国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

作業療法ジャーナル. 34(5)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 作業療法ジャーナル
    • 1980~1989 (12)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)
      • 2000 (12)
        • 34(1) [52]
        • 34(2) [52]
        • 34(3) [52]
        • 34(4) [52]
        • 34(5) [144]
          • 増大特集 痴呆の生活支援―障害の理解からリハの実際まで //~359,361~375,377~381,383~403,405~411,413~421,423~427,429~439,441~457,459~463,465~469,471~561,563~597,599~601,603~606
          • 序論 痴呆に対して作業療法の果たす役割 / 江藤文夫/p358~359
          • I 痴呆を理解する //~375,377~381,383~403
          • 1.医学の世界から //p362~375,377~381
          • 医学の世界から 痴呆の症候学 / 三好//功峰/362~324
          • 医学の世界から 痴呆の疫学 / 中村//紫織 ; 本間//昭/365~370
          • 医学の世界から 薬物療法の効果と限界 / 小林//祥泰/371~375
          • 医学の世界から アルツハイマー病の初期症状 / 竹中//星郎/377~381
          • 2.社会・生活の中で //p383~394
          • 社会・生活の中で 生活環境と痴呆--こころの老いをどうとらえるか / 吉川//武彦/383~386
          • 社会・生活の中で 歴史にみる痴呆老人 / 新村//拓/387~390
          • 社会・生活の中で 文化人類学の立場から老いと痴呆を考える / 波平//恵美子/391~394
          • 3.痴呆者・家族への理解を深めるために //p395~403
          • 痴呆者・家族への理解を深めるために 痴呆性老人との交流を通して--作業療法的接近の基本について / 室伏//君士/395~399
          • B.痴呆者を家族に持って――「体験」としての痴呆 / 永島光枝/p400~401
          • C.在宅介護16年の軌跡――痴呆症の妻を介護して / 内藤聰/p402~403
          • II 痴呆者の生活支援プログラム //~411,413~421,423~427,429~434
          • 痴呆のケアマネジメント--介護者支援の視点も含めて / 井上//千恵 ; 藤本//直規 ; 名嘉山//宏美/406~411
          • 支援チームの構造と連携 / 大熊//明/413~421
          • 痴呆のアセスメント アセスメント総綸 / 朝田//隆/423~427
          • 痴呆のアセスメント 簡易スクリーニング検査 / 山口//晴保/429~434
          • III 作業療法は何をみて何ができるか //~439,441~457,459~463,465~469
          • 1.作業療法プログラムのためのアセスメント //p436~439,441~446
          • 作業療法プログラムのためのアセスメント 生活をみる施設版アセスメント / 廣澤//美佐子/436~439
          • 作業療法プログラムのためのアセスメント 生活をみる地域版痴呆アセスメント / 大丸//幸/441~446
          • 2.作業療法プログラムの計画・立案・運営 //p447~457,459~463,465~469
          • 作業療法プログラムの計画・立案・運営 痴呆者の生活障害像とコミュニケーションのとり方 / 小川//敬之/447~450
          • 作業療法プログラムの計画・立案・運営 身体機能面を踏まえたプログラムの計画・立案 / 森田//三佳子/451~457
          • 作業療法プログラムの計画・立案・運営 生活歴を踏まえたプログラムの計画・立案 / 森口//恭子/459~463
          • 作業療法プログラムの計画・立案・運営 作業療法プログラムの運営 / 長倉//寿子/465~469
          • IV アクティビティの実際 //~550
          • アクティビティの実施と活用 / 大丸幸/p472~473
          • 「1」農耕 / 馬場孝/p474~475
          • 「2」園芸(花の苗植えと育成) / 谷川真澄/p476~477
          • 「3」散歩 / 加藤篤/p478~479
          • 「4」新風船バレーボール / 大喜多潤/p480~481
          • 「5」風船箱入れゲーム / 大喜多潤/p482~483
          • 「6」球入れかるた / 大喜多潤/p484~485
          • 「7」ボール渡し / 森井聡/p486~487
          • 「8」キックボウリング / 森井聡/p488~489
