国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Medical Asahi = メディカル朝日. 27(4)(317)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Medical Asahi = メディカル朝日
    • 1990~1999 (76)
      • 1993 (4)
      • 1994 (12)
      • 1995 (12)
      • 1996 (12)
      • 1997 (12)
      • 1998 (12)
        • 27(1)(314) [115]
        • 27(2)(315) [113]
        • 27(3)(316) [107]
        • 27(4)(317) [113]
          • 特集 高脂血症治療の進歩 //p8~26
          • 座談会 なぜ今,「220mg/dl」なのか / 板倉弘重 ; 江草玄士 ; 田中明 ; 秦葭哉/p8~14
          • 動脈硬化の惹起にレムナントが大きな役割 / 山田信博/p15~17
          • まず食事・運動療法 効果をみて薬物治療 / 田中明/p18~21
          • 家族性高コレステロール血症見逃さぬことが大切 / 小泉順二/p22~26
          • 電子カルテの本格化に向けて 診療録の電子化に向けて電子カルテの現状と将来像 / 開原成允/p28~31
          • 電子カルテの本格化に向けて 電子カルテで何が変わり、何を目指すのか金沢医大、亀田総合病院(鴨川市)+花の谷クリニック、藤森病院(姫路市)、将監耳鼻科(仙台市)の場合 / 本多昭彦/p32~43
          • 国際的評価に耐える新しい治験の試み / 水島裕/p51~53
          • 学会をのぞいてみた 実地医家のための会 新たな寄生虫病が人間生活を脅かす / 岡本顕實/p64~65
          • イギリスのスピリチュアル・ヒーリング / 帯津良一/p74~75
          • 新連載 検査結果を見る目 血液の形態 (1) 異型リンパ球は多くの情報を提供 / 上平憲 ; 鶴田一人 ; 只野壽太郎/p44~45
          • 新連載 検査結果を見る目 血液の形態 (2) 巨大血小板を見逃し特発性血小板減少性紫斑病と診断 / 佐野雅之 ; 只野壽太郎/p46~47
          • こうして防ぐ医事紛争―実例とともに考える 医療水準裁判のその後 / 岡井清士 ; 木下健治/p70~71
          • 本音に迫る医見・異見 トラブルが絶えない「再診料」 / 木幡魁士 ; 大山正夫/p72~73
          • EBM入門(9) 文献評価編 メタ分析の功罪 / 山本和利/p82~86
          • 新連載Dr.鈴木の辛口トーク(1) 援助交際と医療改革 / 鈴木厚/p77~77
          • 西洋医が東洋医学と出合う時(11) 岡村 興一さん / 林義人/p79~79
          • 地生医良(8) 本州最北端の救急医療 / 今明秀/p81~81
          • アレルギーと柴朴湯(中)気管支喘息の国内指針でも予防・治療薬として期待 / 牧野荘平/p48~49
          • これでいいのか?医薬分業(7) 分業絡みで表面化した医師・薬剤師間の不信感 / 神保聡/p66~69
          • The Clinical Current 癌に有効性の高い光線力学的治療法(1) 早期肺癌のファーストョイスに / 小中千守 ; 奥仲哲弥 ; 加藤治文/p62~63
          • 文献SUMMARY――JOURNAL WATCHから / 上西紀夫 ; 亀山正邦 ; 川合眞一 ; 河合忠 ; 神原啓文 ; 澤田秀幸 ; 高橋滋 ; 山崎一樹 ; 山科元章 ; AL Komaroff ; AS Brett ; B Jarman ; KI Marton ; TH Lee ; TL Schwenk ; RA Dershewitz/p89~89,91~91,93~93,95~95,97~97,99~99,101~101
          • ほん 『医者が末期がん患者になってわかったこと』『女医が乳がんになったとき』『インフルエンザとは何か』『医者修行』『肥満Q&A』『消化器外科周術期感染症』『循環器疾患の治療指針 第2版』ほか Bookインタビュー田中冨久子さん『女の脳・男の脳』 / 貴山じゅん ; 馬場紀行 ; 帆足養右 ; 箕輪良行 ; 佐々木/p102~105
          • 情報クリップ //p58~61
          • フォトリポート/ ベールを脱ぐ「国立がんセンター中央病院」新棟 / 編集部 ; 勝山泰佑/p109~109
          • 編集部だより / 海 ; 橋 ; 笠 ; 本 ; 木 ; 実/p108~108
        • 27(5)(318) [115]
        • 27(6)(319) [105]
        • 27(7)(320) [107]
        • 27(8)(321) [105]
        • 27(9)(322) [115]
        • 27(10)(323) [105]
        • 27(11)(324) [105]
        • 27(12)(325) [105]
      • 1999 (12)
    • 2000~2009 (15)

Medical Asahi = メディカル朝日の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3478985/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。