国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

国文学 : 解釈と鑑賞. 22(4)(251)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 国文学 : 解釈と鑑賞
    • 1930~1939 (43)
    • 1940~1949 (112)
    • 1950~1959 (122)
      • 1950 (12)
      • 1951 (12)
      • 1952 (12)
      • 1953 (12)
      • 1954 (12)
      • 1955 (12)
      • 1956 (12)
      • 1957 (12)
        • 22(1)(248) [107]
        • 22(2)(249) [79]
        • 22(3)(250) [85]
        • 22(4)(251) [112]
          • 特集 江戸文学地理――新・東京文学散歩/p2~156
          • 江戸の構造とその変遷 / 木内信蔵/p2~8
          • 江戸城の周囲――平川門―伏見多門―本丸―大手門―坂下門―馬場先門―和田倉門―八代洲河岸―神田橋―呉服橋―道三河岸―伝馬町―一ッ橋―九段坂―桜田門―三宅坂―半蔵門―日比谷―霞ヶ関―溜池―山王―赤坂―四谷―市ヶ谷―牛込―神楽坂 / 浜田義一郎/p9~14
          • 神田――柴崎村―駿河台―神田川―江戸川―お茶の水―湯島―筋違橋(万世橋)―柳原土手―昌平橋―小川町―水道橋―市兵衛河岸―堀留橋―爼橋―雉子橋―神田橋―護持院ヶ原―鎌倉河岸―神田堀―多町―お玉ヶ池 / 山路閑古/p15~20
          • 日本橋界隈――石町―本銀町―時の鐘―長崎屋―十軒店―室町―駿河町―一石橋―日本橋―江戸橋―八見橋―馬塩町―小伝馬・大伝馬―鉄砲町―木綿店―浮世小路―瀬戸物町―高札場―晒場―海賊橋―茅場町―植木店―鎧の渡し―通町―四日市―式部小路―元大工町―新場―中橋―紺屋町―桶町―炭町―比丘尼橋 / 鈴木重三/p21~28
          • 大川端周辺――荒和布橋―照降町―親父橋―よし町―元吉原―大丸屋―二丁町―通油町―書籍商―馬喰町―浅草見附―柳橋―両国広小路―浜町河岸(公園)―三派―永久橋―箱崎―思案橋 / 山沢英雄/p29~37
          • 八丁堀・京橋・築地――八丁堀―霊巌島―新川―永代橋―鉄砲洲―京橋―銀座―京伝旧舎―尾張町―木挽町―妥女ガ原―桂川邸趾―西本願寺―石川島―佃島―浜御殿―堂鴨場 / 安藤菊二/p37~42
          • 上野とその附近――根岸―御行の松―谷中―乞食坂―感応寺―天王寺―いろは茶屋―笠森稲荷―お仙の茶屋―延命院七面明神社―不忍池―池ノ端―錦袋円―新土手―弁財天―東叡山―上野―寛永寺―桜ヶ岡―秋色桜―瑠璃殿―慈眼堂(角大師・豆大師)―東の伽羅屋 / 母袋未知庵/p43~55
          • 浅草(北部)と吉原――浅草寺―三社様―伝法院―姥ガ池旧蹟―馬道―富士権現―花川戸―言問橋―江戸三座(猿若町)―今戸橋―橋場―山谷―日本堤―西方寺―砂利場跡―正法寺―吉原―鷲神社―大音寺―龍泉寺―源空寺 / 鵜月洋/p55~79
          • 浅草(南部)――浅草見附―柳橋―首尾の松―銀杏八幡―午頭天王社―蔵前閻魔堂―第六天神社―天王橋―御蔵前―御厩渡し―駒形―並木町―吾妻橋―田原町―竜宝寺―三筋町―鳥越神社―三味線堀―下谷稲荷社―山下―仏店―三橋―常楽院―練塀小路―広小路―花久 / 浦山政雄/p80~89
          • 本所・向島――隅田川―稲荷堀―両国橋―本所(七不思議)―津軽屋敷―竪川―垢離場―大川端百本杭―大川端庚申塚―夜鷹―嬉しの森―回向院―上野屋敷―相生町―亀戸天神―緑町―入江町―吉田町―梅屋敷―竜眼寺―常光寺―柳島妙見堂―秋葉神社―百花園―隅田堤 / 田中直樹/p90~97
          • 深川――永代橋―一の鳥居―火の見櫓―深川七場所―富岡八幡宮―歌仙桜―八幡鐘―栄木横丁―三十二間堂―蓬萊橋―土橋―石場―雀の森―網打場―油堀―えんま堂橋―丸太橋―三角屋敷―心行寺―増林寺―浄心寺―一乗院―円珠院―成等院―法禅寺―雲光院―一つ目―羅漢寺―洲崎―木場 / 神保五弥/p98~106
          • 牛込・四谷・新宿――飯田橋―江戸川―音羽町―関口町―山吹の里―高田馬場―早稲田―高田富士―穴八幡―外山―榎町―神楽坂―袋町―藁店―牛込見附―四谷見附―塩町―四谷大木戸―内藤新宿―堀の内 / 岡田甫/p107~118
          • 本郷・小石川――富士神社―駒込―吉祥寺―白山―加賀屋敷―かねやす―赤門―伊豆―倉横丁―真砂町―春日町―後楽園―無量山寿経寺―伝通院―金剛寺坂―根津―団子坂―湯島天神―聖堂 / 興津要/p118~126
          • 豊島・坂橋――山吹の里―鬼子母神―護国寺―雑司ヶ谷墓地―本教寺―池袋―巣鴨―お七地蔵―板橋(宿)―縁切榎―一里塚 / 丸十府/p126~132
          • 王子・千住――飛鳥山―装束榎―保昌の杉―梶宗塚―堂山―六阿弥陀―賊除地蔵―御殿山―甲胄塚―近藤重蔵の石像―王子神社―子規の墓―道権山―三河島―千住―小塚原―ひや―小松川―綾瀬川―国府台 / 宮尾しげを/p132~137
