国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌. 11秋季増刊(143)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌
    • 1980~1989 (18)
    • 1990~1999 (140)
      • 1990 (14)
      • 1991 (14)
      • 1992 (14)
      • 1993 (14)
      • 1994 (14)
      • 1995 (14)
      • 1996 (14)
      • 1997 (14)
      • 1998 (14)
        • 11(1)(132) [63]
        • 11(2)(133) [64]
        • 11(3)(134) [60]
        • 11(4)(135) [58]
        • 11春季増刊(136) [109]
        • 11(5)(137) [59]
        • 11(6)(138) [62]
        • 11(7)(139) [65]
        • 11(8)(140) [66]
        • 11(9)(141) [64]
        • 11(10)(142) [64]
        • 11秋季増刊(143) [169]
          • 第1章 冠循環のしくみ //~52
          • 1 冠循環の基礎――冠血管径と血流の調節 / 金塚完/p15~22
          • 解剖学的特徴 / 金塚完/p15~16
          • 灌流圧・血流量・心筋酸素需要量の関係 / 金塚完/p16~18
          • 冠血管抵抗の調節機序 / 金塚完/p18~18
          • 心筋の収縮と血流の関係 / 金塚完/p18~20
          • 冠血管の調節に関与する諸因子 / 金塚完/p20~21
          • 2 冠側副血行路と微小循環 / 三国谷淳/p23~32
          • 冠側副血行路の機能 / 三国谷淳/p23~24
          • 各種動物における冠側副血行路の発達度 / 三国谷淳/p24~24
          • 冠側副血行路の促進因子 / 三国谷淳/p24~25
          • 冠側副血行循環の臨床的評価 / 三国谷淳/p25~26
          • 虚血性心疾患に対する血管新生療法 / 三国谷淳/p26~27
          • 狭心症と冠微小循環 / 三国谷淳/p27~28
          • 症例 / 三国谷淳/p28~28
          • 冠微小循環障害と血管内皮由来弛緩能 / 三国谷淳/p28~28
          • 血管内皮由来弛緩能と酸化LDL / 三国谷淳/p28~29
          • 冠微小循環障害と虚血発生機序 / 三国谷淳/p29~29
          • 3 冠循環と凝固線溶系 / 小川久雄/p33~42
          • 冠動脈血栓の発症機序 / 小川久雄/p34~36
          • 血液凝固系よりの検討 / 小川久雄/p36~37
          • 線溶系よりの検討 / 小川久雄/p37~39
          • 冠動脈血栓形成における炎症の関与 / 小川久雄/p39~40
          • 組織学的検討 / 小川久雄/p40~41
          • 4 虚血プレコンディショニング / 田中昌/p43~52
          • 虚血プレコンディショニングの発想 / 田中昌/p43~44
          • 虚血プレコンディショニングの生理学的特徴 / 田中昌/p44~45
          • 虚血プレコンディショニングによる心臓保護の効果の多様性 / 田中昌/p45~46
          • 虚血プレコンディショニングのメカニズム / 田中昌/p46~47
          • ヒトにおける虚血プレコンディショニング効果 / 田中昌/p47~50
          • 虚血プレコンディショニングの臨床応用 / 田中昌/p50~51
          • 第2章 冠動脈硬化 //~53,55~72
          • 1 冠動脈硬化のしくみと見方 / 石川雄一 ; 谷口隆弘/p55~65
          • 冠動脈硬化はどういう病気か / 石川雄一 ; 谷口隆弘/p55~61
          • どのように考えて診断をつけていくか / 石川雄一 ; 谷口隆弘/p61~65
          • おもな治療法と日常生活管理の実際 / 石川雄一 ; 谷口隆弘/p65~65
          • 2 冠動脈硬化の危険因子 / 藤田正俊/p66~72
          • 危険因子と急性心筋梗塞発症の関係 / 藤田正俊/p66~66
          • 危険因子とその対策 / 藤田正俊/p66~69
          • 負の冠危険因子 / 藤田正俊/p69~70
          • 危険因子のコントロールによる急性心筋梗塞の減少 / 藤田正俊/p70~71
          • 第3章 狭心症 //~73,75~145
          • 労作性狭心症 //p75~103
          • 1 病態生理・診断 / 岸田浩/p75~85
          • 労作性狭心症の概念 / 岸田浩/p75~76
          • 病態生理 / 岸田浩/p76~78
          • 診断・検査 / 岸田浩/p78~85
