国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Medical Asahi = メディカル朝日. 27(3)(316)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Medical Asahi = メディカル朝日
    • 1990~1999 (76)
      • 1993 (4)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
        • 27(1)(314) [115]
        • 27(2)(315) [113]
        • 27(3)(316) [107]
          • 特集 子宮筋腫のいま //p8~21
          • 患者からみたインフォームド・コンセントとQOL / 橋本薫 ; 馬場磨貴/p8~11
          • 座談会 「子宮筋腫はどう変わったか」 / 田中忠夫 ; 定月みゆき ; 大村清 ; 田辺功/p12~17
          • 子宮筋腫の診断・治療 子宮を残す判断の分かれ目 / 西田正人/p18~21
          • 看護婦(士)問題を考える 対談看護の「現場」と「制度」を見直す視点 / 貴山じゅん ; 竹中文良/p24~29
          • 看護婦(士)問題を考える インタビュー看護制度はどう変わるべきか / 川島みどり/p30~32
          • ストレス病と薬物治療 PART II あなたの患者に潜むストレス / 中野弘一/p33~35
          • ストレス病と薬物治療 PART II 増えるストレス疾患 / 笹本進一/p36~37
          • チリダニ駆除で小児喘息を予防 / 佐々木聖/p43~45
          • アメリカで高まる鍼治療への期待と関心 / 後藤修司/p48~50
          • ドイツ便り 「クローン人間」情報に困惑と戸惑い / ヴァウアー葉子/p55~55
          • こうして防ぐ医事紛争―実例とともに考える 医療側からの訴訟提起 / 岡田清 ; 木下健治/p62~63
          • 本音に迫る医見・異見 西南戦争ならぬ"平成"の役を / 堂園晴彦/p64~65
          • 臨床と行政の双眼鏡(10) 第3次医療法改正と臨床医の責務 / 林𣳾史/p69~69
          • 西洋医が東洋医学と出合う時(10) 宮崎東洋さん / 林義人/p71~71
          • 地生医良(7) 21世紀のPC像を模索する / 田坂佳千/p72~73
          • アレルギーと柴朴湯(上)副作用少なく多彩な薬理作用 / 中島重徳/p40~41
          • これでいいのか?医薬分業(6) 私はこう考える / 大田典也/p58~60
          • 朝日医学医療セミナーin札幌 糖尿病と高血圧 上手な降圧薬の選択で合併症を予防 / 片山茂裕/p74~74
          • The Clinical Current リンパ節郭清の工夫と機能温存を中心とした卵巣癌の取り扱いについて / 佐藤和雄/p66~67
          • The Clinical Current 初期卵巣癌の機能温存 / 坂元秀樹 ; 正岡直樹 ; 大谷香/p66~67
          • 文献SUMMARY――JOURNAL WATCHから / 大川智彦 ; 兼安祐子 ; 亀山正邦 ; 河合忠 ; 神崎仁 ; 神原啓文 ; 澤田秀幸 ; 白水健士 ; 高橋滋 ; 竹尾健 ; 武田文和 ; 西岡清 ; 早瀬宣昭 ; 姫井健吾 ; 藤田公生 ; AS Brett ; TH Lee ; B Jarman ; DM Harper ; R Saitz ; AL Komaroff ; RA Dershewitz ; KI Marton/p79~79,81~81,83~83,85~85,87~87,89~89,91~91
          • ほん 「脳は絵をどのように理解するか」「ケアを問いなおす」「心なき医療…その後」「アルツハイマー病 遺伝子を追う」「考える血管」「まちがいやすい疾患の鑑別ノート―循環器科編」「臨床侵襲学」ほか Bookインタビュー清水哲郎さん「医療現場に臨む哲学」 / 野沢敬 ; 九鬼伸夫 ; 岡井清士 ; 田辺功 ; 野田久代 ; 佐々木/p92~95
          • 情報クリップ //p54~57
          • フォトリポート/ スマートに「解剖学」を学んでます / 編集部/p101~101
          • 編集部だより / 海 ; 笠 ; 橋 ; 木 ; 本 ; 実/p100~100
        • 27(4)(317) [113]
        • 27(5)(318) [115]
        • 27(6)(319) [105]
        • 27(7)(320) [107]
        • 27(8)(321) [105]
        • 27(9)(322) [115]
        • 27(10)(323) [105]
        • 27(11)(324) [105]
        • 27(12)(325) [105]
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (15)

Medical Asahi = メディカル朝日の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3478984/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。