国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

がん看護 = Japanese journal of cancer care. 4(3)(16)

情報
操作方法

目次・巻号

  • がん看護 = Japanese journal of cancer care
    • 1990~1999 (9)
      • 1996 (3)
      • 1999 (6)
        • 4(1)(14) [89]
        • 4(2)(15) [92]
        • 4(3)(16) [105]
          • 特集 ここまで進んでいる症状緩和の技術(3) 中枢および末梢神経の障害と緩和ケア //p165~211
          • 特集にあたって / 渡辺孝子/p165~165
          • がん患者に発生する神経障害とQOL / 武田文和/p166~169
          • がん患者の中枢神経障害 //p170~191
          • A.転移性脊椎腫瘍による神経症状をコントロールする //p170~179
          • 転移性脊椎腫瘍の病態と診断法の最新情報 / 卯木次郎/p170~172
          • 症状コントロールとしての転移性脊椎腫瘍の治療 / 卯木次郎/p173~176
          • 終末期患者の下半身麻痺に対する症状コントロールと看護ケア / 小礒玲子/p177~179
          • B.転移性脳腫瘍による症状をコントロールする //p180~191
          • 転移性脳腫瘍の病態と診断法の最新情報 / 野村和弘/p180~183
          • 脳転移とその治療 / 野村和弘/p184~187
          • 脳腫瘍における症状コントロールと看護ケア / 手塚須美子 ; 藤江真弓 ; 町屋晴美/p188~191
          • がん患者の末梢神経障害 //p192~207
          • A.パンコースト症候群における症状をコントロールする //p192~197
          • パンコースト症候群の病態,診断,治療 / 土屋了介/p192~194
          • パンコースト型肺がんにおける症状コントロールと看護ケア / 今井一栄 ; 佐藤いずみ/p195~197
          • B.骨盤内がん浸潤による末梢神経障害の症状をコントロールする //p198~207
          • 直腸がん,子宮がんによる骨盤内神経叢への浸潤の病態,診断,治療 / 池永昌之 ; 恒藤暁/p198~202
          • 骨盤内神経叢へのがん浸潤による症状のコントロールと看護ケア / 工藤晶子 ; 田村恵子/p203~207
          • がん治療に起因した神経障害の病態,診断,症状のコントロール / 大澤仲昭/p208~211
          • Report 第13回日本がん看護学会学術集会報告――時代の変化に対して何をなすべきか / 渡辺美貴/p220~221
          • Report 第5回全米がん看護研究学会――がん看護研究の将来への示唆と挑戦 / 神里みどり/p222~223
          • Report 在宅がん治療を考える県民のつどい――在宅がん治療の明日:21世紀に向けて / 編集部/p241~241
          • 抗がん薬の臨床試験と看護のかかわり――新GCPをふまえて(2)治験コーディネーターのかかわりの実際 / 中川洋子/p212~219
          • 事例検討 CLINICAL DOCUMENT(3)退院を果たせなかった患者のケアを振り返って //p234~240
          • 連載講座 JJCCレクチャー 投稿論文の書き方(最終回)原著論文の書き方(2) 修正稿を受けて / 久米弥寿子 ; 小笠原知枝/p242~252
          • CARE NOW――がん看護のいま 大阪府立成人病センター発生教室成喉会――「第二の声」を獲得し「心」を癒す 同病者ボランティアの会 / 本誌/p226~229
          • 海外がん看護事情 イギリス篇(3)ホスピスにおける緩和ケア―聖クリストファーホスピスの活動 / 阿部まゆみ/p230~231
          • 職場だより 患者さんから学ぶ「生きる」ということ / 伊奈侊子/p233~233
          • 今月のことば 電子カルテ / 竹股喜代子/p224~224
          • エッセー //p161~232
          • ひと インフォームド・コンセント――その理想と現実 / 江川晴/p161~161
          • 思い出の症例 H君の話 / 正岡徹/p232~232
          • 書評 BOOK『フローチャートで学ぶ緩和ケアの実際』 / 垣添忠生/p225~225
          • 書評 BOOK『がん看護学』 / 吉田智美/p225~225
          • INFORMATION //p176~176,194~194,202~202,219~219,240~240
          • 投稿規定/次号予告/バックナンバーのご案内 //p254~255
        • 4(4)(17) [107]
        • 4(5)(18) [91]
        • 4(6)(19) [115]
    • 2000~2009 (6)

がん看護 = Japanese journal of cancer careの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3479730/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。