          • 「9」ハンガーバドミントン / 森井聡/p490~491
          • 「10」もちもちボール / 川辺郁代 他/p492~493
          • 「11」イメージング体操 / 小林博之 他/p494~495
          • 「12」音楽(大集団) //p496~497
          • 「13」音楽(小集団) / 吉野真弓 他/p498~499
          • 「14」コラージュを用いた回想法 / 湯浅孝男/p500~501
          • 「15」リアリティオリエンテーション・プログラムを中心としたグループワーク / 星文子 他/p502~503
          • 「16」ダンスセラピー(ダンス・ムーブメント・セラピー) / 松尾登志子 他/p504~505
          • 「17」アニマル・アシステッド・セラピー / 堀敦志/p506~507
          • 「18」癒し療法――宗教的活動を通じて / 池之上卓治/p508~509
          • 「19」グループ回想法 / 池之上卓治/p510~511
          • 「20」クバオージ作り / 来島修志/p512~513
          • 「21」ロールペーパーモザイク / 弦巻幸生/p514~515
          • 「22」ポンポン手芸(犬作り) / 弦巻幸生/p516~517
          • 「23」木工作業(本立作り) / 宮崎清隆/p518~519
          • 「24」草木染め(紅茶編) / 竹内健二/p520~521
          • 「25」雑巾縫い / 安藤晶子/p522~523
          • 「26」和紙の折り染 / 川崎治子/p524~525
          • 「27」白壁の樹 / 財津昌宏/p526~527
          • 「28」革のブローチ / 財津昌宏/p528~529
          • 「29」紐の平織クッション / 財津昌宏/p530~531
          • 「30」貼り絵 / 渡辺美佐子/p532~533
          • 「31」陶芸 / 渡辺美佐子/p534~535
          • 「32」絵画 / 渡辺美佐子/p536~537
          • 「33」連句 / 堤裕司/p538~539
          • 「34」子どもとの交流――「4類型の異世代交流」の試案 / 石山満夫/p540~541
          • 「35」シアターゲーム(劇遊び)――幼稚園児とともに / 川口淳一/p542~543
          • 「36」化粧を手がかりとした生活療法 / 千田素子/p544~545
          • 「37」模擬喫茶店 / 平尾一幸/p546~547
          • アクティビティの実施と活用 調理活動 / 吉澤//美由紀/548~550
          • V 痴呆支援の基礎知識 //~561,563~592
          • 痴呆者の健康管理上の留意点--起こりやすい事故・合併症とその予防 / 尾田//優美子/552~556
          • 痴呆者のリスクマネジメント--症状悪化・事故防止のために / 槌田//広子/557~561
          • 痴呆を支える環境整備--福祉用具と住宅改修 / 宮永//敬市/563~570
          • 家族・介護者への支援・指導 / 石山//満夫/571~578
          • 痴呆の支援と社会資源の活用 / 稲庭//千弥子/579~584
          • 不適切なケア・「拘束」と作業療法士の関わり--家族の会の調査から / 三宅//貴夫/585~588
          • 痴呆症と権利擁護にむけた変革 / 林//啓吉/589~592
          • VI 海外に学ぶ //~597,599~601,603~606
          • デンマークにおける痴呆性老人への対応 / Lene@@Hollaender ; 村嶋//幸代/594~597
          • 痴呆ケアにおける新しいアプローチ--初期段階の痴呆を持つ方たちを対象としたボランティアプログラム / 勝野//とわ子/599~601
          • オーストラリアの痴呆症ケア / 芹澤//隆子/603~606
          • 次号予告 //p401~401
          • PTジャーナル目次 //p403~403
          • 既刊案内 //p427~427
          • 表紙のことば //p607~607
          • INFORMATION //p608~616
          • 表紙のイラスト募集 //p616~616
          • 投稿・執筆規定 //p623~623
          • 編集後記 / 野中猛/p624~624
        • 34(6) [52]
        • 34(7) [52]
        • 34(8) [52]
        • 34(9) [52]
        • 34(10) [51]
        • 34(11) [53]
        • 34(12) [53]

作業療法ジャーナルの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3477231/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。