国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

法学協会雑誌 = Journal of the Jurisprudence Association. 32(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 法学協会雑誌 = Journal of the Jurisprudence Association
    • 1880~1889 (69)
      • 1884 (10)
      • 1885 (12)
      • 1886 (12)
      • 1887 (11)
        • (35) [38]
          • ベンサム氏肖像
          • 討論筆記之部 强盜ト信シ誤テ良人ヲ銃殺シタル件 / 上條愼藏 ; 西久保弘道/p1~19
          • 論說之部 犯意論――第卅三號續 / 富井政章/p19~24
          • 論義之部 英國組合法――承前 / 井原師義/p24~29
          • 飜譯之部 監獄學提要――第卅三號續 / ベーメ/p30~33
          • 問答之部 判事登用試驗問題答按――承前 / 小河滋次郞/p33~41
          • 本會記事之部 入會/p41~41
          • 雜錄之部 判事登用試驗會員及第/p41~41
          • 雜錄之部 獨乙民法編纂費 / 官報/p41~42
          • 雜錄之部 新刊書批評 / 小河岳洋/p42~44
          • 雜錄之部 横濱法律學校/p44~45
          • 雜錄之部 ベンサム氏傳幷評論 / 宇都宮五郞 ; 穗積陳重 ; 山田喜之助/p45~63
        • (36) [30]
        • (37) [41]
        • (38) [40]
        • (39) [36]
        • (40) [38]
        • (41) [35]
        • (42) [40]
          • 討論筆記之部 燒失賣品代價請求ノ件 / 岡野敬次郞 ; 土方寧/p1~20
          • 論說之部 死者に名譽權ありや / 奧田義人/p20~28
          • 飜譯之部 損害賠償法 / インダルモール ; 工藤仙太郞/p46~50
          • 論說之部 法律淵源論 / 藤代市之輔/p28~46
          • 問答之部 英國裁判所官吏ノ職制俸給 / アトキンス/p50~52
          • 批評之部 江木法學士著刑法汎論批評 / 穗積陳重/p52~64
          • 雜錄之部/p64~69
          • 奧田法學士/p64~64
          • 河上法學士/p64~64
          • 法學士叙任/p64~64
          • 關法學士英國通信 / 關直彥/p65~66
          • 東京專門學校得業式/p66~68
          • 歐米政典集誌/p68~69
        • (43) [40]
        • (44) [45]
          • 論說之部 婦女權利沿革論 / 穗積陳重/p1~10
          • 論說之部 出訴期限規則ノ弊害ヲ論ジ速ニ之ヲ改正センヿヲ望ム / 中橋德五郞/p10~27
          • 論說之部 英佛獨墺比較官吏法――殊ニ登庸法 / 末岡精一/p27~45
          • 講義之部 英國商船法 / 西川鉄次郞/p46~53
          • 飜譯之部 損害賠償法 / インダルモール ; 工藤仙太郞/p53~57
          • 批評之部 奧田法學士著私犯法論綱 / 法齊主人/p57~59
          • 本會紀事之部 入會者姓名/p59~60
          • 雜報之部/p60~79
          • 會員彙報/p60~61
          • 東京法學校卒業式/p61~62
          • 英吉利法律學校卒業式/p62~64
          • 英吉利法律學校沿革紀要/p64~70
          • 三好司法次官の演說 / 三好退藏/p70~72
          • 佛國代言人 / 富井政章/p73~73
          • 大坂英法學校 / 大阪英法學校創立事務所/p73~79
        • (45) [38]
      • 1888 (12)
      • 1889 (12)
    • 1890~1899 (119)
    • 1900~1909 (120)
    • 1910~1919 (120)
    • 1920~1929 (118)
    • 1930~1939 (121)
    • 1940~1949 (86)
    • 1950~1959 (47)
      • 1950 (6)
      • 1951 (5)
      • 1952 (2)
      • 1953 (6)
      • 1954 (5)
      • 1955 (4)
