国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

千葉県衛生研究所研究報告

情報
操作方法

目次・巻号

  • 千葉県衛生研究所研究報告
    • 1970~1979 (3)
    • 1980~1989 (10)
      • 1980 (1)
      • 1981 (1)
      • 1982 (1)
      • 1983 (1)
      • 1984 (1)
      • 1985 (1)
      • 1986 (1)
      • 1987 (1)
        • (11) [44]
          • I 総説 魚の鰓障害の病理 / 福田芳生/p1~12
          • II 報文 千葉県におけるレプトスピラ症の血清疫学的研究 第一報 / 十川知子 ; 海保郁男 ; 酒井利郎 ; 春日邦子 ; 時枝正吉 ; 太田原美作雄 ; 森守/p13~18
          • II 報文 千葉県南部地区住民のつつが虫病に関する血清疫学的研究 / 海保郁男 ; 酒井利郎 ; 春日邦子 ; 十川知子 ; 時枝正吉 ; 市村博 ; 太田原美作雄/p19~22
          • II 報文 Enzyme-linked Immunosorbent AssayおよびIndirect Immunofluorescence Assayによる動物血清中の抗Chlamydiaの抗体価測定 / 宮沢博 ; 芦原義守 ; 海保郁男 ; 時枝正吉 ; 古屋美人/p23~28
          • II 報文 黒部川の水質とトリハロメタン(III)―水田土壌からの有機物の溶出 / 中西成子 ; 日野隆信 ; 吉田豊/p29~35
          • III 短報 IGR剤,BAY,SIR,8514のイエバエ幼虫に対する効果について / 林晃史 ; 藤曲正登 ; 中嶋勝/p36~38
          • III 短報 乳児ボツリヌス症の原因食品に関する調査――ハチミツのボツリヌス菌汚染について / 内村眞佐子 ; 三瓶憲一 ; 小岩井健司 ; 高木謙二 ; 矢崎広久/p39~41
          • III 短報 1986年千葉県におけるエコーウイルス7型による無菌性髄膜炎のウイルス学的調査 / 酒井利郎 ; 春日邦子 ; 海保郁男 ; 十川知子 ; 時枝正吉 ; 市村博 ; 太田原美作雄/p42~44
          • III 短報 マイクロELISA法によるムンプス抗体測定――特に抗体価の表示について / 北山秋雄 ; 春日邦子 ; 十川知子 ; 内村眞佐子 ; 時枝正吉 ; 市村博 ; 太田原美作雄 ; 堀内善信 ; 平山宗宏/p45~48
          • III 短報 房総半島沿岸におけるムラサキイガイを用いた環境化学物質調査 / 吉岡康 ; 保坂久義 ; 加藤嘉久 ; 佐伯政信/p49~52
          • III 短報 活性炭およびポリエチレン多孔質中空糸膜による水道水中の微量成分の除去 / 日野隆信 ; 中西成子/p53~57
          • III 短報 BOD試験における有機物濃度と生物化学反応の関係 / 成富武治 ; 中山和好 ; 吉田豊/p58~61
          • IV 資料 抗酸菌の同定と薬剤感受性成績(II) / 三瓶憲一 ; 矢崎広久/p62~65
          • IV 資料 食鳥処理場における細菌汚染実態調査 / 小岩井健司 ; 三瓶憲一 ; 矢崎広久/p66~69
          • IV 資料 内房沿岸に生息する野生ネズミにおける広東住血線虫 (Angiostrongylus-Cantonensis)の寄生状況 / 工藤幸子 ; 酒井利郎 ; 海保郁男 ; 時枝正吉 ; 太田原美作雄/p70~71
          • V 他誌発表(抄録) //p72~72
          • VI 学会発表(口演,示説等抄録) //p73~77
      • 1988 (1)
      • 1989 (1)
    • 1990~1999 (9)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。