国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology. 7(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology
    • 1990~1999 (25)
      • 1991 (1)
      • 1992 (1)
      • 1993 (1)
      • 1994 (1)
      • 1995 (4)
      • 1996 (4)
      • 1997 (5)
        • 7(1) [63]
        • 7(2) [48]
        • 7(3) [50]
          • 発色(光)酵素基質の臨床微生物学への応用 / 坂崎//利一/167~177
          • 血液培養由来口腔レンサ球菌のペニシリン結合蛋白と蛍光基質による菌種同定 / 五十嵐//厚美/178~184
          • 莢膜保有Staphylococcus epidermidis分離のための生物学的・免疫学的共通性状 / 一幡//良利/185~189
          • 全自動血液培養装置BacT/Alert専用ボトルの発育支持能の評価 / 佐藤//かおり/190~199
          • Mycoplasma pneumoniae感染症診断のための直接蛍光抗体法の評価--培養法とPCR法との比較 / 中島//博子/200~204
          • 1989年から1996年にかけて分離された百日咳菌の血清型と薬剤感受性 / 白土//佳子/205~209
          • 症例 Actinomyces israeliiによる頰部皮下膿瘍の1例 / 大楠清文 他/p44~48
          • 症例 早期に起炎菌を検出した南アメリカ分芽菌症の1症例 / 堀雅子 他/p49~52
          • ウレア-ゼ産生性およびゲンタマイシン感受性を示標としたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の疫学調査 / 鈴木//恭子/219~222
          • 第8回日本臨床微生物学会学術集会--Clinical Pathological Conference-A--化膿性髄膜炎例にみる細菌検査 / 砂川//慶介/223~235
          • 第9回日本臨床微生物学会学術集会のお知らせと宿泊申し込み用紙 /  
        • 7(4) [67]
        • 7Supplement1 [67]
          • 微生物検査マニュアル--臨床嫌気性菌検査法′97/p1~115
          • 第I章 はじめに /  /p1~1
          • 第II章 細菌の分類と偏性嫌気性菌の定義 /  /p2~3
          • 1. 偏性嫌気性菌 Obligate anaerobes //p2~2
          • 1) 厳密な意味での偏性嫌気性菌Obligate anaerobes /  /p2~2
          • 2) 比較的酸素に耐性の偏性嫌気性菌Aerotolerant anaerobes /  /p2~2
          • 2. 通性嫌気性菌 Facultative anaerobes //p2~3
          • 3. 微好気性菌 Microaerophilic aerobes //p3~3
          • 4. 偏性好気性菌 Obligate aerobes //p3~3
          • 第III章 偏性嫌気性菌の分類 /  /p4~5
          • 第IV章 偏性嫌気性菌の病原的意義 /  /p6~14
          • 1. 常在菌叢 /  /p6~10
          • 1) 皮膚 /  /p6~6
          • 2) 鼻咽頭 /  /p6~6
          • 3) 口腔 /  /p6~6,9~9
          • 4) 消化管 /  /p9~10
          • 5) 下部尿道 /  /p10~10
          • 6) 腟 /  /p10~10
          • 2. 病的細菌叢 /  /p10~14
          • 1) 偏性嫌気性菌が関与する感染症 /  /p10~10
          • 2) 臨床的に重要な偏性嫌気性菌 /  /p13~13
          • 3) 偏性嫌気性菌が関与する感染症を暗示する臨床所見 /  /p13~13
          • 4) 偏性嫌気性菌の存在を暗示する細菌学的所見 /  /p14~14
          • 第V章 検体の選択と採取・輸送・保存法 /  /p15~20
          • 1. 検体 /  /p15~18
          • 1) カテゴリーA /  /p15~16
          • (1) カテゴリーA-1 /  /p15~15
          • (2) カテゴリーA-2 /  /p16~16
          • (3) カテゴリーA-3 /  /p16~16
          • 2) カテゴリーB /  /p16~16,18~18
          • 2. 採取法 /  /p18~19
          • 1) 検体採取の基本 /  /p18~18
          • 2) 検体別採取法 /  /p19~19
          • 3. 輸送法 /  /p19~20
          • 4. 保存法 /  /p20~20
          • 5. ベッドサイドにおける検体接種 /  /p20~20
          • 第VI章 嫌気性菌検査に必要な患者情報 /  /p21~21
          • 第VII章 検体の肉眼的観察と塗抹標本の作成 /  /p22~27
          • 1. 検体の肉眼による観察 /  /p22~22
