の自立を考える――ADL拡大に向け自助具の活用を試みて / 神道一美 ほか/p304~307
          • 大腿骨頚部骨折術後の側臥位の安楽を考えて――看護用具の工夫 / 柳原永子 ほか/p308~312
          • 高齢者の長期入院と合併症との関連を考える / 漆畑しのぶ ほか/p313~315
          • 寝たきり老人の看護 / 小揚鈴代 ほか/p318~320
          • 大腿骨頚部骨折術後患者の追跡調査――生活指導が継続される為のアプローチー / 佐々木元子 ほか/p321~323
          • 看護用具の工夫 //p324~337
          • 頚部から[鎖]骨部の放射線皮膚炎を予防するための冷却物品の工夫 / 高木恵美子 ほか/p326~328
          • 持続脳室ドレナージの髄液圧設定調節器具の工夫 / 田口てる子 ほか/p329~331
          • 体動抑制衣の工夫 / 高谷由姫 ほか/p332~334
          • 滅菌物在庫管理システムによる業務の改善 / 岩田和子 ほか/p335~337
          • 業務の見直し //p338~439
          • 眼鏡使用による酸素カニューラの考案――在宅酸素療法患者の美容のために / 豊田和江 ほか/p340~342
          • 不織布全面導入における経過報告 / 林稜子 ほか/p345~347
          • 病棟における薬剤業務の見直し――薬剤業務の調査から / 番沢美知子 ほか/p350~352
          • 夜勤体制改善を試みて / 早坂恵子 ほか/p353~355
          • 看護記録の一考察 / 藤井薫 ほか/p356~358
          • 騒音に関する患者と看護婦の意識の差をめぐって――夜間気になる音を調査する / 蔵重美智子 ほか/p359~362
          • 雲仙普賢岳噴火災害の救護記録 / 藤田弘子 ほか/p363~367
          • 脊髄損傷患者の尿路感染予防――セルフカテーテルのよりよい手技を目指して / 中嶋真弓 ほか/p368~370
          • 看護ワークシート利用による申し送りの検討 / 長田あつ子 ほか/p371~374
          • プライマリーナーシング導入に向けて――当病棟における担当制の実践と評価 / 稲葉フミ子 ほか/p375~377
          • 申し送りをどのように考えるか――意識調査をおこなって / 早川サツキ ほか/p378~380
          • 申し送り時間の短縮を試みて――フローシートを使用して / 川嶋理恵 ほか/p381~384
          • 入院時申し送り書を作成し3年間の活用効果 / 山本和子 ほか/p385~387
          • CCU管理下においての虚血性心疾患患者の援助――患者用栞を使用しての試み / 石田清美 ほか/p388~394
          • 看護職員の手洗いに関する実態調査およびその後の意識変容 / 佐々木信子 ほか/p395~397
          • 術後バイタルサインのチェック時間の検討 / 友永祥子 ほか/p400~402
          • 精神科作業療法活動「調理グループ」参加者へのアンケート調査 / 小笠原美奈子 ほか/p413~417
          • モジュラー型看護におけるチームリーダーの役割の検討 / 原田とき子 ほか/p420~424
          • ストーマケアマニュアルとストーマカルテを作成して継続看護を考える / 水本富貴子 ほか/p425~428
          • 看護業務実態調査――開院5年をふりかえって / 大下さち子 ほか/p431~433
          • 滅菌コンテナーシステム導入による業務の改善 / 道又美加子 ほか/p434~436
          • 透析室の安全管理システムを考える――ヒヤリメモの分析 / 原令子 ほか/p437~439
          • 継続看護 //p440~507
          • 在宅療養者の死亡例からみた訪問看護評価 / 川越紀美子 ほか/p440~442
          • 退院した患者宅の家屋改造――訪問看護を通して / 川井あや子 ほか/p443~446
          • 高齢者のストーマケアの確立をめざして――在宅患者訪問を試みて / 上谷智津子 ほか/p449~452
          • 訪問看護の現状と今後の課題――2年間の実践を通して / 江藤幸子 ほか/p453~458
