国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

新々英語教授法 : 英語教材の見方と教え方

情報
操作方法

目次・巻号

  • 新々英語教授法 : 英語教材の見方と教え方 [170]
    • 目次
    • はしがき
    • I 新教授法への歩み/1
    • 1 わが国英語教授法略史/1
    • 2 英語新教授法へ/5
    • II パーマーとフリーズの方法/8
    • 1 パーマー(Dr. Palmer)/8
    • (1) パーマー略伝/8
    • (2) パーマーの言語教育観/9
    • (3) オーラル・メソッドの手法/13
    • 2 フリーズ(Dr. Fries)/19
    • (1) フリーズ略歴/19
    • (2) フリーズの言語教育観/21
    • (3) パタン・プラクティスの手法/26
    • 3 両者の方法の比較/32
    • III 新旧英語教授法の反省/35
    • IV 生徒中心主義と英語科の特質/42
    • V 新しい学習指導の実践とその問題/46
    • 1 目標・対象による変化/46
    • 2 新教授法と場面の問題/51
    • 3 意味の了解と国語使用の限界/55
    • VI 教材の研究とその扱い方/59
    • 1 教材の種別による取扱差別の要/59
    • 2 教科書の組織と教材の種類/66
    • (1) 何を教えるか全体の見通し/66
    • (2) 教科書の特色/69
    • (A) 内容から見た英語教科書の特色/69
    • (B) 学年別に見た英語教科書の特色/70
    • (C) 教科書の普及とその質について/72
    • (3) 内容から見た教材の種類わけ/73
    • (4) 題材から見た教材の種類/76
    • (5) 語彙から見た英語教科書/80
    • (6) 文章形式から見た英語教科書/81
    • (7) 韻文の教材/86
    • (A) 教科書にあらわれた韻文/86
    • (B) 韻文教材の種類/88
    • (C) 韻文教材のグレイド/89
    • (D) 英詩教材と作者/91
    • (E) 作品例とそのグレイド/92
    • (8) 会話と教材/100
    • (A) 狭義における会話の教材/101
    • (B) 広義における会話の教材/102
    • (C) 会話教材の特色/103
    • (9) 文法作文の教材/106
    • (A) 文法の教材/107
    • (B) 作文の教材/110
    • (10) 良教材選定の基準/111
    • VII 教案/113
    • 1 教案の立て方要領/113
    • 2 教案例一般/117
    • VIII 教え方/132
    • 1 入門期の学習指導/132
    • (1) 入門第一時の扱い方/132
    • (2) 入門第一時と実態調査実例/134
    • (3) 入門授業と「開け胡麻」/142
    • (4) ABCの教え方/144
    • (5) 活字体から筆記体への移り方/148
    • (6) 音標文字の取扱い/149
    • 2 学習指導法一般/155
    • (1) 暗誦の取扱い/155
    • (2) ディクテイションの方法/158
    • (3) 口問口答の方法/161
    • (A) 口問口答の種類/162
    • (B) 質問の作り方要領/164
    • (C) 教授上の諸注意/167
    • (4) リーダーの読み方指導/169
    • (5) 解釈と例文の提示について/172
    • (6) 整理と宿題について/178
    • (7) 学習効果の判定について/179
    • (A) 問題の出題形式/182
    • (B) 問題作成について/185
    • (C) 考査問題実例/186
    • (8) 視聴覚教具の利用について/189
    • (A) Audio-Visual Aidsの将来性/189
    • (B) 視聴覚教具の種類/190
    • (C) 視聴覚教具を生かす道/191
    • (D) 視聴覚教具の利用とその長短/194
    • IX 特別学習指導について/196
    • 1 特別学習指導とその種類/196
    • 2 できない生徒の場合/197
    • 3 できる生徒の場合/207
    • X 教生の体験記録/213
    • XI 戦後の世界における語学教育の動向/229
    • 1 セイロンにおけるユネスコ・セミナー(1953)/229
    • 2 豪州におけるユネスコ・セミナー(1957)/247
    • 3 アメリカの外国語教育と世論/257
    • 4 南の国々学校のぞ記/261
    • 5 世界各国外国語教育の状況およびその一覽/276
    • 6 むすび/282
    • 付録
    • 1 英語教育年表/286
    • 2 英語教育実態調査/289
    • 3 中学校学習指導要領(1958改訂版)/293
    • 4 英語教育参考書目/308
    • 索引/315

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9543482/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。