国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Emergency nursing. 4夏季増刊(27)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Emergency nursing
    • 1980~1989 (10)
    • 1990~1999 (132)
      • 1990 (6)
      • 1991 (14)
        • 4(1)(17) [50]
        • 4(2)(18) [43]
        • 4(3)(19) [46]
        • 4(4)(20) [48]
        • 4(5)(21) [48]
        • 4(6)(22) [47]
        • 4春季増刊(23) [123]
        • 4(7)(24) [50]
        • 4(8)(25) [52]
        • 4(9)(26) [52]
        • 4夏季増刊(27) [103]
          • 序文 / 山本保博 ; 平田清貴 ; 田口吉子/p1~1
          • 本書の利用の仕方 //p5~5
          • 輸液 //p7~66
          • 輸液って何? //p8~8
          • 輸液はこんな時に必要 //p9~12
          • 輸液の方法 //p13~16
          • 輸液における看護上のチェックポイント //p17~18
          • 輸液製剤の種類と用途 //p19~22
          • アクチット //p23~23
          • アミノレバン //p24~24
          • アミパレン //p25~25
          • アミュー //p26~26
          • EL-1号 //p27~27
          • EL-H //p28~28
          • 5%イスポール //p29~29
          • 12%イスポール //p29~29
          • イントラリピッド10% //p30~30
          • イントラリピッド20% //p30~30
          • ヴィーンD //p31~31
          • キンダリー液AF-2号 //p32~32
          • キンダリー液AF-2P号 //p32~32
          • キンダリー液AF-2S号 //p32~32
          • グリセオール //p33~33
          • クリニザルツB //p34~34
          • クリニット5% //p35~35
          • クリニット10% //p35~35
          • KN補液3B //p36~36
          • 生理食塩液 //p37~37
          • ソリタ //p38~38
          • ソリタ-T1号 //p39~39
          • ソリタ-T2号 //p40~40
          • ソリタ-T3号 //p41~41
          • ソリタ-T3号G //p42~42
          • ソリタ-T4号 //p43~43
          • HF―ソリタ //p44~44
          • ソルビットT //p45~45
          • 低分子デキストランL //p46~46
          • デノサリン3 //p47~47
          • テルモ果糖注 //p48~48
          • 5%大塚糖液 //p49~49
          • 10%大塚糖液 //p50~50
          • 50%大塚糖液 //p51~51
          • トリパレン1号 //p52~52
          • トリパレン2号 //p52~52
          • ハイカリック液―1号 //p53~53
          • ハイカリック液―2号 //p53~53
          • ハイカリック液―3号 //p53~53
          • ハルトマン液―ミドリ //p54~54
          • フィジオゾール・3号 //p55~55
          • プラスアミノ //p56~56
          • フルクトラクト //p57~57
          • プロテアミン12X注射液 //p58~58
          • ヘスパンダー //p59~59
          • ポタコールR //p60~60
          • マニトンS20% //p61~61
          • マルトス―10 //p62~62
          • ラクテック //p63~63
          • ラクテックD //p64~64
          • ラクテックG //p65~65
          • ラクトリンゲル液"フソー" //p66~66
          • ラクトリンゲル液S注「フソー」 //p66~66
          • ラクトリンゲル液M注「フソー」 //p66~66
          • 輸血 //p67~85
          • 輸血って何? //p68~68
          • 輸血はこんな時に必要 //p69~69
          • 輸血の方法 //p70~70
          • 輸血における看護上のチェックポイント //p71~72
          • 血液製剤の種類と目的 //p73~73
          • 保存血液CPD「日赤」 //p74~74
          • C・P・D加新鮮血液 //p75~75
          • ヘパリン加新鮮血液 //p76~76
          • 新鮮液状血漿「日赤」 //p77~77
          • 新鮮凍結血漿「日赤」 //p78~78
          • 赤血球濃厚液「日赤」 //p79~79
          • 洗滌赤血球「日赤」 //p80~80
          • 白血球除去赤血球「日赤」 //p81~81
          • 合成血「日赤」 //p82~82
          • 濃厚血小板「日赤」 //p83~83
          • 濃厚血小板HLA「日赤」 //p84~84
          • 赤十字アルブミン //p85~85
          • 救急薬 //p87~192
          • 救急薬剤を使うにあたって //p88~88
          • 症状別の救急薬剤の種類と用途 //p89~104
          • 心停止 //p89~89
          • 心原性ショック //p89~89
          • アナフィラキシーショック //p89~89
          • 循環血流量減少性ショック //p89~89
          • 感染性ショック //p89~90
          • 胸痛 //p90~90
          • 不整脈 //p90~90
          • 頭蓋内圧亢進 //p90~90
          • 肝性昏睡 //p90~90
          • 劇症肝炎 //p91~91
          • 低血糖性昏睡 //p91~91
          • 糖尿病性昏睡 //p91~91
          • 痙攣 //p91~91
          • 高血圧クリーゼ //p91~91
          • 呼吸困難 //p91~91
          • 吐・下血 //p91~92
          • 電解質異常 //p92~92