          • 芝・麻布・赤坂――芝口―仙台屋敷―汐留―遠山の金さん―桜川―藪小路―栄閑院―専光寺―天徳寺―愛宕山―芝大神宮―神明前―め組のけんか―神明岡場所―四国町―三角―芝浜―泉岳寺―魚籃観音―正覚寺―承教寺―上行寺―長谷寺―青山―飯倉片町―六本木―南部坂 / 比企蟬人/p138~147
          • 品川界隈――高輪十八丁―高輪大木戸―高輪大仏―東禪寺―八ッ山―御殿山―品川遊里―袖ヶ浦―東海寺―海晏寺―品川大井仙台屋敷―鈴ヶ森―六郷の渡し―古川薬師―矢口の渡し―行人坂―目黒不動―蛸薬師―祐天寺―碑文谷仁王尊 / 大村沙華/p148~156
          • 国語実地指導のねらい 古文――大鏡・花山天皇記 / 増淵恒吉/p158~161
          • 国語実地指導のねらい 現代文――小さきものへ・有島武郎 / 坂本浩/p161~164
          • 解釈と鑑賞 源氏物語注釈――(二十八)薄雲(五) / 佐伯梅友/p166~171
          • 解釈と鑑賞 平家物語註釈――(五)殿上の闇討 / 市古貞次/p172~175
          • 解釈と鑑賞 『奥の細道』の解釈と鑑賞――(五) / 杉浦正一郎/p176~179
          • 解釈と鑑賞 現代文の鑑賞――(その二十七)旅愁(横光利一) / 長谷川泉/p180~185
          • 解釈と鑑賞 『みだれ髪を読む』(与謝野晶子)――(四) / 佐藤春夫/p186~192
          • 鑑賞俳句史――(三) / 加藤楸邨/p193~202
          • 杉浦博士を弔む / 板坂元/p157~157
          • 学界展望 / 三好行雄/p203~205
          • 今月の話題/p165~165,137~137
          • 図書館紹介――上野図書館その三・東洋文庫/p42~42,118~118,156~156,202~202
          • 四月のことば/p1~1
          • 図版 □尽 / 上野図書館/p1~1
          • 図版 九段中坂 / 江戸名所図会/p14~14
          • 図版 不忍池と東叡山 / 江戸名所図会/p53~53
          • 図版 いろは茶屋 / 川柳未摘花詳釋上/p46~46
          • 図版 笠森お仙 / 川柳江戸砂子/p48~48
          • 図版 御行の松/p44~44
          • 図版 延命院七面明神社/p49~49
          • 図版 角大師・豆大師/p54~54
          • 図版 黒門前・三橋 / 江戸名所図会/p89~89
          • 図版 御厩河岸の渡 / 江戸名所図会/p84~84
          • 図版 四谷大木戸 / 江戸名所図会/p112~112
          • 図版 内藤新宿 / 江戸名所図会/p114~114
          • 図版 高田馬場 / 江戸名所図会/p109~109
          • 図版 吉祥寺 / 江戸名所図会/p120~120
          • 図版 お富士様 / 江戸名所図会/p119~119
          • 図版 湯島 / 江戸名所図会/p124~124
          • 図版 鬼子母神 / 江戸名所図会/p127~127
          • 図版 板橋宿 / 江戸名所図会/p130~130
          • 図版 心光院お竹大日如来 / 江戸名所図会/p143~143
          • 図版 神明祭礼 / 江戸名所図会/p141~141
          • 図版 沢庵墓/p150~150
          • 図版 加茂真淵墓/p150~150
          • 図版 頓兵衛地蔵/p153~153
          • 図版 祐天上人墓/p155~155
        • 22(5)(252) [79]
        • 22(6)(253) [104]
        • 22(7)(254) [82]
        • 22(8)(255) [81]
        • 22(9)(256) [86]
        • 22(10)(257) [102]
        • 22(11)(258) [91]
        • 22(12)(259) [80]
      • 1958 (12)
      • 1959 (14)
    • 1960~1969 (143)
    • 1970~1979 (145)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (133)
    • 2000~2009 (12)

国文学 : 解釈と鑑賞の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3550202/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。