国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

法学協会雑誌 = Journal of the Jurisprudence Association. 50(3)

情報
操作方法

目次・巻号

  • 法学協会雑誌 = Journal of the Jurisprudence Association
    • 1880~1889 (69)
    • 1890~1899 (119)
    • 1900~1909 (120)
    • 1910~1919 (120)
    • 1920~1929 (118)
    • 1930~1939 (121)
      • 1930 (12)
      • 1931 (12)
      • 1932 (12)
        • 50(1) [108]
        • 50(2) [111]
        • 50(3) [111]
          • 論說 カール・ディール『資本主義の法律的基礎』 / 我妻榮/p1~54
          • 論說 所務沙汰の硏究――(四・完) / 石井良助/p55~115
          • 論說 不法行爲に於ける無形損害の賠償請求權――(二・完) / 戒能通孝/p116~156
          • 資料 商法改正要綱解說――(七・完) / 松本烝治/p157~179
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(一一九) 二三五 破產取消前ニ於ケル財團返還請求權ノ讓渡及ヒ其ノ差押 / 加藤正治/p180~184
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(一一九) 二三六 破產終結後破產者ニ對スル破產債權確定訴訟ノ續行及ヒ破產宜吿後ノ利息ニ關スル和議條件 / 加藤正治/p184~188
          • 雜報 法理硏究會記事「獨逸に於ける强制執行法の改正について」 / 兼子/p189~192
        • 50(4) [112]
        • 50(5) [110]
          • 論說 國際不法行爲としての戰爭 / 橫田喜三郞/p1~39
          • 論說 國際法と國內法との區別及關係――(二) / 美濃部達吉/p40~68
          • 論說 婚姻と妻の國籍――(三・卷) / 實方正雄/p69~110
          • 資料 獨逸民事訴訟法草案槪說――(二) / 兼子一/p111~129
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(一二一) 一三九 借用金受領ト同時ニ抵當權ヲ設定スル行爲ノ否認 / 加藤正治/p130~135
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(一二一) 二四〇 賣買契約ノ一方辨濟ノ提供後ニ於ケル破產法第五十九條第一項ノ適用及執行ニ對スル破產宣吿ノ效力 / 加藤正治/p135~140
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 二四 國稅滯納處分と抵當權者(杉之原舜一)/p141~145
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 七〇 違法の租稅賦課徵收と不當利得の成否(末弘嚴太郞)/p145~147
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 七二 滌除申出不承諾の通知(杉之原舜一)/p147~149
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 八二 耕地整理組合の處分に對して司法裁判所に出訴するの能否(末弘嚴太郞)/p149~152
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 八九 第三者の爲めにする契約の物權的效力發生時期(末弘嚴太郞)/p152~154
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 九一 債權讓渡通知の代位-債權讓受人が譲渡人に代位してなしたる通知の效力(戒能通孝)/p154~156
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一〇〇 自己を受取人とする約束手形の效力(田中耕太郞)/p156~158
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一〇二 定足數に違反する株主總會決議の效力(田中耕太郞)/p158~161
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一〇三 抗辯權の附着したる債權を自働債權として相殺することをえず(福井勇二郞)/p161~162
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一〇九 競賣開始決定に於ける債務者及所有者の表示の更正-更正申立を却下する決定に對して不服申立が許されるか(兼子一)/p163~164
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一一二 受託判事に依る證據調と公開の要否(兼子一)/p165~165
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一一三 代位權-轉貸人は轉借人に對し轉貸借終了に因り轉借物件の返還を請求し得る場合にあつても賃貸人の權利を代位行使することを得る(戒能通孝)/p166~168
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一一四 除斥原因ある判事の關與せる言渡(兼子一)/p169~171
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一一六 終局判決ある債權者が異議排斥の爲め自ら進んで爲す訴訟の受繼(加藤正治)/p171~173
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一二〇 公正證書に依る執行-現金の授受なき消費貸借の公正證書-決算後賣掛金が一定の額に達することを條件とする民法第五八八條の準消費貸借の豫約(加藤正治)/p173~175
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一二一 主たる債務者强制和議に因り債務一部の免除を得たる場合-保證人の責任及び其の求償權(加藤正治)/p176~178
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一二二 抵當權の讓受人に依る競賣手續の續行(兼子一)/p179~180
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一二三 支拂猶豫令第一條は不法行爲に因る損害賠償債務にも適用あり-支拂猶豫令は支拂猶豫期間以前に支拂期に到達せる債務にも適用あり 江川英文)/p180~182
          • 民事法判例硏究錄(昭和五年度)――(一二) 一二四 親權-戶籍-事實上の父-戶籍上の父(穗積重遠)/p182~185
          • 雜報 法理硏究會記事「歐米視察談」 / 戒能/p186~187
        • 50(6) [112]
        • 50(7) [127]
        • 50(8) [123]
        • 50(9) [122]
        • 50(10) [118]
          • 論說 精神的衝動に因る損害の賠償 / 末延三次/p1~36
          • 論說 刑法改正案と共犯の獨立性――(三・完) / 牧野英一/p37~74