          • 2. 検体のグラム染色標本の作製と観察 /  /p22~27
          • 1) グラム染色標本の意義 /  /p22~22,24~24
          • 2) グラム染色の要点 /  /p24~24
          • 3) グラム染色標本の観察の際の注意点 /  /p24~24
          • 第VIII章 分離・増菌培養および分離培地の観察・同定方針の決定 /  /p28~40
          • 1. 前処理の必要な検体とその方法 /  /p28~28
          • 1) 吸引物 /  /p28~28
          • 2) 組織および骨の断片 /  /p28~28
          • 3) スワブ (綿棒) /  /p28~28
          • 2. 培地の選択 /  /p28~32
          • 1) 初代分離培地・増菌培地の選択 /  /p28~30
          • (1) カテゴリーA-1 /  /p30~30
          • (2) カテゴリーA-2 /  /p30~30
          • (3) カテゴリーA-3 /  /p30~30
          • (4) カテゴリーB /  /p30~30
          • 2) 初代分離培地の種類と特徴 /  /p30~31
          • 3) 初代分離培地の質 /  /p31~32
          • 3. 培養時間 /  /p32~32
          • 4. 初代分離培地の観察 /  /p32~34
          • 5. 偏性嫌気性菌の同定方針 /  /p34~39
          • 1) 検体カテゴリー別の同定 /  /p34~37
          • 2) 検体カテゴリー別の同定の実際 /  /p37~39
          • (1) カテゴリーA-1 /  /p37~38
          • (2) カテゴリーA-2 /  /p38~38
          • (3) カテゴリーA-3 /  /p38~39
          • (4) カテゴリーB /  /p39~39
          • 6. 血液培養 /  /p39~40
          • 1) カルチャーボトル /  /p39~39
          • 2) 血液の採取法 /  /p40~40
          • 3) 培養 /  /p40~40
          • 4) 増殖の有無の決定 /  /p40~40
          • 5) カルチャーボトルからの嫌気性菌の回収法 /  /p40~40
          • 第IX章 偏性嫌気性菌の同定 /  /p41~76
          • 1. 偏性嫌気性菌の同定レベル /  /p41~42
          • 2. 同定レベル別の同定の実際 /  /p43~76
          • 1) レベル1aの同定 /  /p43~57
          • (1) 概略 /  /p43~43
          • (2) 培地試薬または試験法 /  /p43~43
          • (3) 手順 /  /p43~57
          • a. 偏性嫌気性有芽胞桿菌 /  /p43~44
          • b. 偏性嫌気性無芽胞グラム陽性桿菌 /  /p44~45
          • c. 偏性嫌気性グラム陽性球菌 /  /p45~46
          • d. 偏性嫌気性グラム陰性桿菌 /  /p46~48
          • e. 偏性嫌気性グラム陰性球菌 /  /p48~57
          • (4) レベル1aの同定で報告の際に使用する細菌名 /  /p57~57
          • 2) レベル1bの同定 /  /p57~67
          • (1) 概略 /  /p57~57
          • (2) 培地試薬または試験法 /  /p57~58
          • (3) 手順 /  /p58~67
          • a. 偏性嫌気性グラム陽性球菌 /  /p58~58
          • b. 偏性嫌気性有芽胞・無芽胞グラム陽性桿菌 /  /p58~60
          • c. 偏性嫌気性グラム陰性球菌 /  /p60~60
          • d. 偏性嫌気性グラム陰性桿菌 /  /p60~67
          • (4) レベル1bの同定で報告の際に使用する細菌名 /  /p67~67
          • 3) レベル2aの同定 /  /p67~70
          • (1) 概略 /  /p67~68
          • (2) 手順 /  /p68~69
          • a. 傭性嫌気性グラム陽性球菌 /  /p68~68
          • b. 偏性嫌気性グラム陰性桿菌 /  /p68~68
          • c. 偏性嫌気性グラム陽性桿菌 /  /p68~69
          • d. 偏性嫌気性グラム陰性球菌 /  /p69~69
          • (3) レベル2aの同定で報告の際に使用する細菌名 /  /p69~70
          • 4) レベル2bの同定 /  /p70~76
          • (1) 概略 /  /p70~70
          • (2) 手順 /  /p70~74
          • a. 偏性嫌気性有芽胞菌 /  /p70~70
          • b. 偏性嫌気性グラム陽性桿菌 /  /p70~71
          • c. 偏性嫌気性球菌 /  /p73~73
          • d. 偏性嫌気性グラム陰性桿菌 /  /p73~74
          • (3) レベル2bの同定で報告の際に使用する細菌名 /  /p74~76