          • 離島地域における在宅酸素療法を担って――訪問看護の見直し / 喜久川綾子 ほか/p461~464
          • 在宅酸素療法患者のQOL向上を考える――酸素濃縮器と液化酸素装置使用者を比較して / 橋本裕子 ほか/p465~467
          • 当院における在宅酸素療法患者の実態と訪問看護の一考察 / 阿部香代子 ほか/p468~470
          • 当院における在宅酸素療法患者の指導の現状 / 狩野ゆきえ ほか/p471~473
          • 統一した訪問看護活動――看護婦・保健婦・ヘルパーとの連携 / 谷本栄子 ほか/p478~481
          • 過去3年間の在宅死亡患者の家族の意識調査を実施して / 岡山淳子 ほか/p482~484
          • 医療依存度の高い患者に対する退院指導の再検討――褥創形成により再入院となったケースを通して / 山崎文子 ほか/p485~487
          • 五十肩の患者に家庭における振り子運動の指導を実施して / 井斉恵子 ほか/p496~498
          • 外来における継続看護――在宅酸素療法患者の関わりを通して / 村井喜代 ほか/p499~503
          • 当院における訪問看護事業の現状 / 知念恵子 ほか/p504~507
          • 母性看護 //p508~538
          • 地域と施設の連携をめざして――地域助産婦会に入会して / 青石恵美子 ほか/p508~510
          • 産後の家庭訪問を試みて / 杉本友木子 ほか/p513~515
          • 当院産科病棟における患者サービスの現状と今後のサービスのありかたについて考える / 鈴木章子 ほか/p518~520
          • 妊娠中毒症分娩後の産褥ケア――症例を通して自己管理を再検討する / 堀田秀子 ほか/p525~527
          • 当院での成熟児における体重減少について――母乳不足分を5%糖水と人工乳で補う場合 / 谷岡美鈴 ほか/p532~535
          • 新生児の臍処置方法について考える / 木野陽子 ほか/p536~538
          • 小児看護 //p539~565
          • 持続点滴固定法の改善を試みて / 三上真弓 ほか/p539~541
          • 外表奇形を持つ両親の心理過程の分析 / 小松恵子 ほか/p542~544
          • かぜ症候群患児への保健指導の一考察――短期入院におけるより効果的な援助を求めて / 稲福孝子 ほか/p547~549
          • 小児の持続点滴中における病衣の工夫 / 窪田和江 ほか/p552~555
          • 小児における食事指導――味見検査を通して考える / 竹村淳子 ほか/p556~558
          • 家族で結核に罹患した若年親子への援助と関わりから / 泉聡子 ほか/p563~565
          • ターミナルケア //p566~594
          • 巨大外陰癌をもつ高齢患者の看護――臭気対策を中心に / 国見章子 ほか/p566~569
          • 終末期医療に対する意識調査――当院における職員アンケートより / 飯塚るみ子 ほか/p574~576
          • ターミナル期の訪問看護――在宅で有意義にターミナルを迎えるために / 山脇みつ子/p579~581
          • 告知された患者のQOLを考える / 瀬口敦子 ほか/p582~585
          • 終末期患者の看護を考える――癌告知後418日間の関わりを振り返って / 小川きみ代 ほか/p586~589
          • プロセスレコード分析を加えたターミナルケアの一症例 / 尾崎千鶴 ほか/p590~592
          • 看護管理 //p595~650
          • 当院における看護方式に関する検討 / 善家里子 ほか/p597~599
          • ローテーションの意識調査による一考察 / 寺嶋順子 ほか/p600~604
          • 固定チームナーシングを導入しての効果――看護業務調査を比較して / 石原まゆみ ほか/p607~609
          • 夜間受診患者の実態と当直看護婦の疲労度との関連 / 高橋輝子 ほか/p618~620
          • 三交替看護婦の喜怒哀楽を感じる程度・職場環境要因とバーンアウトとの関連性 / 俊成信代 ほか/p621~624