          • 2 内科的治療 / 北風政史 ; 坂田泰彦 ; 葛谷恒彦 ; 堀正二/p86~94
          • 労作性狭心症とは / 北風政史 ; 坂田泰彦 ; 葛谷恒彦 ; 堀正二/p86~87
          • 労作性狭心症の内科的治療 / 北風政史 ; 坂田泰彦 ; 葛谷恒彦 ; 堀正二/p88~93
          • 3 冠インターベンション治療 / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p95~103
          • 冠インターベンションの適応と禁忌 / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p95~96
          • 古典的バルーン形成術 / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p96~98
          • 冠動脈内ステント留置術 / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p98~101
          • 高速回転式粥腫切除術(ローターブレーター®) / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p101~102
          • その他のニューデバイス / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p102~102
          • 冠インターベンションが適切に施行されるために / 日浅芳一 ; 高橋健文 ; 木内和江/p103~103
          • 4 狭心症の外科的治療 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p104~113
          • 手術適応――冠動脈造影所見からみた手術適応 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p104~105
          • その他リスクファクター / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p105~105
          • 症状による適応と至適時期 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p105~105
          • 術前管理 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p105~106
          • 手術術式 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p106~107
          • その他の動脈グラフト / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p107~108
          • 術後合併症 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p108~109
          • 治療成績 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p109~110
          • 虚血性心疾患に対する新たな外科的療法 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p110~112
          • レーザー心筋内血管新生術 / 渡邊剛 ; 湖東慶樹 ; 三崎拓郎/p112~112
          • 冠攣縮性狭心症 //p114~130
          • 5 病態生理・診断 / 久木山清貴 ; 泰江弘文/p114~121
          • 冠攣縮が関与する虚血性心疾患 / 久木山清貴 ; 泰江弘文/p114~115
          • 冠攣縮の発生機序 / 久木山清貴 ; 泰江弘文/p115~117
          • 冠攣縮の診断 / 久木山清貴 ; 泰江弘文/p117~120
          • 6 内科的治療 / 三羽邦久 ; 山田多香子 ; 湯浅ゆき子/p122~130
          • 治療方針 / 三羽邦久 ; 山田多香子 ; 湯浅ゆき子/p122~123
          • 薬物療法 / 三羽邦久 ; 山田多香子 ; 湯浅ゆき子/p123~126
          • 一般的治療(生活習慣の改善) / 三羽邦久 ; 山田多香子 ; 湯浅ゆき子/p126~127
          • 看護のポイント / 三羽邦久 ; 山田多香子 ; 湯浅ゆき子/p127~129
          • 不安定狭心症 //p131~145
          • 7 病態生理・診断 / 伊藤智範 ; 深見健一/p131~137
          • 病態生理 / 伊藤智範 ; 深見健一/p131~134
          • 診断 / 伊藤智範 ; 深見健一/p134~137
          • 8 治療 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p138~145
          • 診断と病態 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p138~139