          • 5) レベル3の同定 /  /p76~76
          • 第X章 特殊検査 /  /p77~81
          • 1. Clostridiumによる疾患の検査 /  /p77~80
          • 1) ボツリヌス症 /  /p77~78
          • (1) ボツリヌス食中毒 /  /p77~77
          • (2) 創傷ボツリヌス症 /  /p77~77
          • (3) 乳児ボツリヌス症 /  /p78~78
          • (4) ボツリヌス毒素の同定と血清型の同定 /  /p78~78
          • 2) 破傷風 /  /p78~78
          • (1) 破傷風の診断 /  /p78~78
          • (2) 破傷風菌の分離 /  /p78~78
          • (3) 毒素の証明 /  /p78~78
          • 3) Clostridium perfringens食中毒 /  /p78~79
          • (1) 診断基準 /  /p78~78
          • (2) 検査材料の確保 /  /p79~79
          • (3) 分離培養 /  /p79~79
          • (4) エンテロトキシンの検出法 /  /p79~79
          • 4) Clostridium difficileによる疾患 /  /p79~80
          • (1) C.difficile の分離 /  /p79~80
          • (2) C.difficileのトキシンA.B、および関連抗原の検出 /  /p80~80
          • (3) C.difficileの毒素遺伝子の増幅 /  /p80~80
          • 2. 細菌性腟症の検査 /  /p80~81
          • 1) 細菌性腟症(BV)の概念 /  /p80~80
          • 2) 検査室での細菌性腟症の推定基準 /  /p81~81
          • (1) 3つの細菌型 /  /p81~81
          • (2) 半定量の基準 /  /p81~81
          • (3) スコアー付与の基準 /  /p81~81
          • (4) 判定表 /  /p81~81
          • 第XI章 中間報告と最終報告 /  /p82~84
          • 1. 中間報告 /  /p82~83
          • 1) 中間報告の重要性 /  /p82~82
          • 2) 中間報告の内容 /  /p82~83
          • (1) グラム染色性、球・桿菌の別、芽胞の有無 /  /p82~82
          • (2) 菌量 /  /p82~82
          • (3) β-lactamase産生能 /  /p82~82
          • (4) 抗菌薬感受性 /  /p82~82
          • (5) C.difficile関連抗原または毒素 /  /p82~83
          • (6) 報告年月日と報告者名 /  /p83~83
          • 3) 中間報告の時期 /  /p83~83
          • 4) 中間報告の解釈 /  /p83~83
          • 2. 最終報告 /  /p83~84
          • 1) 最終報告の意義 /  /p83~84
          • 2) 最終報告の内容 /  /p83~84
          • (1) 同定菌名 /  /p83~83
          • (2) 菌量 /  /p84~84
          • (3) 抗菌薬感受性 /  /p84~84
          • (4) C.difficileの毒素 (毒素遺伝子) /  /p84~84
          • (5) 報告年月日と報告者名 /  /p84~84
          • 第XII章 薬剤(抗菌薬)感受性試験 /  /p85~90
          • 1. 偏性嫌気性菌の感受性試験を行う必要があると考えられる場合 /  /p85~85
          • 2. 通性嫌気性菌群と偏性嫌気性菌群の混合感染と治療方針 /  /p85~85
          • 3. 複数分離された偏性嫌気性菌のどの菌種を感受性試験の対象とすべきか? /  /p85~86
          • 4. 試験する抗菌薬の選択 /  /p86~87
          • 1) 偏性嫌気性グラム陰性桿菌 /  /p86~87
          • (1) β-lactamaseを産生する菌株 /  /p86~87
          • (2) β-lactamaseを産生しない菌株 /  /p87~87
          • 2) 偏性嫌気性無芽胞グラム陽性桿菌、偏性嫌気性グラム陽性球菌、C.perfringens /  /p87~87
          • 3) その他のClostridium spp. /  /p87~87
          • 5. 偏性嫌気性菌の抗菌薬感受性試験法の種類 /  /p87~88
          • 1) 寒天平板希釈法 /  /p87~87
          • 2) 寒天デイスク拡散法 /  /p87~88
          • a. 1濃度デイスク法 /  /p87~88
          • b. Eテスト /  /p88~88
          • 3) 微量液体希釈法 /  /p88~88
          • 6. 嫌気性菌の抗菌薬感受性試験法としての微量液体希釈法(標準法)の概要 /  /p88~90
          • 1) 抗菌薬の保存法 /  /p88~88
          • 2) 抗菌薬感受性測定用の基礎培地 /  /p88~88