          • 論說 ボイコット論序說――(二・完) / 高柳賢三/p75~103
          • 論說 保險の社會性と團體性――(二・完) / 田中耕太郞/p104~145
          • 資料及紹介 上訴の制限――(二・完) / 菊井維大/p146~169
          • 資料及紹介 ケルロイター著「民族的法治國」 / 宮澤俊義/p170~176
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(三六)二四九 破產手續中會社設立無効ノ判決確定セル場合ニ於ケル株式名義書換手續ノ權限 / 加藤正治/p177~184
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(三六)二五〇 支拂停止後ニ於ケル不動產賣買行爲ノ否認 / 加藤正治/p184~188
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)三五 養子-離緣後の再度の緣組は離緣前の相續法上の地位を回復せぬ / 穗積重遠/p189~194
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)四〇 家督相續-分家を廢して本家に復籍した者の相續順位-戶主の同意を得ざる婚姻のために離籍された者の子の地位 / 穗積重遠/p194~197
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)五五 抵當權と賃借權-抵當權者は民六〇二條の期間を越ゆる賃借權の登記を抹消せしめ得るか / 戒能通孝/p197~199
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)六〇 抵當權と賃貸借-民三九五條但書の「損害ヲ及ホストキ」とは何時を標準とするか-賃貸借成立の時か抵當權實行の時か / 戒能通孝/p199~200
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)八七 附屬的商行爲-商人たる保證人の求償權の性質 / 小町谷操三/p200~202
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)八八 訴訟に於ける支配人の地位-支配人は當事者たる適格を有せず / 田中耕太郞/p202~204
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄(昭和六年度)――(三)一〇〇 株金拂込に關する相殺の禁止-自己に對する株金拂込請求權の轉付は可能なりや / 田中耕太郞/p205~207
        • 50(11) [123]
        • 50(12) [123]
      • 1933 (13)
      • 1934 (12)
        • 52(1) [105]
        • 52(2) [108]
        • 52(3) [112]
        • 52(4) [111]
          • 論說 ナチスの民法理論 / 我妻榮/p1~46
          • 論說 パツペンハイム博士と其海法 / 松波仁一郞/p47~77
          • 論說 溫泉地域の鑛業を論ず / 鹽田環/p78~101
          • 資料 グルーレ氏刑事學硏究法に付いて / 高橋正己/p102~125
          • 資料 「法學提要希臘語義解」第二卷邦譯 / 原田慶吉/p126~134
          • 紹介 瀧川幸辰著、刑法史の或る斷層面 / 小野淸一郞/p135~139
          • 紹介 加藤正治著、破產法要論・齋藤常三郞著、日本破產法・山田正三著、破產法 / 菊井維大/p139~144
          • 紹介 伊澤孝平著、新小切手法註解 / 鈴木竹雄/p144~146
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄――昭和七年度(一二)昭和八年度(二) / 田中耕太郞 ; 石井照久 ; 兼子一 ; 川島武宜 ; 吾妻光俊 ; 有泉亨 ; 戒能通孝 ; 鈴木竹雄 ; 我妻榮 ; 福井勇二郞 ; 菊井維大 ; 山田晟/p147~196
          • 雜報 法理硏究會記事――ナチス法律學 / 山田/p197~199
        • 52(5) [117]
          • 論說 自由刑に於ける累進制度 / 正木亮/p1~33
          • 論說 ナチスの民法理論 / 我妻榮/p34~99
          • 資料 新法令解說 / 我妻榮 ; 宮澤俊義 ; 鈴木竹雄 ; 田中二郞 ; 兼子一/p100~135
          • 資料 第六十五囘帝國議會審議法案一覽表/p136~142
          • 紹介 田岡良一著、國際法學大綱上卷 / 橫田喜三郞/p143~153
          • 紹介 立敎授還曆祝賀國際法論文集、立敎授還曆祝賀外交史論文集 / 橫田喜三郞/p153~156
          • 紹介 中野登美雄著、統帥權の獨立 / 宮澤俊義/p156~159
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(一四一) / 加藤正治/p160~165
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄――昭和七年度(一三) / 鈴木竹雄 ; 菊井維大 ; 戒能通孝 ; 末延三次 ; 兼子一 ; 田中耕太郞/p167~192
          • 雜報 法理硏究會記事――ルーズヴェルト大統領の諸政策の思想的背景 / 有泉/p193~199
          • 雜報 法學協會定期總會記事 / 有泉/p199~199
        • 52(6) [108]
        • 52(7) [119]
        • 52(8) [110]
        • 52(9) [111]
        • 52(10) [116]
        • 52(11) [115]
        • 52(12) [111]
          • 論說 國際裁判の準則 / 橫田喜三郞/p1~44
          • 論說 「信義誠實の原則」の發展的意義 / 野津務/p45~71
          • 論說 株式の債權性と其價格の維持 / 松田二郞/p72~114
          • 資料 ナチス刑法學の一體系 / 小野淸一郞/p115~124
          • 紹介 近時民法學界の收穫 / 我妻榮/p125~132
          • 紹介 中島弘道著、日本民事訴訟法 / 兼子一/p132~135
          • 判例硏究 民事訴訟法判例批評――(一四八) / 加藤正治/p136~142
          • 判例硏究 民事法判例硏究錄――昭和七年度(二〇)完 / 末弘嚴太郞 ; 福井勇二郞 ; 菊井維大 ; 兼子一 ; 內田力藏 ; 吾妻光俊 ; 石井照久 ; 末延三次/p143~183
          • 雜報 法理硏究會記事――佛國不法行爲法の中心問題 / 福井/p184~190
          • 法學協會雜誌第五十二卷下總目錄
      • 1935 (12)
      • 1936 (12)
      • 1937 (12)
      • 1938 (12)
      • 1939 (12)
    • 1940~1949 (86)
    • 1950~1959 (47)
    • 1960~1969 (49)
    • 1970~1979 (1)

法学協会雑誌 = Journal of the Jurisprudence Associationの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3564055/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。