          • 調査票による当院看護職員294名のバーンアウトとストレスの実態調査――バーンアウトの解決策を考える / 真崎嘉奈恵 ほか/p625~629
          • 外国人とのコミュニケーションをはかるための一工夫 / 原田由紀 ほか/p630~632
          • 主任の育成を目指し婦長としての関わり方を考える――主任の役割の行動化に関する自己評価と婦長の評価を調査して / 高橋久美子 ほか/p633~635
          • 主任の育成に関する問題の検討 / 多田真千子 ほか/p636~638
          • リーダー教育の一考察――リーダー評価表を作成して / 森下きみ子 ほか/p639~644
          • PM調査をフィードバックすることによるリーダーシップ育成の試み / 藤澤恵美子 ほか/p645~647
          • 当院でエルダー制を実施してみて / 木村貴子 ほか/p648~650
          • 院内感染 //p651~664
          • 当院看護職員の針刺し等損傷事故に関する検討――5年間の院内感染委員会報告から / 高垣良子 ほか/p651~653
          • 消化器外科手術後MRSA感染症の現状と対策 / 野田智津子 ほか/p654~656
          • MRSA感染防止対策の検討――マニュアル作成と実施 / 村瀬博子 ほか/p657~659
          • 院内感染予防のための看護対策――MRSA肺炎患者の看護を通しての一考察 / 須藤直子 ほか/p662~664
          • 外来看護 //p665~699
          • 眼科外来(網膜光凝固術)からみた糖尿病 / 山口かつよ ほか/p665~667
          • 外来当直における正確な情報収集と記録について考える――当直申し送り票を作成して / 秋田誠子 ほか/p675~677
          • 医療健康相談室における外来患者支援――これからの病院保健婦活動を模索して / 下澤聖美 ほか/p678~681
          • 外来相談窓口開設をめざした外来患者の意識調査 / 岡安浩子 ほか/p682~684
          • 糖尿病教室を試みて / 中本秀子 ほか/p685~688
          • 外来看護者としての姿勢を振り返り外来看護の在り方を考える PartII / 田中恵知子 ほか/p693~696
          • 発達段階別にみた小児の事故 / 伊藤和子 ほか/p697~699
          • リハビリテーション看護 //p700~731
          • 対人関係の向上をめざして――SSTの考えをもとに / 俵美鈴 ほか/p700~704
          • 脳卒中患者のROM運動を実施して / 大城克枝 ほか/p707~711
          • ピークフローメーターとピーフレックスを使用した呼吸器リハビリテーションについて / 西尾弘美 ほか/p712~714
          • 老人の脊髄損傷患者の回復過程の援助に関する研究――ADL自立に向けてのアプローチ / 小原春代 ほか/p715~717
          • 患者が自力で回復過程を歩むための看護者の関わり方 / 清水みゆき ほか/p718~721
          • 家族構成人数の少ない患者の退院を困難にする要因――MSW連絡票を使用して / 高名祐美/p724~726
          • 失われた四肢と自立への援助――フィンクの危機モデルを適応して / 横内ひろみ ほか/p727~729
          • 教育看護 //p732~819
          • 看護学生より実習指導に対する評価を受けて――共に成長できる臨床実習を目指して / 吉田敬子 ほか/p732~735
          • 傾聴法による態度形成 / 赤木知子 ほか/p736~738
          • 手術室に於ける効果的な臨床実習環境を考える / 佐竹多賀子 ほか/p739~741
          • 接遇研修参加者のキャッチフレーズポスター掲示の効果 / 寒河江英子/p742~744
          • 3年目看護婦,私の看護観――院内教育を通して / 高畑愛子 ほか/p745~747
          • 基礎看護技術の既習状況と今後の課題――2年課程入学時調査から / 瀧伸子 ほか/p748~750
          • 看護技術教育の検討――受講対象者の選定と研修内容の改善を試みて / 俵貴志子 ほか/p751~753
