国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

セミナー医療と社会 = Journal of health care, medicine and community. (15)

情報
操作方法

目次・巻号

  • セミナー医療と社会 = Journal of health care, medicine and community
    • 1990~1999 (14)
      • 1993 (2)
      • 1994 (2)
      • 1995 (2)
      • 1996 (2)
      • 1997 (2)
      • 1998 (2)
      • 1999 (2)
        • (15) [56]
          • 巻頭言 第15号に寄せて / 品川信良/p1~4
          • 1.ピルは安全か 内分泌撹乱物質の視点から / 武田玲子/p5~11
          • 2.仕事・健康・環境と女性 / 丸本百合子/p12~17
          • 3.THE INPLEMETATION OF PALLIATIVE CARE――A CHALLENGE FOR EAST ASIAN SOCIETIES / イアン・マドックス ; 谷田憲俊/p18~24
          • 4.医療倫理補遺――アメリカにおけるある倫理マニュアルから / 品川信良 ; 石戸谷滋/p25~47
          • 5.家族が手術を拒否した動脈硬化性壊疸の軽度痴呆患者についての法学的検討 / 楠野泰之/p48~52
          • 6.新生児外科疾患の出生前診断の経験から / 棟方博文/p53~57
          • 7.看護教育と生命倫理学 胎児の生命と尊厳 / 津嶋恵輔 ; 山口佳子 ; 高田まり子 ; 石岡桂子 ; 内山恵吏子 ; 佐藤淳子 ; 看護学生(44回生) ; 渡辺節躬/p58~66
          • 8.看護教育と生命倫理学 (続報)インフォームド・コンセントにおける看護婦の役割 / 津嶋恵輔 ; 山口佳子 ; 高田まり子 ; 石岡桂子 ; 内山恵吏子 ; 佐藤淳子 ; 看護学生(44回生)/p67~70
          • 話題提供 第28回例会 (1998年12月5日) //p71~84
          • 基調講演「介護保険法の導入と問題点」 / 関谷耕一/p71~75
          • 講演1「介護保険制度について」 / 小田実/p75~76
          • 講演2「公的介護保険制度は何をもたらすか」 / 太田正仁/p77~78
          • 講演3「介護保険制度の意義と今後」 / 下田肇/p79~79
          • 講演4「どうなる日本の介護保険:危惧の念をこめながら」 / 品川信良/p80~82
          • 誌上参加「介護関連法案への疑念」 / M.I/p82~84
          • 話題提供 第29回例会関係記事 (1999年2月27日) //p85~91
          • 1.看護教育と生命倫理学 / 津嶋恵輔 ; 山口佳子 ; 高田まり子 ; 石岡桂子 ; 内山恵吏子 ; 看護学生(44回生) ; 渡辺節躬/p85~86
          • 2.看護学科学生に対する生命倫理医学の教育について / 鍵谷昭文/p86~87
          • 3.医学概論の平成11年度授業計画を通して弘前大学医学部教育を考える / 工藤一/p87~89
          • 4.医師養成における新しい医学教育技法の導入――OSCE、SPの紹介 / 森永伊昭/p89~90
          • 5.学生の立場から見た医学部教育 / 鈴木伸嘉/p90~90
          • 6.「外」から見た医療・看護教育雑感 / 品川信良/p90~91
          • 内外情報 TRT4 & IAB4 生命倫理週間1998 / 谷田憲俊/p92~94
          • 内外情報 第4回国際生命倫理学会世界会議(IAB4)の印象 / 品川信良/p95~97
          • 内外情報 現代医療を考える会、これまでのあゆみ //p98~99
          • 内外情報 「西日本生命倫理研究会」からの便り //p100~100
          • 内外情報 医学哲学医学倫理 第16号(1998年)の目次 //p101~101
          • 事務局便り //p102~106
        • (16) [71]
    • 2000~2009 (2)

セミナー医療と社会 = Journal of health care, medicine and communityの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3479033/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館にご来館いただくか、送信サービスをご利用ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

個人向けデジタル化資料送信サービス(個人送信)を利用するには、サービスにログインする必要があります。以下のページからログインしてください。
デジタル化資料送信サービス(ログイン画面)
個人向けデジタル化資料送信サービスについて

ログインしても個人向けデジタル化資料送信サービスを利用できない場合は、以下のページをご覧いただき、「11-5 困った時は」に記載の表の「確認する点」に該当するケースがないか、ご確認ください。
国立国会図書館オンライン(ヘルプ(11.デジタル化資料送信サービス))

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)を利用する場合は、来館予定の図書館送信参加館へ利用方法の確認をお願いします。
図書館向けデジタル化資料送信サービス
図書館送信参加館一覧

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。
遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。