      • 1956 (5)
        • 73(1) [64]
        • 73(2) [64]
          • 法の解釈における制定法の意義――その一 法と法源 / 来栖//三郎/p121~182
          • 最高裁判所判例硏究/p183~242
          • 特別事情による仮処分取消における債権者側の事情と債務者側の事情との関係 / 三ケ月//章/p183~186
          • 行政処分の取消又は変更を求める訴の出訴期間の起算日 / 金子//宏/p186~189
          • 新民法附則第4条により新法の遡及効を認めえない一事例 / 我妻//栄 ; 川井健/p189~196
          • 相手方不在廷の場合における準備書面に記載もなく写の送達もない書証の提出 / 三ケ月//章/p196~198
          • 控訴提起後第一審裁判所に控訴権抛棄書を提出した場合における控訴権抛棄の効力他 / 三ケ月//章/p198~201
          • 行政事件訴訟特例法10条2項の合憲性 / 兼子//一/p201~202
          • 旧労調法第40条の調整と労働者の不利益取扱他 / 石井//照久/p202~208
          • 民訴法387条にいわゆる「判決の手続が法律に違背する」一事例 / 三ケ月//章/p208~210
          • 証書真否確認の訴は書面の成立の真正を争う場合にのみ認められ,書面の内容の真否を争う確認の訴の提起を認めたものではない / 田中//英夫/p210~212
          • 自作農創設特別措置法第47条ノ2にいう「当事者がその処分のあつたことを知つた日」の意義 / 成田//頼明/p212~216
          • 借地人の買取請求権の行使は当然に借地の明渡請求に対する留置権の抗弁となるか / 兼子//一/p216~217
          • 真否確定の訴の目的となりえない書面の一事例 / 三ケ月//章/p217~219
          • 日雇労働者と労働組合法にいわゆる団体交渉行為の範囲 / 石井//照久 ; 花見忠/p219~222
          • 立候補受理に際し,選挙長は,公職選挙法第89条違反の有無について実質的審査義務があるか / 鵜飼//信成/p223~227
          • 自作農創設特別措置法の農地でないとされた一事例 / 金子//宏/p227~231
          • 臨時農地等管理令7条ノ2違反の農地売買契約は無効ではない / 星野//英一/p231~235
          • 損害賠償請求訴訟において損害額につき立証がない場合と裁判所の釈明義務 / 三ケ月//章/p235~238
          • 契約の解除,通常生ずべき損害,鑑定 / 我妻//栄/p238~242
        • 73(3) [75]
        • 73(4) [77]
          • 不動産賃貨借法の歴史と理論-1- / 星野//英一/p387~353
          • 家族世襲財産の消滅過程 / 山田//晟/p454~486
          • 最高裁判所判例硏究/p487~531
          • 公職選挙法第67条後段の趣旨 / 芦部//信喜/p487~490
          • 訴訟物が金銭債権である訴と一定金額の表示の要否 / 三ケ月//章/p490~491
          • 家督相続により家屋所有権を取得した者は右家屋の占有権を承継するか / 西原//道雄/p492~498
          • 副業として農業を営む者の申請に基く宅地建物のいはゆる附帯買収計画の適否 / 水野//豊志/p498~501
          • 錯誤にもとづく行政処分の職権による取消の可否 / 高柳//信一/p501~510
          • 旧労働組合が解散して新組合が結成された際の解雇及び旧組合当時の労働協約の効力他 / 宮島//尚史/p511~521
          • 控訴審において訴の変更を許すことは審級制度に反しない / 田中//英夫/p521~522
          • 所有者が自ら開墾する意思を表明した土地につき未墾地買収計画を立てることの適否 / 星野//英一/p523~526
          • 臨時農地等管理令7条の2違反の農地売買契約の効力 / 星野//英一/p526~529
          • 簡易裁判所を第一審とする民事事件の上告審を高等裁判所と定めることは違憲ではない / 田中//英夫/p529~531
        • 73(5) [72]
      • 1957 (5)
      • 1958 (5)
      • 1959 (4)
    • 1960~1969 (49)
    • 1970~1979 (1)

法学協会雑誌 = Journal of the Jurisprudence Associationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3563841/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。