国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

日本不妊学会雑誌

情報
操作方法

目次・巻号

  • 日本不妊学会雑誌
    • 1950~1959 (18)
    • 1960~1969 (47)
    • 1970~1979 (40)
    • 1980~1989 (39)
    • 1990~1999 (40)
      • 1990 (4)
      • 1991 (4)
        • 36(1) [140]
        • 36(2) [134]
          • ハムスタ-テスト(凍結保存卵使用)と各種精液検査との比較検討 / 布施//秀樹/p243~247
          • 思春期男子におけるopioid peptideによるgonadotropin分泌調節作用の検討 / 丸田//浩 ; 熊本//悦明 ; 三熊//直人/p248~252
          • Tリンパ球ロゼット形成抑制物質について-1-Tリンパ球サブセットへの影響およびその分離・精製 / 内島//豊/p253~257
          • ラットにおける実験的精索捻転の対側精巣に及ぼす影響 / 小柳//知彦 ; 斉藤//文志郎 ; 野々村//克也/p258~262
          • 興味ある検査成績を示した副腎皮質アンドロゲン産生腫瘍の1例 / 大枝//忠史/p263~268
          • 先天性偏側精管欠損症の1例--本邦報告例193例についての統計的観察 / 菊地//悦啓/p269~273
          • 先天性陰茎彎曲症 / 角谷//秀典/p274~277
          • Benign sexual headacheの1例 / 風間//泰蔵/p278~280
          • 男性不妊の臨床統計的観察 / 今西//治/p281~289
          • 卵管内人口授精を試みた卵管閉塞モデル家兎における残存卵管の長さと受精成績〔英文〕 / 遠藤//克 ; 金山//喜一 ; 佐久間//勇次/p290~297
          • ヤギ・ヒツジ(ヤギとヒツジの属間雑種,a goat-sheep hybrid)胎子を受胎した母ヤギの血漿中プロジェステロン濃度〔英文〕 / 小杉山//基昭/p298~303
          • 凍結保存精子の受精機能 / 吉田//仁秋/p304~310
          • ウシ頚管粘液による精子運動機能評価値の信頼性 / 宇津木//利雄 ; 五十嵐//正雄 ; 中島//敬和/p311~313
          • 実験的留水症卵管上皮の形態的,機能的研究 / 松島//弘充/p314~324
          • 卵管由来胚発育促進活性の解析 / 野田//洋一/p325~333
          • 家兎排卵過程におけるProgesterone Prostaglandins生合成量の変化--卵巣動静脈同時カニュレ-ションによる直接測定〔英文〕 / 山田//春彦/p334~342
          • ラットの成熟過程での下垂体ゴナドトロピン含量の性差について--特に,ラジオイムノアッセイと免疫染色の相関について / 幡//洋/p343~349
          • ヒト顆粒膜細胞のステロイド分泌に対するプロラクチンの直接作用 / 真木//正博 ; 太田//博孝 ; 福島//峰子/p350~355
          • 軽症子宮内膜症における月経血中CA-125の有用性について〔英文〕 / 永田//裕子 ; 高橋//健太郎 ; 北尾//学/p356~359
          • Growth hormoneの卵巣の分化に及ぼす影響について〔英文〕 / 臼杵//哲/p360~371
          • Bromocriptine療法における投与期間と効果に関する検討 / 辻//泰二/p372~379
          • 排卵障害婦人における血中遊離型Testosterone(T)とInsulinの関連〔英文〕 / 竹内//亨/p380~388
          • 体外受精におけるゴナドトロピン放出ホルモンアゴニスト併用療法の有効性〔英文〕 / 児玉//英也/p389~395
          • 卵管内精子輸送障害に対する腹腔内人工授精の試み / 津田//朋男/p396~402
          • Kaufmann療法の有用性とその限界 / 安江//育代/p403~407
          • Purifield FSH製剤のStep-down dosage投与法により妊娠に成功した多嚢胞卵巣症候群の1例 / 藤沢//知/p408~413
          • 芍薬甘草湯と比較した随証療法による当帰芍薬散,加味逍遥散,桂枝茯苓丸の高prolactin血性卵巣機能不全不妊症に対する作用 / 仮野//隆司/p414~421
          • 五積散のhot Flushに対する効果〔英文〕 / 岡村//隆/p422~426
          • 不妊治療における"1年妊娠率","2年妊娠率"およびそれに関与する因子の検討 / 橋井//康二 ; 高橋//晃 ; 浮田//昌彦/p427~432
          • 当科〔京都大学医学部附属病院産婦人科〕妊孕外来における男性不妊治療の現状 / 後藤//康夫/p433~437
          • 寝床温度による基礎体温の推定 / 三村//美香子/p438~443
          • 新しい妊娠関連蛋白の単純放射免疫拡散による測定法の考案と妊娠時動態 / 中居//光生 ; 馬嶋//恒雄/p444~451
          • 地方部会講演抄録 //p210~225
        • 36(3) [146]
        • 36(4) [228]
      • 1992 (4)
      • 1993 (4)
      • 1994 (4)
      • 1995 (4)
      • 1996 (4)
      • 1997 (4)
      • 1998 (4)
      • 1999 (4)
    • 2000~2009 (4)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。