国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

偕行社記事. (774)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 偕行社記事
    • 1880~1889 (28)
    • 1890~1899 (204)
    • 1900~1909 (177)
    • 1910~1919 (27)
    • 1930~1939 (42)
      • 1934 (6)
        • (718) [135]
        • (719) [132]
          • 口繪 日淸役平壤戰 / 金山平三
          • 口繪 熱河朝陽東門附近
          • 國體の本義――(完) / 今泉定助/p1~14
          • 共產主義と國家社會主義との誤謬 / 五來欣造/p15~44
          • 和漢洋統帥餘談――(其四)戰略機動・奇襲と奇計・運用の妙と方式 / 大村有隣/p45~55
          • 列國陸軍主要兵器界の展望(機械化兵器の部)――(承前) / 平野凞/p57~68
          • 戰場に於ける指揮官の態度竝障碍物破壊の據點に就て / 陸軍士官學校/p69~76
          • 夜間週間實施に關する意見 / 騎兵第二十八聯隊/p77~82
          • 資源彙報――(其五)石炭の話 / 陸軍省動員課/p83~96
          • 修史餘談――(其八)全國城郭等の處分 / 藤田淸/p97~102
          • 人生古今集――(其八) / 山中峯太郞/p103~109
          • 近藤重藏北邊探險記――(完)第二囘蝦夷探險 / 綿貫六助/p111~121
          • 寫眞情報 海外軍事の近情(獨逸・伊太利・蘇國)
          • 寫眞情報 日露戰役の軍事寫眞(我が第二軍某步兵聯隊の休止・同前進・露軍馬糧の火災)
          • 寫眞情報 世界大戰の軍事寫眞(自動橇・移動防楯・炊爨車)
          • 時事槪觀 內外時事槪觀(自昭和九年六月中旬至七月上旬)/p123~126
          • 時事槪觀 國內軍事彙報(昭和九年六月)/p126~127
          • 時事槪觀 經濟時事・獨逸の外債モラとマルク切下說 / H主計/p127~130
          • 各地通信 東京通信 國防館案內記 / 編輯生/p135~136
          • 社員の聲 何とかならぬものか / 佐生/p137~137
          • 徵兵保險公營に關する意見 / 新庄健吉/p137~145
          • 地下水は地下で笑つてる / N・O/p145~151
          • 質疑應答 第一問 指揮刀の型式に就て / 編輯同人/p152~152
          • 讀書の栞 『川合淸丸全集』より――大廟諄辭/p153~158
          • 讀書の栞 花押の話 / 編輯生/p159~166
          • 讀書の栞 海外軍事刊行物紹介/p167~171
          • 戰術硏究 白紙戰術(混成旅團長の決心・師團長の決心)/p173~184
          • 文苑 歌壇 / 齋藤瀏/p187~188
          • 文苑 俳諧 / 日比野十世太白堂/p189~190
          • 文苑 川柳と人事 / 市川秋堂/p191~192
          • 軍部內刊行主要定期雜誌目次 / 陸軍技術本部 ; 陸軍工兵學校 ; 陸軍經理學校 ; 陸軍航空本部/p96~96,175~175,181~181,194~194
          • 社報/p193~194
          • 外國語硏究/p1~6
          • 內外涓滴/p185~186
          • 編纂便り/p186~186
          • 雜錄 九月、十月の行事と歷史/p131~134
          • 雜錄 漢詩(謁橘中佐墓) / 津田次郞/p56~56
          • 雜錄 時事漢詩 / 淸水忠長/p194~194
          • 雜錄 武者詞 / 星野常富/p110~110
          • 雜錄 河川の攻勢防禦、土佐の引伏、刀劍の好み / 貝原益軒 ; 星野常富 ; 井澤十郞左衞門長秀/p110~110
          • 雜錄 九月の異稱/p102~102
          • 雜錄 水泳の話 / 京田武男/p172~172
          • 雜錄 世界 戰爭列强資源取得法槪見 / 國防辭典/p122~122
          • 雜錄 刀身の種別に就て / 日本刀の近代的硏究/p56~56
          • 附錄(本誌卷末) 大日本帝國憲法義解――(完)/p31~46
        • (720) [197]
        • (721) [132]
        • (722) [144]
        • (723) [165]
