国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌. 12(7)(153)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌
    • 1980~1989 (18)
    • 1990~1999 (140)
      • 1990 (14)
      • 1991 (14)
      • 1992 (14)
      • 1993 (14)
      • 1994 (14)
      • 1995 (14)
      • 1996 (14)
      • 1997 (14)
      • 1998 (14)
      • 1999 (14)
        • 12(1)(146) [74]
        • 12(2)(147) [60]
        • 12(3)(148) [65]
        • 12(4)(149) [64]
        • 12春季増刊(150) [136]
        • 12(5)(151) [65]
        • 12(6)(152) [61]
        • 12(7)(153) [67]
          • Front Essay 心臓外科のインフォームド・コンセント / 川副浩平
          • シリーズ第2弾 21世紀に向けて 重症集中ケア認定看護師をめざす! 教育課程(1) / 平田明美/p9~14
          • Care&Education 私たちの取り組み 当院ICUにおける新人教育 / 渡辺淑子 ; 渡部ますい ; 関口妙子/p15~21
          • HEART Dictionary 「CADパラドックス」「フレンチパラドツクス」 / 林博史/p22~23
          • World Wide Nursing 世界の看護にふれてみたら 百聞は一見にしかず / 後藤麗子/p33~33
          • ハートでイングリッシュ 心臓疾患に対する運動療法(1) / 河村剛史/p34~35
          • HN・エッセイ ふたつの心臓(ハート) CDの売れゆきに思う / 武内敦郎/p38~39
          • モニタリングのここがわからない?! 肺動脈カテーテル(4) / 稲田英一/p40~43
          • 心臓病の食事療法 食物繊維 / 福冨幸子/p44~45
          • 心身医学で心臓をみる 心身医学から狭心症や心筋梗塞を考える / 福西勇夫/p46~48
          • 本誌掲載広告目次 照林社 //p14~14
          • 本誌掲載広告目次 日本ライフイン(株) //p64~64
          • 本誌掲載広告目次 スリーエムヘルスケア(株) //p76~76
          • 本誌掲載広告目次 トーアエイヨー(株) //表4
          • 綴り込みページ 榊原記念病院 /
          • 綴り込みページ 菊名記念病院 /
          • 綴り込みページ 聖路加国際病院 /
          • 綴り込みページ 湘南鎌倉総合病院 /
          • 特集:集中治療における薬物治療の基礎と臨床 / 稲田英一/p49~101
          • 薬が投与されてから治療効果を現すまで――ジギタリスを例として / 大須賀恵美子 ; 大橋和史/p50~56
          • 薬物治療モニタリング(TDM)と投与計画 / 阿曽亮子/p57~64
          • 鎮静薬の基礎と臨床 / 本田完 ; 平賀一陽/p65~69
          • 鎮痛治療の基礎と臨床 / 福家伸夫/p70~75
          • 抗生物質――ICUにおける抗生物質の使い方 / 中島義仁/p77~85
          • 気管支拡張薬と気管支喘息患者の治療 / 細原勝士 ; 上野直子 ; 丸川征四郎/p86~92
          • 集中治療域における薬物管理 / 坪井清美 ; 小楠香織 ; 三浦昌子/p93~101
          • Nursing Mate 科学的考察,理論的ケアを――埼玉医科大学附属病院CICU・循環器内科病棟・外科病棟 //p6~8
          • 第25回日本医学会総会 / 白澤淳子/p4~5
          • わたしのスクラップブック・本 //p24~24
          • Reader′s Square / N.K. ; A.O./p36~37
          • Information //p43~43,48~48,56~56,75~75,101~101
          • Meeting Calendar //p102~102
          • 次号予告 //p104~104
        • 12(8)(154) [61]
        • 12(9)(155) [61]
        • 12(10)(156) [60]
        • 12秋季増刊(157) [122]
        • 12(11)(158) [62]
        • 12(12)(159) [68]
    • 2000~2009 (14)

Heart nursing = ハートナーシング : 心臓疾患領域の専門看護誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3478188/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。