          • 3) 抗菌薬感受性測定用プレート作製法 /  /p89~89
          • 4) 抗菌薬感受性測定プレートの使用前の還元 /  /p89~89
          • 5) 抗菌薬の溶解および希釈法 /  /p89~89
          • 6) 接種用菌液の調整および菌の接種 /  /p89~90
          • 7) 培養条件 /  /p90~90
          • 8) 判定 /  /p90~90
          • 9) 精度管理 /  /p90~90
          • 10) MICの報告 /  /p90~90
          • 第XIII章 同定検査法 /  /p91~106
          • 1. 集落の観察と発育の程度 /  /p91~91
          • 2. 蛍光 /  /p91~91
          • 3. グラム染色法 /  /p91~93
          • 4. グラム染色の観察 /  /p93~93
          • 5. Ryuの試験 /  /p93~94
          • 6. 偏性嫌気性の確認 (耐気性試験) /  /p94~94
          • 7. メトロニダゾールデイスク /  /p94~94
          • 8. 化学療法剤含有デイスク /  /p94~94
          • 9. バクテロイデス培地と変法FM培地での発育 /  /p94~95
          • 10. 胆汁デイスク /  /p95~95
          • 11. カタラーゼ試験 /  /p96~96
          • 12. オキシダーゼ試験 /  /p96~96
          • 13. 硝酸塩デイスク /  /p96~96
          • 14. SPSデイスク /  /p97~97
          • 15. スポットインドールおよびインドール誘導体試験 /  /p97~97
          • 16. ウレアーゼ試験 /  /p97~97
          • 17. レシチナーゼおよびリパーゼ試験 /  /p98~98
          • 18. ナグラー試験 /  /p98~98
          • 19. 逆CAMP試験 /  /p98~99
          • 20. 運動性試験 /  /p99~99
          • 21. 芽胞形成の確認 /  /p99~100
          • 22. 鞭毛染色 (変法Ryuの方法) /  /p100~100
          • 23. 菌株の保存 /  /p100~100
          • 24. PRAS培地を用いた性状検査 /  /p100~101
          • 25. 酸素と炭酸ガス濃度と菌の発育状態の関係 (CDC法) /  /p101~101
          • 26. 嫌気性菌の簡易同定と簡易迅速同定 /  /p101~104
          • 1) 簡易同定 /  /p101~101
          • 2) 簡易迅速同定 /  /p102~104
          • 27. ガスクロマトグラフィー (GLC) /  /p104~106
          • 第XIV章 嫌気性菌検査の注意点 /  /p107~111
          • 1. 検査材料の採取・輸送に携わる医療従事者の注意点 /  /p107~107
          • 1) 嫌気性菌検査に適した検体の選択 /  /p107~107
          • 2) 依頼伝票に記載したい情報 /  /p107~107
          • 3) 検体採取上の注意 /  /p107~107
          • 4) 輸送容器のラベリング /  /p107~107
          • 5) 検体の検査室への搬送 /  /p107~107
          • 6) 検査の範囲の文書化 /  /p107~107
          • 2. 嫌気性菌検査担当者の注意点 /  /p108~111
          • 1) 検査担当者の教育 /  /p108~108
          • 2) 安全性の確認 /  /p108~108
          • 3) 検体の質の評価 /  /p108~108
          • 4) 検体受領から処理までの時間 /  /p108~108
          • 5) 直接塗抹標本のグラム染色から細菌の推定同定をする際の客観的な基準 /  /p108~108
          • 6) 仮報告の重要性 /  /p108~108
          • 7) 初代分離培地の選択と精度管理 /  /p108~108
          • 8) 嫌気性グローブボックスの使用の場合 /  /p108~108
          • 9) 染色、試薬、試験の精度管理 /  /p108~109
          • 10) 感受性試験法 /  /p109~109
          • 11) 検査能力をチエックするためのサーベイへの参加 /  /p109~109
          • 3. 報告書の内容が臨床で役にたったか /  /p109~111
          • 第XV章 おわりに /  /p112~113
          • 参考文献 /  /p114~115
      • 1998 (4)
      • 1999 (4)
    • 2000~2009 (4)

日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiologyの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3479917/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。