          • 治療の目標と基本指針 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p139~139
          • 薬物療法 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p139~143
          • 侵襲的治療法 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p143~143
          • カウンセリング / 高木修一 ; 宮崎俊一/p143~144
          • 退院後の処方 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p144~144
          • 今後期待される薬物,検査 / 高木修一 ; 宮崎俊一/p144~144
          • 第4章 急性心筋梗塞 //p147~147,149~203
          • 1 病態生理・診断 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p149~158
          • 急性心筋梗塞の病態生理 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p149~151
          • 急性心筋梗塞の空間的,時間的拡大 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p151~152
          • 急性心筋梗塞を修飾する種々の病態 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p152~154
          • 急性心筋梗塞の診断 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p154~154
          • 問診 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p154~155
          • 心電図 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p155~155
          • 心エコー図 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p155~156
          • 生化学的検査 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p156~157
          • 急性心筋梗塞の重症度診断 / 西垣和彦 ; 藤原久義/p157~157
          • 2 気絶心筋と冬眠心筋 / 楠岡英雄/p159~166
          • 気絶心筋の基礎 / 楠岡英雄/p159~161
          • 気絶心筋の臨床 / 楠岡英雄/p161~163
          • 気絶心筋の臨床像 / 楠岡英雄/p163~163
          • 冬眠心筋の基礎 / 楠岡英雄/p163~164
          • 冬眠心筋の診断 / 楠岡英雄/p164~165
          • 3 一般の治療(2次予防) / 石川欽司 ; 宮高昌/p167~175
          • 急性心筋梗塞の発症からの時期別にみた治療方針 / 石川欽司 ; 宮高昌/p167~169
          • 治療法各論 / 石川欽司 ; 宮高昌/p169~175
          • 再灌流療法 //p176~195
          • 4 血栓溶解療法 / 長尾建 ; 菊池学 ; 上松瀬勝男/p176~181
          • 血栓溶解薬 / 長尾建 ; 菊池学 ; 上松瀬勝男/p176~178
          • 欧米人と日本人の血栓溶解薬に対する効果と欠点 / 長尾建 ; 菊池学 ; 上松瀬勝男/p178~178
          • 血栓溶解療法の適応と禁忌 / 長尾建 ; 菊池学 ; 上松瀬勝男/p178~179
          • 血栓溶解療法の展望 / 長尾建 ; 菊池学 ; 上松瀬勝男/p179~181
          • 5 インターベンション治療 / 上田欽造 ; 玉井秀男/p182~189
          • 急性心筋梗塞に対する急性期治療の変遷 / 上田欽造 ; 玉井秀男/p182~183
          • 急性心筋梗塞に対するインターベンション治療 / 上田欽造 ; 玉井秀男/p183~189
          • 6 外科的治療 / 宮入剛 ; 高本真一/p190~195
          • 外科的再灌流療法(CABG) / 宮入剛 ; 高本真一/p190~192
          • 機械的合併症に対する手術 / 宮入剛 ; 高本真一/p192~195
          • 7 心臓リハビリテーション / 渡辺敏 ; 村山正博/p196~203
          • 心臓リハビリテーション開始にあたり / 渡辺敏 ; 村山正博/p196~198
          • 入院期のディコンディショニング予防 / 渡辺敏 ; 村山正博/p198~199
          • チーム医療による回復期運動療法への移行 / 渡辺敏 ; 村山正博/p199~200
          • 適切な強度設定による運動処方 / 渡辺敏 ; 村山正博/p200~201
          • 運動負荷試験による評価 / 渡辺敏 ; 村山正博/p201~203