          • カリキュラム改正に伴っての臨床実習指導体制の整備 / 長崎雅子 ほか/p754~756
          • 看護婦の教育ニーズをさぐる 第2報――看護婦の実態調査より / 大久保幸枝 ほか/p759~762
          • 看護学生の知的機能の特性についての一考察 / 床田弘子ほか/p765~770
          • 臨床実習指導についての検討――指導者と看護学生のアンケート調査から / 寺村君代 ほか/p775~777
          • 新卒看護婦教育にプリセプターシップを導入して / 宮沢みき子 ほか/p778~780
          • 看護教育における職業観の育成に関する検討――卒業後の動向調査より / 門田いく江 ほか/p781~783
          • 看護観形成についての一考察 / 久保木三喜子 ほか/p784~787
          • 術前オリエンテーションの改善――ビデオを導入して / 大木宏美 ほか/p788~790
          • 全身麻酔下手術における末梢循環の変化――手術前後の脈波の消失圧を測定して / 関景子 ほか/p791~793
          • 手術記録改善へ向けての一検討 / 鶴田久美子 ほか/p796~800
          • 術前オリエンテーションの工夫――自作自演ビデオ導入を試みて / 宿島裕美子 ほか/p801~803
          • 小児術前訪問の改善――紙芝居による患児及び家族への指導 / 河田加代子 ほか/p804~806
          • 経尿道的尿管砕石術の看護――パルス・ダイ・レーザー使用における看護マニュアルを作成して / 中村裕美子 ほか/p809~811
          • 鼻カニューラによる術中呼気CO₂モニターの検討 / 宮下文代 ほか/p814~816
          • 腹腔鏡下胆嚢摘出術の標準看護計画の立案 / 渡部玲子 ほか/p817~819
          • 手術に伴う看護 //p820~839
          • 除毛クリームの有効性の検討 / 山崎陽子 ほか/p820~823
          • 胃生検後の患者の苦痛についてアンケート調査より / 古川昌子 ほか/p824~826
          • 患者の求めている退院指導を目指して――子宮摘出患者がもつ不安の調査から / 田頭浩子 ほか/p829~834
          • 子宮摘出が更年期症状に及ぼす影響 / 香西見名子 ほか/p835~837
          • その他看護 //p840~884
          • インターフェロン治療を受けるC型肝炎患者の看護指導 / 橋田育代 ほか/p840~842
          • 肝硬変患者に対する援助――Finkの危機モデルを用いて / 堀知子 ほか/p843~845
          • 下垂体腫瘍術後の退院指導――脱水を重点においたパンフレット作成から評価まで / 宮良富子 ほか/p848~852
          • ICUにおける広範囲熱傷患者の管理 / 大崎恵美 ほか/p853~855
          • 手術室における固定チームナーシングの効果――看護計画を評価して / 藤原由美 ほか/p856~858
          • 腰椎手術後の神経症状に関わる因子について / 渡辺美保 ほか/p859~862
          • 腰椎麻酔術前の効果的な下剤投与の検討 / 西村廣子 ほか/p863~865
          • 手術患者の心理状態を考える―アンケート調査より― / 赤堀八重子 ほか/p868~870
          • 胃切除術後患者の食事摂取状況から――食事内容の改善を試みて / 前川佳世子 ほか/p871~873
          • 冠動脈造影検査後の穿刺部保護について――安静臥床時間短縮の試み / 四方美代子 ほか/p874~876
          • 結核病棟における患者指導の再検討 / 吉田恵美 ほか/p879~881
          • 処置中の患者のストレスを軽減するために――音楽を利用しての一考察 / 鈴木宏実 ほか/p882~884
      • 1995 (1)
      • 1996 (1)
      • 1997 (1)
      • 1998 (1)
      • 1999 (1)

看護の研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3477026/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。