      • 1936 (12)
      • 1937 (7)
      • 1938 (10)
      • 1939 (7)
        • (772) [131]
        • (773) [132]
        • (774) [162]
          • 口繪 大山元帥と乃木大將 / 編纂部
          • 口繪 故鄕の便り / 編纂部
          • 口繪 戰歿將校遺影
          • 卷頭言――第三十四囘陸軍記念日を迎へて/p1~1
          • 陸軍記念日の制定/p2~2
          • 支那事變情報(第三十八報) / 偕行社編纂部/p3~26
          • 支那事變寫眞畫報――日露戰役と支那事變とに於ける陣中風景比較
          • 日露戰役より支那事變へ / 陸軍省情報部/p27~42
          • 大山總司令官凱旋復命辭/p44~44
          • 日露開戰論の囘顧 / 建部遯吾/p45~56
          • 日露戰役參戰將校の當時に於ける職務階級、年齡等 / 陸軍省新聞班/p57~58
          • 日露戰役祕錄・志士吉原四郞海拉爾潛入手記 / 吉原公平/p59~108
          • 海軍將校の偲ぶ乃木將軍 / 中島鐵也/p109~110
          • 恩師大越中佐殿を偲ぶ / 大沼直輔/p111~131
          • 日露戰役中の諸將逸話 / 金子空軒/p133~138
          • 時局問答 / 陸軍省情報部/p139~
          • 有賀博士の國際公法/p176~
          • 赤軍新步兵操典に就て(――附、赤軍步兵戰術の特徴 / 一社員/p177~182
          • ソ聯事情片々 / 黨機關紙プラウダ ; 赤星 ; 共靑機關紙 ; コムソモリスカヤプラウダ紙 ; ゲロイ・ア・セロフ ; プラーグ電/p183~189
          • 故淸水中佐を偲ぶ座談會 / 山口部隊/p191~2002
          • 日本戰爭論――(五) / 多田督知/p203~220
          • 國際情勢の動向を觀る / 仲內憲次/p221~226
          • 我が國の對外ニユーズに就て / 本野盛一/p227~230
          • 皇國士道論――(四) / 森淸人/p231~240
          • 「草むす屍」の矜持 / 一社員/p241~241
          • 「君が代」と「祖國愛」 / 西晋一郞/p242~242
          • 奈翁戰史硏究餘話――(其の三十) / 梅崎延太郞/p243~253
          • 兒玉大將の片影 / 宿利重一/p255~276
          • 時事槪觀 國內軍事/p277~280
          • 時事槪觀 國內時事/p280~289
          • 時事槪觀 國際事情/p289~308
          • 白紙戰術――第六十九囘想定竝に出題/p309~310
          • 社報/p311~312
          • 編纂便り/p313~313
          • 雜錄 寫眞 與亞(表紙裏)
          • 雜錄 寫眞 赫々たる武勳の蔭に整備員の活動(目次扉)
          • 雜錄 寫眞 東亞盟主號 / 阪本牙城/p43~43
          • 雜錄 寫眞 漢詩 / 建部遯吾/p56~56
          • 雜錄 寫眞 日露戰史第九卷の一節 / 參謀本部/p132~132
          • 雜錄 寫眞 漢詩 / 山縣有朋/p137~137
          • 雜錄 寫眞 大廟に戰捷を御奉誥 / 渡邊幾治郞/p138~138
          • 雜錄 寫眞 「感狀」小考其の一 / 越景生/p190~190
          • 雜錄 寫眞 億兆安撫國威宣布の御親翰 / 日本戰爭論/p220~220
          • 雜錄 寫眞 世界各國通信社の特色/p226~226
          • 雜錄 寫眞 自動車記事三月號目次要目/p230~230
          • 雜錄 寫眞 名節至言 / ソクラテス ; 營子 ; 楠公家調 ; 史記/p240~240
          • 雜錄 寫眞 軍事と技術三月號主要記事目次/p254~254
          • 雜錄 寫眞 「感狀」小考其の二 / 越景生/p276~276
        • (775) [135]
        • (776) [127]
        • (777) [125]
        • (778) [138]
    • 1940~1949 (17)
    • 1990~1999 (6)

偕行社記事の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3544566/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。