国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

看護教育研究集録. (19)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 看護教育研究集録
    • 1990~1999 (6)
      • 1994 (1)
        • (19) [187]
          • 看護教育に関すること //p1~70
          • I 看護学生に関すること //p1~55
          • 1. 看護学生の「死の不安」と死生観 / 加藤裕紀子/p1~5
          • 2. 看護学生の自尊感情と看護教育者(教員・臨床指導者)の態度との関係 / 酒井裕子/p6~10
          • 3. 臨床実習における看護学生の行動計画発表時の過度の緊張を緩和させるための効果的働きかけについて / 鈴木啓子/p11~15
          • 4. 看護教育における情意領域の文献研究――1983年~1992年10年間の動向 / 手島美子/p16~20
          • 5. 母性看護学実習の対象の把握に関する現状と課題――実習記録の分析から / 寺尾しのぶ/p21~30
          • 6. 入院患者に関する看護学生のプライバシーセンス――患者である場合と看護者である場合の両側面の調査より / 米田かおり/p26~30
          • 7. 望ましい臨床実習指導像を描くことの利点――臨床実習指導者の態度について / 宇野登美子/p31~35
          • 8. 実習で何を“教える”かについての再考――“自己”の指導場面の再構成を通して / 大久保文子/p36~40
          • 9. “回復室”における実習指導についての再検討――手術後24時間の“付添いケア”の体験を通して / 廣瀬あや子/p41~45
          • 10. 臨床実習指導における教授=学習過程の評価――看護教育実習での事例の分析より / 細川弥生/p46~50
          • 11. 助産過程展開における臨床実習指導の在り方を考える――助産婦学生が指導者に求める指導と臨床指導者の指導内容の比較より / 味呑久枝/p51~55
          • II 看護教員に関すること //p56~65
          • 12. 学生の看護判断能力を評価する教員の意思決定過程の分析 / 服部紀子/p56~60
          • 13. 基礎看護技術における教授方法の検討――体験学習に焦点を当てて / 森晶子/p61~65
          • III その他 //p66~350
          • 14. 自己の指導態度をふりかえる / 鹿嶋真由美/p66~70
          • 臨床看護に関すること //p71~300
          • I 環境に関するもの //p71~80
          • 15. 小児の安全な療養環境に対する看護者の認識 / 尾花由美子/p71~75
          • 16. 患者の排泄のニードと転倒事故の関連――HCUにおける事故報告書の分析 / 星野知津子/p76~80
          • II 専門性に関するもの //p81~155
          • 17. リハビリテーション医療における看護婦の役割を考える / 乾成美/p81~85
          • 18. 人口肛門造設患者の自立への看護婦の関わり / 岩木和子/p86~90
          • 19. 壮年期男性の急性心筋梗塞入院時における心理状態の変化――Finkの危機モデルを用いて / 岩城恵子/p91~95
          • 20. 胃切除術後患者の口腔ケアを考える――口腔ケアに対する患者の意識と行動から / 岡田統代/p96~100
          • 21. 虚血性心疾患患者の退院指導の効果 / 木下満美/p101~105
          • 22. 動機づけによる質の向上を試みて――清拭場面より考える / 大橋恵子/p106~110
          • 23. 脳卒中高齢患者の誤嚥性肺炎予防――口腔ケアの検討 / 奥村麻由美/p111~115
          • 24. 特別養護老人ホームにおける看護の専門性――求められる役割・機能とその実際 / 酒井真由美/p116~120
          • 25. がん末期患者の退院時アセスメント――退院後の家庭訪問による再評価 / 清水奈緒美/p121~125
          • 26. 他職種との関連から看護の役割を考える――重症心身障害児のかかわりを通じて / 下山るり子/p126~130
          • 27. 虚血性心疾患患者の服薬に対する意識調査――服薬に対する価値観に影響を与える因子の分析 / 高木寿子/p131~135
          • 28. 緊急入院患者の看護介入を考える――緊急と予約入院間のアンケートによる危機看護の比較を試みて / 高野裕美子/p136~140
          • 29. NICUで子どもを亡くした母親(父親)の悲嘆からの回復過程――死別後の面接調査から / 中山美保子/p141~145
          • 30. 虚血性心疾患患者の退院後の食事のセルフケア行動――疾患の受け止め方に焦点をあてて / 堀口恵美子/p146~150
          • 31. 外来における保健指導の実態――内科外来再来での看護場面を通して / 八ツ橋のぞみ/p151~155
          • III 患者―看護婦関係 //p156~195
          • 32. 看護婦の患者受容が患者一看護婦関係に及ぼす影響――患者受容、ストレス認知、コーピング行動を通して / 荒井千鶴/p156~160
          • 33. 終末期患者の面接の視点を考える――ある卵巣癌患者との面接から / 江崎千里/p161~165
          • 34. 臨床看護婦の患者のとらえ方と実践パターンの検討 / 遠藤利美/p166~170