          • 第5章 無症候性心筋虚血 //p205~205,207~214
          • 1 病態生理・治療・予後 / 甲谷哲郎/p207~214
          • 定義と分類 / 甲谷哲郎/p208~208
          • 頻度 / 甲谷哲郎/p208~209
          • 発生メカニズム――無症候性である機序 / 甲谷哲郎/p209~210
          • 診断 / 甲谷哲郎/p210~211
          • 予後 / 甲谷哲郎/p212~212
          • 治療 / 甲谷哲郎/p212~213
          • 第6章 虚血性心疾患――各症状への対応 //~215,217~241
          • 1 心不全への対応 / 後藤葉一/p217~228
          • 虚血性心疾患による心不全の疫学 / 後藤葉一/p217~217
          • 虚血性心疾患による心不全の原因 / 後藤葉一/p217~220
          • 虚血性心疾患による心不全の病態 / 後藤葉一/p220~220
          • 虚血性心疾患による心不全の症候学的特徴 / 後藤葉一/p220~221
          • 急性心不全への対応 / 後藤葉一/p221~223
          • 慢性心不全への対応 / 後藤葉一/p223~227
          • 虚血性心疾患による心不全の生活指導 / 後藤葉一/p227~228
          • 2 不整脈への対応 / 花田裕之 ; 奥村謙/p229~241
          • 心筋梗塞に伴う不整脈 / 花田裕之 ; 奥村謙/p229~237
          • 異型狭心症に伴う不整脈 / 花田裕之 ; 奥村謙/p237~239
          • 第7章 冠疾患の検査 //p243~243,245~290
          • 1 冠動脈造影・左室造影検査 / 平山篤志 ; 児玉和久/p245~254
          • 冠動脈造影検査 / 平山篤志 ; 児玉和久/p246~253
          • 2 心臓核医学検査 / 玉木長良/p255~262
          • 核医学検査とは / 玉木長良/p255~256
          • 心筋血流シンチグラフィ / 玉木長良/p256~259
          • 心RI血管造影法 / 玉木長良/p259~260
          • 急性心筋梗塞シンチグラフィ / 玉木長良/p260~261
          • 新しい生化学イメージング / 玉木長良/p261~262
          • 3 超音波検査――負荷心エコー法 / 鎌田智彦 ; 森内正人 ; 福井利章 ; 斉藤穎/p263~273
          • 心エコー法による心筋虚血の診断 / 鎌田智彦 ; 森内正人 ; 福井利章 ; 斉藤穎/p263~265
          • 冠動脈疾患(心筋梗塞,狭心症)の心エコー図所見 / 鎌田智彦 ; 森内正人 ; 福井利章 ; 斉藤穎/p265~268
          • 負荷心エコー法 / 鎌田智彦 ; 森内正人 ; 福井利章 ; 斉藤穎/p268~272
          • 4 心筋コントラストエコー法 / 伊藤浩/p274~283
          • 方法 / 伊藤浩/p274~275
          • 冠動脈支配領域の同定 / 伊藤浩/p275~276
          • 側副血行路の評価 / 伊藤浩/p276~278
          • 心筋虚血の評価 / 伊藤浩/p278~279
          • 陳旧性心筋梗塞と心筋viability / 伊藤浩/p279~280
          • 急性心筋梗塞と心筋灌流動態 / 伊藤浩/p280~282
          • 問題点と展望 / 伊藤浩/p282~283
          • 5 磁気共鳴画像検査(MRI) / 松田哲也/p284~290
          • 虚血性心疾患の診断におけるMRIの特徴 / 松田哲也/p284~285
          • 冠動脈MRアンジオグラフィー法 / 松田哲也/p285~286
          • 血流評価 / 松田哲也/p286~287
          • 壁運動の評価 / 松田哲也/p287~289
          • 第8章 ケーススタディ //~291,293~316
          • 1 陳旧性心筋梗塞――CAG・PTCAを再々受けた症例 / 大図孝子 ; 佐竹康子/p293~298
          • 2 狭心症――カテーテルの苦痛緩和 / 柏村隆子 ; 柴田麻理絵 ; 小澤弘美 ; 佐藤栄子/p299~304
          • 3 狭心症――生活指導 / 井上陽子 ; 石井綾子 ; 佐野さちよ/p305~309
          • 4 急性心筋梗塞――クリティカル・パスを用いた生活指導 / 秋元多美 ; 斉藤昭子/p310~316
          • 索引 //p317~323
          • 奥付 //p324~324
        • 11(11)(144) [62]
        • 11(12)(145) [74]
      • 1999 (14)
    • 2000~2009 (14)

Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3478178/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。