          • 代謝性アシドーシス //p92~92
          • 代謝性アルカローシス //p92~92
          • 広範囲熱傷 //p92~92
          • 破傷風 //p92~92
          • ガス壊疽 //p92~92
          • 乏尿および急性腎不全 //p92~93
          • 発熱 //p93~93
          • 悪性過高熱 //p93~93
          • めまい //p93~93
          • 嘔気・嘔吐 //p93~93
          • 腹痛 //p93~93
          • DIC //p93~93
          • 感染 //p93~93
          • アクチバシン //p121~121
          • アダラート //p105~105
          • アダラート5 //p105~105
          • アプレゾリン //p106~106
          • アポプロン //p122~122
          • アミサリン //p123~123
          • アルフォナード //p124~124
          • アルブミン-ミドリ //p125~125
          • アレビアチン注射液 //p126~126
          • アロテック注射液 //p127~127
          • イノバン //p128~128
          • インデラル //p107~107
          • ウインタミン //p129~129
          • ヴェノグロブリン-I //p130~130
          • ヴェノピリン //p131~131
          • ウロキナーゼ6万―ミドリ //p132~132
          • ウロキナーゼ12万―ミドリ //p133~133
          • エフェドリン //p134~134
          • エフオーワイ //p108~108
          • 塩カル注「オーツカ」 //p135~135
          • 塩酸モルヒネ //p136~136
          • カコージンD //p137~137
          • ガスター //p138~138
          • カタクロット //p109~109
          • カルニゲン注 //p139~139
          • キシロカイン //p140~140
          • グルカゴン・ノボ //p141~141
          • ケイキサレート //p110~110
          • コンクライト-A //p142~142
          • コンクライト-Ca //p143~143
          • コンクライト-K //p144~144
          • コンクライト-L //p145~145
          • コンクライト-Mg //p146~146
          • コンクライト-Na //p147~147
          • コンクライト-P //p148~148
          • サクシン //p149~149
          • サムセット //p150~150
          • ザンタック注射液 //p111~111
          • ジコシン注 //p151~151
          • セルシン //p152~152
          • ソル・コーテフ //p112~112
          • ソルダクトン //p153~153
          • ソル・メドロール //p113~113
          • ダイアモックス //p154~154
          • タガメット //p155~155
          • ダントリウム //p156~156
          • 沈降破傷風トキソイド //p157~157
          • テタガムP //p158~158
          • テタノブリン―I //p159~159
          • ドブトレックス //p160~160
          • ドプラム //p161~161
          • トロンビン―ミドリ //p162~162
          • ナウゼリン坐剤 //p163~163
          • ニトロペン錠 //p114~114
          • ネオフィリン注 //p164~164
          • ノイアート //p165~165
          • ノボ・ヘパリン //p166~166
          • ノルアドリナリン //p167~167
          • Hyperstat I.V. //p168~168
          • ハプトグロビン注―ミドリ //p169~169
          • パム注射液住友 //p170~170
          • バル注第一 //p171~171
          • ピトレシン //p172~172
          • ヒューマリンR //p173~173
          • フェノバール //p174~174
          • ブスコパン注射液 //p175~175
          • プラスマネート //p176~176
          • プロスタンディン500 //p115~115
          • プロタノール―L注 //p177~177
          • ペルジピン注射液 //p178~178
          • ヘルベッサー //p179~179
          • ペンタジン //p180~180
          • ボスミン注 //p181~181
          • マスキュラックス //p116~116
          • ミオブロック //p182~182
          • ミラクリッド //p183~183
          • ミリスロール注 //p117~117
          • メイロン //p184~184
          • メチロン坐薬 //p185~185
          • メチロン注 //p186~186
          • ラシックス注 //p118~118
          • リスモダンP注 //p187~187
          • 硫酸アトロピン //p188~188
          • リンデロン注 //p189~189
          • ルネトロン //p190~190
          • レギチーン //p119~119
          • レペタン //p120~120
          • ロルファン //p191~191
          • ワソラン注 //p192~192
          • 掲載メーカー一覧 //p193~194
        • 4(10)(28) [51]
        • 4(11)(29) [49]
        • 4(12)(30) [56]
      • 1992 (14)
      • 1993 (14)
      • 1994 (14)
      • 1995 (14)
      • 1996 (14)
      • 1997 (14)
      • 1998 (14)
      • 1999 (14)
    • 2000~2009 (14)

Emergency nursingの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3477319/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。