          • 35. ためらいの場面から意思決定を通して自己の看護行動を振り返る / 風間礼/p171~175
          • 36. 患者・看護婦関係のあり方について考える――痛みを訴え続けた患者との関わりを通して / 唐津小百合/p176~180
          • 37. 自己の傾向を知り、真の援助的かかわりを考える――看護面接を通して / 川上陽子/p181~185
          • 38. 手の関係論的考察――看護婦に経験された手をめぐって / 佐藤ゆみ/p186~190
          • 39. 家族、看護婦の言動が小児のがまんに及ぼす影響――注射、採血場面において人格の形成を支えるという視点から / 松森直美/p191~195
          • IV 家族に関すること //p196~215
          • 40. がんのターミナルケアにおける家族看護の現状――病棟看護婦のアンケート調査から / 阿部明美/p196~200
          • 41. 継続的な関わりを通してみた患児とその母親 / 上田芳美/p201~205
          • 42. 母親の母子分離入院に対する意識 / 中山友見子/p206~210
          • 43. 臨床における看護者の家族看護に対する意識――成人混合個室病棟の看護者への面接より / 橋本直美/p211~215
          • V 高齢者・QOLに関すること //p216~225
          • 44. 痴呆患者への心理的安楽の援助――タッチング・自己決定を尊重したケアを試みて / 植村孝子/p216~220
          • 45. 血液・造血器疾患患者の病名告知後のQOL――心理的側面に焦点をあてて / 枡田三枝子/p221~225
          • VI 院内教育に関すること //p226~245
          • 46. 教育課程の違いが及ぼす看護婦の意識の違いについて――卒後の学習意欲や意識の違いに関する一考察 / 伊藤和恵/p226~230
          • 47. 新人看護婦の臨床看護への動機づけ要因――看護チーム内における新人看護婦指導の検討 / 小笠原由美/p231~235
          • 48. 看護者のエイズに関する意識調査 / 鈴木まゆみ/p236~240
          • 49. 新人指導看護婦の役割学習に必要な教育とサポート――新人のマンツーマン指導者の葛藤と、周囲の支援状況から / 田原文代/p241~245
          • VII 在宅ケアに関すること //p246~255
          • 50. 継続看護の重要性――効果的な退院指導を考える / 安部千夏/p246~250
          • 51. 在宅酸素療法を受ける患者の把握のための枠組みの検討 / 堀口ゆかり/p251~255
          • VIII 看護管理に関するもの //p256~300
          • 52. 卒後3年目看護婦のやる気の要因と影響因子について考える / 内田晴江/p256~260
          • 53. 看護婦の仕事に対するやる気の検討 / 長田末智子/p261~265
          • 54. 新人看護婦に関する実態調査――指導の方向性を探る / 小石川智恵/p266~270
          • 55. プライマリー・ナーシングにおける看護の質と集団機能との関係――チーム・ナーシングとの比較 / 鈴木智津子/p271~275
          • 56. 継続受け持ち方式における看護婦の意識と看護の質に影響を与える要因 / 田中敏江/p276~280
          • 57. Burnout看護者と職場の対看護者関係について――病棟内ソーシャルサポートに基づく人間関係に焦点をあてて / 坂野あかね/p281~285
          • 58. 看護婦の職務満足の研究――外来看護婦と病棟看護婦の比較 / 森内みね子/p286~295
          • 59. 新人看護婦指導における到達目標及び評価基準の設定 / 安田理子/p291~295
          • 60. 看護者の職務満足に影響を及ぼす要因 / 山崎陽子/p296~300
          • その他 //p301~350
          • 61. 子供観・職業観の視点から学生の出産観を探る / 飯田絹子/p301~305
          • 62. 褥創に関する看護研究の文献的考察 / 岡美樹/p306~310
          • 63. 看護婦が看護衣を身につけることによって起こる心理変化から、看護衣着用の意味を考える / 小川美加子/p311~315
          • 64. 看護婦と医師の関係を考える / 清水暁美/p316~320
          • 65. 母性・父性における性役割意識に関する研究の動向 / 田中美紀子/p321~325
          • 66. 神経内科に入院する患者の看護ケアに生かされる入院時看護情報用紙について、セルフケアの視点から自己の看護を振り返り考える / 田上真弓/p326~330
          • 67. 卒後教育を受けた看護者の自己教育力と燃えつき症候群との関係 / 永瀬範子/p331~335
          • 68. 明治時代の看護婦像――初期の看護教育が人々に与えた影響 / 西嶌宣雄/p336~340
          • 69. 脳血管障害患者の自己概念を探る / 横山真由美/p341~345
          • 70. 幼児の自己形成に対する紙芝居の効果――ビデオメディアとの比較 / 渡部綾子/p346~350
      • 1995 (1)
      • 1996 (1)
      • 1997 (1)
      • 1998 (1)
      • 1999 (1)
    • 2000~2009 (2)

看護教育研究集録の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3479254/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。